ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

相手を信じない運転

通勤や休日の活動等で日々自動車に乗ることが多いが、事故に巻き込まれないための防衛運転として、「相手を信じない運転」を日々実践している。最近の高齢者による事故や、ながら運転・ながら歩きの問題が表面化するずっと前からそれを実践してきた。

以前、東京で郵便配達の仕事をしていた時、止まるべき所で止まらず急に飛び出してくる人や自転車や車に何度も危険な目にあわされてきた。自分の命と仕事を守るための最も有効な策は、起こりうるすべての危険を予測して慎重すぎるくらい慎重に運転し、人間は自己中心的で予測不能な動きをする生き物であると割り切り、そんな相手を信じない運転に撤することだという考えに至った。

そしてそれは故郷に戻った今も変わらない。交通量が多く車がひしめく都会が運転マナーが悪くて、みんなのんびりしている田舎は親切で運転マナーが良いなどという比較が大嫌いで、都会であろうが田舎であろうが運転マナーの悪い人は悪い。細道から大きい道に出る際に一旦停止しない、交差点の信号の変わり目や間隔が短い中での無理な右折、コンビニ駐車場をショートカット、夜間の無灯火車、執拗に車間を詰める後続車…。それらは稀な光景ではなく、日常的に誰しもが出くわす光景だろう。このような事故につながる運転をする人だらけの道路社会を私は絶対に信じないし、反面教師にしている。

昨日、私の地元で痛ましい事故が起きた。児童の登校の列に飲酒運転の車が突っ込み、見守り活動ボランティアをしていた男性が亡くなった。男性自身も過去に交通事故で娘さんを亡くしており、さぞかし無念な気持ちだっただろうと思いを馳せる。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170131/k10010858901000.html
関連記事
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1832-349b0ec7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT