FC2ブログ

ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旧大野木場小学校

DSC05203.jpg

平成時代が間もなく終焉を迎える我が国ですが、平成初期に発生した大規模自然災害が雲仙普賢岳の大火砕流でした。小浜温泉から国道57号で雲仙岳をひと越えし、現在地は島原湾側の深江。火砕流が下った水無川沿いにあり大きな被害を受けた町です。

その象徴ともいえる旧大野木場小学校を訪ねます。過去にも訪ねたことがある物件ですが、火砕流による熱風に襲われ焼失した校舎が今も当時の姿のまま災害遺構として保存されており、火砕流の恐怖と防災の必要性を今に伝えています。水無川沿いには広大な砂防堰堤が築かれ、島原湾に向かいなだらかに下る丘陵地には石積の畑地が広がっていますがかつては住宅地だったと思われる原野化した空き地も目立ち、災害から30年近くが経過した今でもあまり人の気配を感じず、人を寄せ付けない恐ろしさがあるような気がしてなりません。
関連記事
スポンサーサイト

| 18年7月/長崎 | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/2400-cf000368

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT