ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宿泊帳簿37.新橋 三井ガーデンホテル銀座プレミア

DSC07136.jpg

新橋駅は汐留口から4分。ちょうど銀座の入口すぐ手前という場所にあるホテル。最近流行りの不動産系のスタイリッシュなビジネスホテルである。




DSC07131.jpg

1Fのエントランスからフロントのある16Fへと上がると、全面ガラス張りの正面の窓から東京のオフィスビル群が出迎えてくれる。フロントで応対してくれる従業員にも気品と風格が漂い、いかにも大都会のビジネスホテルという印象である。このホテルのロビーの一角で約束した方と面会。東京タワーやお台場の風景を見ながら仕事をするというのは大変気持ちの良いもので、用務自体も大変円満に滞りなく終えることができた。






DSC07129.jpg

客室は黒とオフホワイトを基調とした落ち着いた雰囲気。モデレート(シングル)で予約したのだが、ホテル側の都合で19Fのモデレートツインルームがあてがわれたのは嬉しい誤算である。客室への出入りはカード式のオートロック。トイレと風呂がガラスで仕切られたピカピカのバスルーム、ふかふかの絨毯にソファ、サータ製のベッド、40型テレビ、ライトやエアコンを一括制御できるタッチパネルなど、まさに至れり尽くせりの極上空間である。

最近各ビジネスホテルに増えつつある設備で、特に便利だと感じるのはバスルームの天蓋シャワーである。片手で持つタイプではなく頭上の壁にくっついているタイプのシャワーで、シャワーを動かすのではなく身体を動かして洗えるので両手が空いて便利なのである。シャワー口自体も大きく水量も豊富で水圧も十分。



DSC07143.jpg

部屋からも美しい東京の風景が広がる。残念ながら東京タワーは見えなかったが、築地市場や聖路加タワー、レインボーブリッジや浜離宮庭園などを眼下に眺めることができる。通常客室の窓というと、壁際に机があってその上からガラス窓というケースが多いのだが、此処は足元まできっちりガラス窓になっている。そのため、ベッドに横になって東京の夜景を眺めるなんてことも可能で、私も部屋の電気をすべて消し、カーテンを全開にしてしばしの間東京の夜景を存分に楽しんだ。




DSC07147.jpg

DSC07146.jpg

翌朝の朝食も、色とりどりの野菜が使われた洋食中心の健康的な内容だった。相も変わらず従業員の応対や清々しい挨拶が大変心地よく、忙しなく動き出す東京の街を見ながら朝の落ち着いたひと時を過ごした。

これまで様々なビジネスホテルを利用してきたが、客室・朝食・もてなし等を総合すると間違いなくトップクラスの評価に値するビジネスホテルである。なかなか普段気軽に利用できるような価格ではないが、かといってずば抜けて高額かというとそうでもなく、少し奮発すれば贅沢な時間を楽しむことができる。







<2016.5.26宿泊>
(1泊朝食付  ANA+ホテルパック 楽天トラベル利用)


三井ガーデンホテル銀座プレミア
住所:東京都中央区銀座8-13-1(各線新橋駅より徒歩4分)
電話:03-3543-1131
特記事項:眺望良好、美味しい朝食、都会的で高級感漂う都市型ホテル
関連記事
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1789-ab4e4e68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT