ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

九州・沖縄スタンプラリー2015 ~ 鹿児島・熊本編(その1)

10月10日~10月12日の3連休で決行した、九州・沖縄スタンプラリー2015~鹿児島・熊本編の旅先での名場面を紹介したいと思います。

今回は各地の温泉に浸かる機会が多くあったのですが、温泉紹介は"湯処巡礼"シリーズに譲るとして、それ以外の食や風景等を中心にご紹介します。






hokkaido20150195.jpg

まずは、活動初日に宿泊したいちき串木野から。

串木野駅前にある『ゆのまえ食堂』。駅前食堂ではあるものの、どことなくお洒落というか、町のファミリーレストランといった雰囲気が漂います。この日の宿泊ホテル至近の場所だったので、夕食をいただきに訪問しました。






hokkaido20150182.jpg


串木野は、まぐろラーメンやポンカレーといったご当地グルメがあるのですが、

そのひとつでもある『三大カツ定食』を発注しました。

三大カツとは、黒豚・赤鶏・まぐろトロで、ひとつひとつは決して大きくないですが、鹿児島の食材を選り取りで楽しむことができます。醤油だれ・ポン酢だれ・タルタルソースと3種のたれがついてくるのもうれしい限りです。

しかし、一番おいしかったのは、まぐろのブツでしょうか。串木野はまぐろの水揚げ港として有名な港で、しかも訪問した10月10日は「まぐろの日」らしく、通常だと付かないまぐろのブツがサービスでついてきたのです。カルパッチョ風のイタリアっぽいハーブのきいたソースで味付けされていて、とても美味しく印象に残っています。










hokkaido20150187.jpg

続いて、2日目午前中に訪れた薩摩川内市樋脇町の道の駅 『樋脇』。

樋脇町には市比野温泉という温泉地があるのですが、この温泉は飲用が可能で、道の駅内にも無料の温泉スタンドがあります。

実は、道の駅を訪れる前に地元の共同浴場に浸かっていて、その時からうすうす感じてはいたのですが、お湯を口に含むととても美味しいんです。まるでミネラルウォーターに浸かっているような不思議な感覚でした。



hokkaido20150186.jpg

これは本格的に飲んでみようと思い、空いたペットボトルに温泉を汲み、直売所で氷をいただいてキンキンに冷やして飲んでみたのですが、これがもうホント・・・絶叫するくらいに旨い水で、感動で泣きそうになりました。そこらへんのミネラルウォーターなど比べ物にならず、一生この水を飲んで生きたいと思う程、驚くべき旨さの水でした。飲用のできる温泉は各地にありますが、私が訪れたものの中では、だんとつの一位ですね。ミネラルウォーターというくくりで見ても、日本で一番うまい水なんじゃないかと思うくらいに上傑入りするのは確実です。

いまだにその味を忘れることができない、至極の名水です。







hokkaido20150188.jpg


hokkaido20150184.jpg


hokkaido20150193.jpg


hokkaido20150194.jpg

同じく、道の駅『樋脇』から。

こちらの名物に「鮭おにぎり」と「コロッケ」があるのですが、これがまた旨いのなんの・・・。

海苔で巻かれたおにぎりは、ほぐした鮭が大量にINされているだけでなく、地元樋脇町の"新原味噌醤油工場"の豚味噌ふりかけが旨すぎて、このおにぎりとコロッケとの相性が抜群なんです。






hokkaido20150183.jpg

ここでは、ちょっと嬉しい出来事がありました。

売店で買い物をした客を対象にくじ引きがあるのですが、まさかの一等当選!!!

売店で使える1,000円分の商品券をゲットしました。



hokkaido20150185.jpg

今後いつ来れるかわからないので、今のうちに使ってしまおうと思って店をうろうろするのですが、こういうときに限って何を買ってよいのやら分からず、妙に迷ってしまいます。結局、さつま揚げやプリン、お茶葉に先ほど食した豚味噌ふりかけを購入しました。

このように、道の駅『樋脇』は市比野温泉の無料の足湯に無料の温泉スタンド、鮭おにぎりやコロッケといった名物が充実していて、非常に見どころの多い道の駅です。町内には公衆浴場もあるので、湯めぐりをしながらゆっくりと滞在できると思います。

関連記事
スポンサーサイト

| 九州スタンプラリー | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1678-67aee17f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT