ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仮積載&テスト走行を実施

DSC03185.jpg


前回の記事にて紹介した荷物一式をバイクに積載し、実際にテスト走行をしてみました。



特に心配だったのがフロントキャリアです。これまではテント一式とマットを積載していたのですが、これに焚火台が加わりました。このフロントキャリアは『「旅」フロントキャリア』といって純正品よりも一回り大きいもので、推奨重量は約5kgです。ただ5kgを超えるとキャリアが折れるとか外れるとかではない訳で、実際フロントキャリアはかなり頑丈に取り付けられています。要するにそれを超えるとハンドル操作に支障が出る目安値ということです。

ちなみに、実際に重量を測ってみると焚火台は2.7kg、テント一式は5.1kgありました。合計7.8kgの積載となるわけですが、実際に積載して運転してみるとそれほど問題には感じませんでした。私は元郵便局員ですので、これよりも遥かに重い荷物をフロントキャリアに積載して毎日配達していましたので、それに比べればまったく楽勝といったところです。





もうひとつ驚いたのは、前々回紹介したラフ&ロードの「チタンウォームインナージャケット」の防寒性の凄まじさです。肌着の上にチタンインナージャケット、その上に3シーズン用のラフパーカー、手にはウィンターグローブを装着して走ったのですが、もう暖かいを通り越して暑い位でした。朝方の20℃の気温で15分程度走った訳ですが、おそらく道内では晴れた日中ではチタンインナージャケットがなくても楽勝で、朝夕や山間部・道東などの気温の低い地域では、チタンインナージャケットを羽織って丁度よいくらいだと思います。今日は普通の肌着でしたが、道中は肌着としてヒートテックを着用しますので、防寒対策については万全ではないかと思われます。



特にほかに問題点も見当たらなかったので、この積載方式で出発しようと思っています。リアBOXにはかなり余裕がありますので、地図やノートやタブレットなどを詰めて必要なときはすぐに取り出せる状態にしておき、食材等を調達すれば空きスペースに詰めていくようにするつもりです。
関連記事
スポンサーサイト

| 15年SW/北海道ツーリング | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1562-a9e4b8d6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT