ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

湯処巡礼 四十七番 ~ 福岡・遠賀 遠賀川温泉

温泉雑誌『まっとうな温泉』に掲載されている物件で、以前から気になっていたのだが、今回漸く利用する機会を得た。

九州での活動からの帰り道。高速を使わずひたすら下道を通って帰るという道中で立ち寄った。結局、夜遅くなってしまい自宅にはたどり着けず、山口の道の駅「仁保の郷」にて車中泊した翌日の帰宅となった。



DSC07773.jpg

DSC07775.jpg

国道3号線を折れて、遠賀川の堤防道路をしばらく走ったところに遠賀川温泉はある。周囲は田園地帯で、突如として温泉が現れる。

建物や周辺看板、入り口の暖簾等を見ると、遠賀川温泉の療養効果をかなりプッシュされていて、よほど効能が期待できるらしい。

券売機で入浴券を買って番台のおばちゃんに手渡すと「兄ちゃんはどこから来たん?」と尋ねられた。おそらく遠方からはるばるやって来る客も多いのだろう。そしてそのたびに同じ質問をしているに違いない。九州で遊んだ帰りで、これから島根まで帰る話をすると、それはよくおいでになったと歓迎された。そして番台にも『まっとうな温泉』の雑誌が置いてあって、それを見て来たのだと話すとたいそう喜ばれた。

源泉は無色透明らしいが、空気に触れて赤褐色の温泉となっている。浸かると鉄分臭がプンプンと漂い、身体に良さげな温泉成分が豊富に含まれているのだと実感させられる。浴槽の片隅に設置されている装置から定期的に温泉が注がれる仕組みになっている。ボコボコと音を立てて急に作動し、新鮮な温泉を注いでくれるのだが、かなり大きな音がするのと、周辺はかなり高温になるので注意が必要だ。

内湯と露天風呂があり、外の涼しい風に吹かれて浸かる温泉は格別。温熱・保温効果もあってか、入浴後は身体の芯からポカポカ担になった。入浴料は700円と少々高めだが、泉質の良さは間違いない。遠賀川沿いの田園地帯が広がる平野に突如として出現する立地も素晴らしい。

良い温泉をありがとう。






<2016.12.17入湯>


■ 遠賀川温泉
所在地:福岡県遠賀郡遠賀町浅木61-1
連絡先:093-293-6869
入浴料:大人・・700円
営業時間:不明(毎週火曜・第4月曜定休)


関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1827-24a7231f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT