FC2ブログ

ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

津和野温泉

DSC05101.jpg

津和野で国道9号線を一旦離れ、津和野盆地の山里にある道の駅「なごみの里」併設の津和野温泉にて一日の汗を流します。利用料は600円と若干高いのですが、受付で割引券の有無を聞かれ、JAF割適用施設であることがわかりました。しかし、JAFデジタル会員証を搭載している肝心のスマホを車内に置いてきてしまい、どうせ50円程度の割引だろうと勝手に思い込み、それならいいやと普通に600円払ったのです。しかしよくよく聞いてみると110円引きの490円になることが分かり、しかしすでに後の祭りです。面倒くさいと思う心がこのような行動になった原因なのですが、せっかくJAFの会費も払っているわけですから、小さな割引を積み重ねて不要な支出を減らしてきたいものです。

津和野温泉には何度か来ていますが、源泉の温度が低いことに加え温度がぬるめなのが特徴です。薬剤入りの循環湯ですが、熱いこの時期はぬるめのお湯がちょうどよく、いつもより長めに風呂につかり全身をいつも以上に丁寧に洗って仕事の疲れを癒しました。平日ということもあり浴場内のお客は2~3人がせいぜいで、ほぼ貸し切り状態でゆっくりさせてもらいました。

現在は車の最後部扉を開けて一息ついているところで、長く伸びて切らなければと思っていた爪を切っているところです。津和野の里山は夕焼けで赤く染まかけており、蝉や蜩の鳴き声が響き渡っています。道の駅の目の前の救急ヘリポートでは地元の消防団員が消火活動訓練を行っており、まるでロボットのようにきびきびと行動する隊員の訓練風景を見ながらの爪切りです。ここ津和野も5年ほど前に大雨で川が氾濫し、道の駅のある名賀地区を中心に大きな被害を受けました。それだけに、地元消防団の防災意識は一段と強いのではないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

| 18年7月/長崎 | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/2390-e7c296e4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT