ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宿泊帳簿56.鳥栖 サンホテル鳥栖

鳥栖という街に以前から興味を持っていた。

鳥栖は九州域内の陸上交通における東西南北の結節点である。隣の基山町と並んで交通の要衝地として機能しており、独特の風情がある。特に鳥栖ジャンクションと複数の国道が立体的かつ複雑に絡み合う姿は垂涎ものである。鳥栖郵郵便局の風景印にも、鳥栖ジャンクションの上空写真が描かれている。

鳥栖の人口規模は73,000人程と決して大都市という訳ではないのだが、地の利を生かして多くの企業の物流拠点になっているし、大規模アウトレットやJリーグ・Vプレミアリーグのクラブチームがあったりして、軒並み大都市レベルの様相である。




DSC07837.jpg

今回利用したのは鳥栖駅前の「サンホテル鳥栖」。

年末年始にかけて7泊ほど世話になった。




DSC07838.jpg

DSC07908.jpg

場所は鳥栖駅目の前の好立地。鉄道網においても鳥栖は要衝地となっていて、長崎本線と鹿児島本線に分岐する。多数の引き込み線と長大なホームを要する鳥栖駅だが、築110年の鳥栖駅舎が未だ現役で使用され続けている点は特筆すべきことである。駅東側にはベストアメニティスタジアム、西側は駅前再開発による新しい建物と従前の建物が混在していて、どこの駅周辺とも似つかない独特の雰囲気がある。駅と共に歩んできた駅周辺が、再開発の波を何とか食い止めているような抵抗の痕が見て取れる。

肝心のホテルだが、まず福岡の中心部からわずか30分という鳥栖駅の目の前という立地でありながら、駐車場が無料というのは素晴らしい。宿泊料金も朝食付きで1泊5,000円程度と手頃なので、福岡周辺でホテルが見つからないときの格好の穴場である。



DSC07835.jpg

DSC07876.jpg

客室はエアウィーヴのベッドが完備されていて、肌触りのいいふかふかベッドでの快眠が可能。利用した客室からは鳥栖駅を眼下に眺めることができ、眺望の観点からも高評価。




DSC07877.jpg

バイキング形式の朝食は、ほぼ毎日同じメニューだったが、パートのおばちゃんたちが毎日温かく迎えてくれるのが有り難かった。サラダや焼魚の種類は日によって違い、正月にはおせち料理も供された。一度だけカレーが供されたことがあって非常に美味だったのだが、結局この一度しか味わうことができなかったのが残念。






<2016.12.27~2017.1.3宿泊>
(1泊朝食付 楽天トラベル利用)


■ サンホテル鳥栖
住所:佐賀県鳥栖市京町781-1(JR鳥栖駅より1分)
電話:0942-87-3939
特記事項:交通至便
関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1829-a28db386

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT