ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海風亭の海鮮丼

以前から訪ねたいと思っていた、魚津駅前の日本料理屋「海風亭」にて昼飯をいただきます。

数多くの特急列車がひっきりなしに発着していた主要駅の姿は既に消え去り、地方鉄道の一駅にすぎなくなってしまった魚津。駅前のホテルや飲食店はどれだけ打撃なのだろうかと思います。

「海風亭」も魚津駅の目の前にあります。白えび・げんげ・バイ貝・ホタルイカといった富山湾の味覚はもちろん、米に麺に卵にジビエに至るまで、とにかく地元の食材に拘った店です。昼は「サービスランチ」として990円の海鮮丼を供することでも知られていますが、今日GW期間中ということで休止でした。

かつては旅館として100年、日本料理屋として25年の歳月を魚津の地で刻み、現在で五代目なのだそうです。丁寧な解説と写真が目を引くお品書きの一頁には、料理人として自然豊かな魚津の食材に拘り、魚津の産業と伝統ある店を守りたいという、五代目店主の熱い想いが綴られています。

こちらでは、海鮮丼と白えびのかき揚げをいただきました。食事後は同じく駅前の大崎酒店にて滑川の地酒「千代鶴」を仕入れ、さらに魚津駅の湧き水で喉を潤しました。何という贅沢でしょうか…。

午前中に訪れた海の駅蜃気楼、そして海風亭に大崎酒店を、魚津必訪三点セットに認定したいと思います。他にも湧き水に地鉄の駅舎群といった見所もあり、足繁く通いたくなる大好きな街のひとつです。
関連記事
スポンサーサイト

| 17年GW/信州・北陸 | 13:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1904-d814ee65

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT