ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

300円で新幹線乗車

新幹線といえば、高速で都市間移動できる交通手段として御馴染であり、それだけに費用も高額である。

そんな高嶺の花ともいえる新幹線に、わずか300円で乗車できる区間がある。

博多~博多南間の博多南線である。


博多駅で営業運転を終えた新幹線が車両基地へ回送される際に使用される回送線であった博多南線だが、車両基地周辺の住民から、「回送ついでに乗せてくれ」という要望があがったことから車両基地構内に博多南駅が設置されたという経緯がある。因みに、営業運転開始は1990年4月1日。


DSC07729.jpg

DSC07731.jpg

スタートは博多南駅から。もともと駅周辺はのどかな住宅街だったようなのだが、高層マンションやショッピングセンターに飲食店などが立ち並び、福岡の一大ベッドタウンの様相を呈している。

博多南駅の正面入り口。後述するが、本数自体はそれほど多くないため、発着時間帯以外の駅前は思いのほか静かで閑散としていた。



DSC07735.jpg

きっぷ売り場と改札口。JR西社員による直営駅である。



DSC07737.jpg

DSC07736.jpg

当然だが、運賃表や券売機の画面は九州域内の利用を想定した案内となっている。



DSC07748.jpg

時刻表を見ると、日中は1時間に1本程度だが、ラッシュ時間帯はそこそこの本数が走っている。博多南駅のホームは最高で8両編成までしか停車できないため、すべての列車が「こだま号」で、行先は博多~新大阪までいろいろ。



DSC07744.jpg

DSC07747.jpg

改札をくぐると目の前には新幹線の車両基地!鉄道ファンや地元の子どもたちにはたまらない光景だろう。




DSC07739.jpg

博多~博多南間の運賃は乗車券が200円+特急券100円=300円

わずか9分程度の乗車時間ではあるうえ、最高時速が120km/hに抑えられているため新幹線の爆走威力発揮とまではいかなかったが、それでもスピード感と快適性は十分に味わうことができた。

本来であれば大量の乗客を積んだすし詰め状態の列車で通勤せねばならないところ、座席も確保できわずかな所要時間で博多に着くのだから、地元住民にとってはありがたい存在なのだろう。



DSC07751.jpg

往路は新大阪行の700系レールスター。


DSC07758.jpg

DSC07769.jpg

復路は500系のTYPE EVAだった。私は全くエヴァンゲリオン通ではないので何が魅力なのかはよく分からないのだが、希少な500系に乗車できたのは幸運だった。
関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1833-26bc2ba1

TRACKBACK

| PAGE-SELECT | NEXT