ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本気の雪合戦

この週末、職場でチームを組んで『雪合戦』の大会に出場してきました。




DSC_0044.jpg

場所は邑南町の旭テングストンスキー場。広大な駐車場の一角に会場が特設されます。出場チームはおよお50~60チームほどで、職場や大学サークル、地域やお友達同士など何でもOKです。ジュニア・レディース・フレンドリー・チャンピオンといったカテゴリーがあり、我々はフレンドリーの部に参加しました(因みに、チャンピオンは完全本気の戦闘試合らしい…)。











DSC_0043.jpg

DSC_0040.jpg

雪合戦といっても単なる雪のぶつけ合いではなく、正規のルールに則って行うれっきとした競技であります。ルールは非常に複雑で細かく、記事にして説明するのが難しいので詳細は省きますが、それでも初めて参加した私でも一度やってみるとすぐにルールを理解できました。ざっくり述べると、相手の陣地内にある旗を奪取できれば無条件で勝ち。それが駄目なら、雪玉を相手にぶつければアウトなのですが、最終的にコート内に残った人数で勝敗をつけます。

「フレンドリー」部門で参加したはずが、いざやってみると自分たちも相手も結構本気モードで、とっても白熱した試合になりました。私も最初はあまり乗り気ではなかったのですが、実際にやってみるとこれが結構面白くて夢中になってしまいました。試合の後は相手チームと結構仲良くなったりもして、チームの連帯や団結力を味わうにはもってこいのスポーツだと思います。

唯一大変なのは、雪玉づくりでしょうか…。1試合で90個の雪玉が必要なのですが、これをチームで手作りしなければなりません。たこ焼き器みたいな型枠があるので丸形にするのは楽なのですが、それをひとつひとつ手に取って固める作業が非常に面倒ではあります。しかしここでも試合の終わったチームから残りをもらえたり、別のチームが手伝ってくれたりして、さすが「フレンドリー」部門ともいうべき光景もあり、互いに親睦を深めることができます。
関連記事
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1708-7f681d70

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT