FC2ブログ

ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

呑処巡礼 三十四番 ~黒崎 たか美

北九州の黒崎で飲むという初めての機会を得ました。黒崎という街に降り立ったのは今回が初めてなのですが、黒崎駅を要として扇状に道路が伸びるという独特の形状をしており、グーグルマップで俯瞰するとその様子がよく分かります。その扇状に伸びる道沿いに繁華街が形成されており、小倉には及ばないもののほどよい規模と賑わいがあり雰囲気は非常に良いです。




DSC05674.jpg

今回は友人と同行ということで予め店を予約してきました。当初考えていた「魚虎」は二週間前の予約の段階でふられました。美味しい魚介を振る舞う店だと聞いていたのですがかなりの人気店なのでしょう。それに代わって予約したのが今回お邪魔した「たか美」です。




DSC05675.jpg

外観は上品で高級感があり、暖簾横にはその日のお勧めが書かれています。店内はカウンターが10数席に個室の座敷が数室。カウンターも隣席との間隔もゆったりしていて落ち着けますし、暖色系の照明も良い雰囲気を醸し出しています。部類としては和食割烹で、和え物・煮物・揚げ物・焼き物といずれも品書豊富で、魚介に野菜に肉にと素材も目移りするほどです。各品書の単価はかなり幅広く、気軽に頼める一品料理がある一方で雲丹に馬刺しに和牛の希少部位ステーキにのどぐろの煮付けなど高額な品書きも散見され、予算に応じた注文が可能です。さらに例えば刺身などは「〇種盛り△切れずつ」というように自分好みで選ぶことができたり苦手な食材を外してくれるといった柔軟な対応も可能なようです。

厨房には若い店員さんが多く皆てきぱきと動いており、要領の良し悪しは別にしても美味しい料理を客に届けようとする直向な仕事ぶりが伝わってきて好感が持てます。土曜夜の混雑する時間帯でもあり、物によっては注文から到着までかなり時間を要したものがあったり、仕事に精いっぱいでお客側への声掛けやふれあいが少ないといったやや残念なところもありましたが、これはおそらく時間帯が悪かっただけでしょう。磨けば光る若い原石が日々研鑚している将来的に期待の持てる店という印象を受けました。

「たか美」以外にも黒崎には興味深い店があり、この街は再訪する必要がありそうです。


・景虎 超辛口本醸造(新潟)
・ゆずみつハイ
・かぼすハイ
・筍の煮物、蕗のお浸し、とうもろこしの冷製スープ(お通し)
・熊本産馬刺
・関門たこ刺
・きす天婦羅
・スイートコーンかき揚げ
・黒毛和牛A4ステーキ
・白飯
・だし巻き玉子
・辛子明太子(炙り)



<2018.8.18>

たか美
福岡県北九州市八幡西区黒崎2-8-17(黒崎駅徒歩5分)
093-641-2345
17:30~23:00
月曜定休
関連記事
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/2429-254e6aaa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT