ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

北海道ツーに向けて防寒装備を新調

8月の後半から現在にかけて、残暑を感じることもないままにみるみるうちに涼しくなり、すっかり秋の雰囲気になってきました。本州でこれほど涼しいのなら、北海道はさぞかし寒いのだろうという想像をせずにはいられません。

2009年の日本一周で北海道を走ったとき、8月下旬の釧路で早速秋の装いに身を飾った学生の通学風景や、標茶のキャンプ場の朝に涼しさに驚いたものです。2013年に北海道ツーリングに行ったときは、雨空の鶴居村の道路温度計は16℃を指していました。


これらの経験則から、冬を想定した装備は必須で、それが晩秋の北海道キャンプを快適にしてくれると信じております。






DSC03164.jpg

■ラフ&ロード 「プロテクションツアラーウィンターグローブ」(RR8627) \3,564-

まずはグローブ。これまで使っていた3シーズン用のものがだいぶ古くなってきたこともあり、ラフ&ロードのオンラインショップでアウトレット品として購入しました。通常のバイク運転時にはブラック地にライム色のデザインのラフパーカーを着用しているのですが、グローブも同じ色で統一感が持てて良い感じです。






DSC03163.jpg

■ラフ&ロード 「デュアルテックスレインスーツ」(RR7805・プラチナシルバー)\10,194-

現在使っているのは普通の「カッパ」で、だいぶくたびれてきていて結構簡単に水が浸透してくるので、雨具は新調必須でした。本品はとにかく品薄で何処の店にも在庫がなく、ラフ&ロードの直営オンラインショップでも求めていた色とサイズは品切れ(しかも「次の入荷は来春」という絶望的な宣告まで・・・)の状態でした。それでもダメ元で一応電話で在庫を確認してみると、まさかまさかの在庫有り!諦めずに電話で確かめてみるものです。本品はレインスーツとしての役割だけでなく、防寒用のジャケットとしても使える優れもので、今後大活躍してくれそうです。







DSC03181.jpg

■ラフ&ロード「チタンウォームインナージャケット」(RR7970)\8,721
■ユニクロ ヒートテック「クルーネック9分袖/タートルネック」 4着で\5,000くらい
 

インナー系の防寒対策として、まずはラフ&ロードのチタンウォームインナージャケット。ラフ&ロードのインナーウェアラインナップの中でも特に防寒性の高い部類に入り、実際に試着してみましたがすぐに暑いと感じる位に防寒性が高いです。ラフ&ロードにはオールシーズンシステムといってすべての季節に対応できるようにインナーとアウターをボタンなどで留めて一体化できる仕組みがあります。例えば、3シーズン用のラフパーカーにチタンインナーを取り付けることで冬仕様の装備になり、雨の日にはデュアルテックスレインスーツとチタンインナーを組み合わせて冬仕様の装備にするといったことが出来るわけで大変便利です。

肌着としてユニクロのヒートテックを購入しました。私はヒートテックというやつを今回初めて購入しまして、まだ実際に試着してないのでどれほど暖かいのか分からないのですが、こちらも大いに活躍してくれそうです。


私はラフ&ロードのバイク用品が大好きで、大抵のものは当該メーカーで揃えるようにしています。アパレル関係だとタイチやコミネあたりが有名どころですが、それらに比べてラフ&ロードは「バイクバイクしていない」とでも言えば良いでしょうか。他メーカーよりも街乗り的・長距離ツー的というか、カジュアルでカッコいい印象があるのです。直営店が横浜と川崎にしかないので、今回もすべてオンラインショップで購入しましたが、重宝しそうな装備をそろえることが出来て満足しています。


これだけ揃えれば、防寒対策は問題ないと思われますが、果たしてどうなるでしょうか。。
関連記事
スポンサーサイト

| 15年SW/北海道ツーリング | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1561-c5573d6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT