ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宿泊帳簿51.川崎 ホテルメッツ川崎

DSC07678.jpg

今回は岩国空港からの東京出張。岩国空港は米軍との軍民共用空港で、2012年に供用開始された新しい空港である。私も今回の出張で初めて利用したのだが、既存の米軍基地に空港施設を後付けした感が目に見えて分かり、ちょっと他の空港とは異なる珍しい構造をしている。




DSC07680.jpg

「ホテルメッツグループ」は言わずと知れたJR東日本系列のホテルで、当たり前だがほとんどのホテルは駅に直結している。「ホテルメッツ川崎」も然りで、JR川崎駅西口から徒歩1分の場所にあり大変便利だ。羽田空港から京急線を利用する場合は京急川崎駅からJR川崎駅方面に向けて歩き、コンコースを横断しなければならないが、苦になる距離ではない。

メッツグループのホテルを利用するのは今回が初めてなのだが、どちらかというと高級感のある上質なホテルという認識をもっていた。それだけに、フロントでの対応が思いのほかドライで機械的だったのは残念だった。




DSC07681.jpg

DSC07682.jpg

客室はゆったりとしていて高級感があり、特にベッドのふかふかさと布団の肌触りの良さが強く印象に残っている。駅のホーム、線路のすぐそばにホテルが建っていて、部屋によっては鉄道趣味人垂涎のトレインビューとなるが、今回は反対側の駅前ロータリー側の部屋だった。しかも、窓を開けるとちょうど目の前がペストリアンデッキになっていて、人の往来が頻繁にあって部屋の中が容易に覗ける位置関係にあるために、カーテンを全開にするのはほぼ不可能だった。



DSC07684.jpg

朝食はホテル1Fにある「つばめグリル」か、隣接するパン屋「LOAF」の700円分利用券かを選ぶことができる。朝食を食べる時間がないとか、あまりお腹が空いていないときなど、持ち帰りが可能なパンを選択できることは助かる。

今回は「つばめグリル」を利用した。和食・洋食のどちらかのプレートを選び、ご飯・パン・サラダ・ドリンクはセルフサービスになっている。洋食はウィンナーメインのプレートだが量が少なく物足りなかった。





<2016.11.2宿泊>
(1泊朝食付 楽天トラベルANAパック利用)


ホテルメッツ川崎
住所: 神奈川県川崎市幸区堀川町72-2(JR川崎駅より徒歩1分)
電話:044-540-1100
特記事項:JR川崎駅隣接
関連記事
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1813-0cd8c8e8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT