ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

湯処巡礼 四十三番 ~ 長野 白骨温泉 泡の湯 

国道158号線から県道84号 乗鞍エコーラインに分岐。その道からさらに上高地乗鞍スーパー林道に分岐して山奥へ進み、初訪となる白骨温泉 泡の湯旅館にて風呂に入ることにした。






DSC06661.jpg

DSC06669.jpg


白骨温泉へと向かう道端にはところどころ残雪。道中の展望台では眼下に白骨温泉の温泉街を捉え、山並みの向こうには残雪の乗鞍岳と霞沢岳という眺めも秀逸。





DSC06657.jpg

31256812.jpg
(HPより抜粋)

連休なので覚悟はしていたが、10:30の開放前から既に待ち客が20名ほどおり、かなり混雑していた。とはいえ、そこは名物の大露天風呂の腕の見せどころとでも言うべきか、一度に100名は余裕で浸かれるんじやないかという程の広さなので、ゆったり浸かることができた。まぁそれでもとにかく人が多く、時間がたつにつれてますます人が増えてきた。

良くも悪くも白骨温泉の名を全国に知らしめた、青みがかった白濁の湯は38℃と若干ぬるめですが、長時間浸かっているとじわりと身体が温もってくる。お湯はしっかり硫黄の臭いがして、熱めの湯と温めの湯がある内湯では、湯の花がさく。大露天風呂と内湯どちらも楽しめるが、お勧めは内湯。

大露天風呂の一角に植えられているソメイヨシノは、おおかた一分咲き。白骨の地に本格的な春が訪れるのは暫く先のようである。







<2016.4.30入湯>


白骨温泉 泡の湯旅館
所在地:長野県松本市安曇4181
連絡先:0263-93-2101
入浴料:大人(中学生以上) 820円  3歳~小学生まで 510円
営業時間:10:30~14:00
定休日:HP内営業カレンダーに掲載
関連記事
スポンサーサイト

| 16年GW/信州 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1784-d1ea162f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT