ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

呑処巡礼 五番 ~大阪・京橋 大衆酒場 京屋本店

7月の初旬。今年1月以来約半年ぶりに大阪への出張があった。

7月4日(月)の用務のため、自己都合前泊にして土曜からの大阪入りを目論んでいて、首尾よく実行に移した。





DSC07201.jpg

DSC07202.jpg

DSC07198.jpg

益田から山口線の特急で新山口駅。ここから通常は「のぞみ」か「さくら」に乗車するのだが、時間が有り余っている身分でありこんな機会はめったにないので、新山口から新大阪まで「こだま」を乘り通すことにした。

11:58発の「こだま」740号新大阪行。(※画像は途中の三原駅にて)

やってきたのは8両編成の「レールスター」。もちろん車内はガラガラなのだが、敢えて指定席を取った。当然隣に人がこないどころか、1車両に数人といったレベルである。リクライニングも自由気まま、車両の最後部だったのでコンセントも遠慮なく使わせてもららいながら、気ままな移動の始まりである。

「こだま」は車内販売がないので、新山口駅のセブンイレブンでミックスグリル弁当とサラダを買い込み早速車内で昼食。ふたを開けて豪快にいざ食べようとしたところにきれいな女性車掌さんが通りがかり、一瞬目が合って微笑み返しをされて何だか恥ずかしかった…。

「こだま」なのでもちろん各駅停車なわけで、東広島・新倉敷・相生など普段ほとんど通過してしまう新幹線駅にも丁寧に停車してくれるのは貴重である。ほとんどの駅で速達列車の通過待ちがあるので、そのたびにホームに出て撮影をしたり外の景色を眺めたりと、のんびりとした時間が流れていく。

しかし、そんな時間が長く続くと人間飽きるもので、だんだんと「まだ着かないのか…」という心情も湧き出してくる。特に広島では14分、岡山にいたっては24分もの停車時間があるのでいよいよ退屈になってくる。それでも景色を眺めたり音楽を聞いたり、昼寝をしたり通路を挟んだ向かいの席に座ってきた綺麗なお姉さんを眺めたりしながら時間が過ぎていった。




DSC07209.jpg

そんなこんなで16:14に新大阪到着。4時間15分にもおよぶ長旅であった。






DSC07272.jpg

さて、用務が終わって宿泊先の京橋に向かい、そのまま京橋駅周辺に飲みに出た。JR京橋駅の東口には安くて渋い大衆酒場が密集していて、好きな人には垂涎ものだと思う。アーケードのかかった細い通りの商店街に、飲み屋・キャバクラ・パチンコ屋などが密集し、換気扇の排気のような熱のある空気が充満するさまはまさしく大阪。

入店したのは当初から目をつけていた「大衆酒場 京屋本店」。






DSC07269.jpg

厨房周りのカウンターもテーブル席もかなり広いが、会社帰りの多くのサラリーマンで賑わっていた。カウンターもテーブルもほぼ満席だったが、運よく先客との入れ替わりで首尾よくテーブル席を確保することができた。




DSC07268.jpg

DSC07270.jpg

壁には品書きがずらりと並ぶが、黒板に白文字の品書きなどはほとんど解読することができないほどになっている。酒も肴も驚くほどに安く、もはや何を頼んだか忘れるくらいいろいろと注文してしまった(上司と行ったのでほとんど奢ってもらった!!)。焼酎はペットボトルの水がそのまま置かれて自分で割って飲んでくれという方式。肴はいろいろ頼んだが、刺身はどうも食べる気になれなかったので注文していない。その代りどて焼きや串焼や天ぷらなどのこってり系の肴を大量発注した。特に美味しかったのは鶏皮餃子と蛸の天ぷら。蛸の天ぷらは美味しかったので2回注文したのだが、2度目の注文の時に趣向を変えてから揚げにしようとすると、「兄ちゃん、天ぷらの方がええんんじゃないかい??」というホールのおばちゃんの提言。から揚げか天ぷらかというとどうも天ぷらが好まれるようだ。やや衣の多い天ぷらと、一般的な天つゆのようなサラサラ感がなく、生ぬるくドッテリとした天つゆは好みのわかれるところだが、たこ焼きの本場だけあって中身の蛸は絶品だった。天ぷらなどは調理に時間がかかりそうなものだが、発注してから供されるまでの時間もあっという間で、しかも揚げたての天ぷらが出されるので誠に恐れ入った。

まったく愛想のないホール担当のおっさん・おばさん、鬼の形相でもくもくと料理を作る厨房担当、そして黙々と酒を飲み肴をつつく客。大阪弁が飛び交う店内には熱気がたちこめ、東京の大衆酒場とはことなる一種独特の雰囲気がある。

この大阪独特の熱気というのは苦手な人にとっては慣れるまでは大変かもしれないが、慣れてしまえば案外いけるかもしれない。かくいう私も大阪はどちらかというと苦手な地域だが、酒と肴を楽しんで店を出るころにはすっかり大阪の熱気に染まっていた。







<2016.7.4訪問>

・焼酎(麦)
・どて焼き
・玉子焼き
・ホルモン串焼、ハラミ串焼
・青ししとう
・蛸の天ぷら
・ハモの天ぷら
・エビの天ぷら
・鶏皮餃子



大衆酒場 京屋本店
大阪府大阪市都島区東野田町3丁目4-15(JR・京阪・地下鉄京橋駅東口すぐ)
06-6351-8030
12:00~23:00
関連記事
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1793-98570edf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT