FC2ブログ

ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

関門海峡

DSC05105.jpg

DSC05106.jpg

おはようございます。昨晩は長府のネットカフェで一夜を明かし、早朝より活動を開始しました。北九州方面と下関市街地方面へ分岐するビッグボーイが目印の印内交差点を直進し、関門トンネル人道入口の駐車場に車を止め、現在地は関門橋直下のみもすそ川公園です。関門海峡を背後にして平知盛と源義経が対峙する壇之浦合戦の婢がたちますが、その説明書きには関門海峡の潮の流れは一日四度変わるとあり、潮の変わり目で優勢だった平氏が劣勢に転じ、平氏側の二位の尼とわずか八歳の安徳天皇が入水して平氏は滅亡したとあります。碑の傍らには、

今ぞ知る みもすそ川の 御なかれ
波の下にも みやこありとは

という二位の尼の辞世の句が刻まれています。




DSC05121.jpg

関門海峡は歴史の舞台であると同時に交通の一大要衝地でもあります。早朝から関門橋上は大型トラックが、洋上は貨物船やタンカーが多数行き交っている訳ですが、先程英国船籍の超大型クルーズ船ダイヤモンドプリンセスが北へ向かって関門橋下すれすれを通過していきました。それまで目の前を行き交っていた貨物船とは桁違いの大きさで度肝を抜かれました。

関門海峡は日本全国何処を探しても見られない唯一無二の独特の風情があり、活動初日の早朝から劇的な場面に遭遇したことでさらに旅情が掻き立てられました。
関連記事
スポンサーサイト

| 18年7月/長崎 | 06:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/2392-1580a955

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT