FC2ブログ

ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

呑処巡礼 五十八番 ~川崎 八丁畷 焼肉ジンギスカン つるや

DSC07030.jpg

川崎は八丁畷の「焼肉 つるや」。

某テレビドラマの舞台となった店で、長らく訪ねたいと渇望していた店である。主人公がカウンターで黙々と肉を焼いては食らい付き、体内でエネルギー燃焼する様子を自ら「人間火力発電所」 と表現した所謂神回として語り継がれている。この日のために朝は食べずに昼も冷やしそばを食したのみ。万全の態勢で乗り込んだ。

18:30の開店だが人気店なので行列覚悟で18時に到着。5名、3名、1名、3名と4組の先客がいて店の脇の椅子に順番に座って待っていた。椅子は全部で20脚程度あり、週末なんかはかなりの行列ができるに違いない。私は5組目の客として並んだわけだが、開店前の人数確認の際に店員氏から「提供まで時間をいただきますがよいですか?」と尋ねられた。確かに事前の下調べでは注文の都度肉の味付けなんかの仕込みをしているらしく、一回転目でまとめて発注しなければ以降の注文は提供がかなり遅れるとの情報があったのだ。先頭から5組目なのにそのコメントを貰うことになるとは予想外だったが、店側の肉に対する力の入れようが伝わってくるようで入店前から期待値も羽上がった。

通されたのは個別ロースターが鎮座するカウンターの角席。カウンターには五台のロースターが並び、一台につき1~2人が座れるようになっている。ただ私の両隣は何れも一人焼肉の男性客で、それ故に隣との間隔も広くて快適そのもの。他にはテーブル席や座敷席もあるが、仕込みの様子を観察できるカウンターが特等席だといえる。後で気づいたことだが、私が座った席は某テレビドラマで主人公が座った席そのものだった。いいじゃないか、ええじゃないか、びーじゃないか、しーじゃないか。

入店順に店員氏が注文伺いにやってきて、然程待たずに私の順番が回ってきた。一回転目でまとめて注文が待たされないための鍵であることから、私も事前にメニューを吟味して予め発注品を決めておいた。肉は牛タン、ハラミ、ギャラ、ホルモン、シビレの五品、それに自家製キムチに小盛りキャベツにご飯の並を発注した。初めて訪ねる店での悩みの種は、品々の分量が分からないことだ。一応店員氏に訪ねながら注文したのだが、一人分として果たして適量なのか見当もつかない。かといって少なすぎれば後の注文となり提供が滞ってしまう。そんなジレンマと不安を抱きながら肉がお出ましになるのを待ち構えるのだ。




DSC07034.jpg

まずはゆずサワーとキムチがすぐに提供されてそれをつまみながら待つ。このキムチが早速驚くほどに美味く期待がさらに跳ね上がる。そのうち店員氏がガスに点火してくれ、程なくして私の肉が運ばれてきた。ハラミと牛タンは別個に、ホルモン3種はまとめて銀の平皿で供されてきた。白飯は見た目には小さいがこれでもかという凝縮ぶりで敷き詰められている。キャベツも同様にぎゅっと凝縮されていながら山盛りになっている。目の前に全てが並べられた時は幾分多いかなという位にしか思わず、完食望むところと意気込んでいざ焼きに取りかかった。

ロースターに肉を乗せると激しく音をたてて肉が焼け、脂が滴り落ち煙があがる。目の前の肉と対峙して食べ時を見極めながら待つ時間は一人焼き肉の至福の時間だ。流石に老舗の焼肉屋だけあってどれもこれも抜群に美味い。白飯とキャベツと思い思いの場所にバウンドさせながら焼かれた肉を次から次へと食べていく。これぞドラマの主人公が「人間火力発電所」と表現した光景である。店内を見渡すと会社仲間の男女が、夫婦らしき男女が、ガテン系の五人の男衆が、そして私の両隣では一人客が皆一心不乱に肉に食らいついている。これほどまでに幸せな時間があるだろうか。

ご飯とキャベツの量が想像以上に多く、食べても食べてもなくならない。休憩を挟みつつ死力を尽くしたが、最後は幾分残る形になってしまった。しかしこの店は持ち帰りが可能で、焼くだけ焼いてパックに詰めて持ち帰り翌日の朝食とした。京浜工業地帯の御膝元である川崎の地で、長く40年以上にわたり営業を続け川崎市民や工場労働者の胃袋を満たしてきた歴史が、店全体に沁み付いているようだった。


<2019.9.6>

・ゆずサワー
・カルピスサワー
・自家製キムチ
・キャベツ小盛
・ご飯(並)
・タン塩
・ハラミ
・ギャラ
・ホルモン
・シビレ

焼肉ジンギスカン つるや
神奈川県川崎市川崎区日進町19‐7(京急線八丁畷駅より徒歩5分)
18:30~21:30
火曜日、不定休
関連記事
スポンサーサイト



| 日常の話題 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/2739-03e44769

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT