ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

九州・沖縄スタンプラリー2015 ~ 熊本編 思い出の風景(2)

■ ニュー入船のちゃんぽん

kyuusyuu20150266.jpg


kyuusyuu20150268.jpg


kyuusyuu20150267.jpg


天草五橋のうち、最も三角側にある第一橋からすぐの場所にあるのが「ニュー入船」です。

国道沿いの古き良きドライブインのようなところで、その風情が秀逸です。一応分類としては、ファミレスになるかと思います。天草という土地柄、チャンポンの品書きが非常に豊富で、どれにしようか迷ってしまいますが、通常のチャンポン定食を発注しました。


醤油豚骨の比較的あっさり目のチャンポンで、野菜や豚肉といった具材に負けず劣らず、極太のストレート麺もかなりのボリューム。さらにご飯と餃子がセットでついてくるわけですが、ご飯は一応おにぎりか白飯かを選ぶことが出来まして、ただ店員氏の「おにぎりで良いですよね?」という半強制的な尋ね方からしても、天草ではチャンポンと一緒におにぎりを食べるのが定番なのかもしれません。確かに豚骨スープとおにぎりというのはよく合います。巻かれている海苔が味の引き立て役になっているのかもしれません。皮がヤワヤワの餃子や萎びた海苔が巻かれ申し訳程度の具が入れられたおにぎりからは、クオリティの低さを感じずにはいられませんでしたが、それもまたドライブインらしくて良い。









■道の駅「うき」のサンマの姿寿司

kyuusyuu20150269.jpg


kyuusyuu20150271.jpg



松橋インター近くにある道の駅「うき」は、野菜や総菜類の品揃えが非常に豊富で、店内は非常に活気があります。

開店直後に訪れたのですが、入口に整列した店員が元気に挨拶をして客を迎え入れ、一人一人に買い物かごを手渡している様子はとても好感がもてました。

そこで購入したサンマの姿寿司が実に美味でした。炙りのサンマは香ばしくて脂がのっています。鯖や秋刀魚といった青魚は確かに足が早いけれど、うまい具合に加工することで美味しさが保たれる魚でもあり、秋刀魚のとれない九州で秋刀魚を食べていることに妙に感動しました。200円という価格も良心的で、気づいたら2つ目を購入していました。








■ 不知火の極早生みかん

kyuusyuu20150270.jpg


この時期の九州は、温州みかんの極早生種が旬の時期を迎え、何処の道の駅に行っても大概は温州みかんが売られています。15玉前後入った1袋が200~300円程度で売られていて安値で購入できます。おまけに、試食できるところが多いので、試食しまくって地域や農園による味の違いを楽しむのも乙です。私はどちらかというと甘味よりも酸味の強い青みがかった小玉の温州みかんが好きなので、購入前に食べ比べが出来るのは有り難いです。

このみかんも道の駅「うき」で購入したのですが、みかんひとつとってみても、その品揃えはずば抜けていて、出荷されている農園の数は20はくだらないと思います。


関連記事
スポンサーサイト

| 九州スタンプラリー | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1691-18d99ea7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT