ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

湯処巡礼 三十九番 ~大分・中津市山国 なかま温泉

DSC06229.jpg

DSC06228.jpg


日田と中津を結ぶ国道212号線の沿線にあり、すぐ隣は道の駅「やまくに」である。行政区分上は中津市だが、どちらかというと日田の方が近い。中津の中心市街地は周防灘に面した沿岸部だが、旧山国町はそこから内陸部へと入った耶馬渓よりもさらに奥の山間部である。


「なかま温泉」はの名は、所在地名"中摩"に由来する。建物は7年ほど前にリニューアルされたものだそうで、昼過ぎというやや中途半端な時間に訪れたにも関わらず、客足が絶えない。長らく地元で愛されている温泉なのだろう。





DSC06226.jpg

9294e701.jpg
(※HPより抜粋)

受付でおばちゃんに300円を支払って浴室へと向かう。無色透明だが、口に含むとやや渋みがある。源泉は38.5℃で加温されているものの、かけ流しの新鮮な温泉が常時注がれている。特質すべきはそのツルツルヌルヌル加減で、石鹸が落ちていないのかと錯覚するほどに肌がスベスベになる。床もとにかくよく滑るので、子どもやお年寄りは特に注意が必要だろう。






DSC06227.jpg

湯あがりには、休憩スペースにて冷たい鉱泉のサービスが有り難い。

この日は、色気ムンムンの大根が玄関で客を迎えてくれていた。





<2016.3.19入湯>


なかま温泉
所在地:大分県中津市山国町中摩3485-1
連絡先:0979-62-2655
入浴料:大人300円 小学生100円 (11:00~21:00)
定休日:年中無休


関連記事
スポンサーサイト

| 九州スタンプラリー | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1779-ba0d42e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT