ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シルバーウィークは北海道ツーリングで(ほぼ)確定

初期段階では7月下旬に計画していたが仕事の関係で伸びに伸び、いよいよ9月に突入してしまったが、9月後半のシルバーウィークで北海道ツーリングを敢行することでほぼ確定した。よっぽどのことがない限りは、どうにか実行に移せそうである。シルバーウィークと夏期休暇を重ねることで以前の計画よりも現地滞在時間が長くなり、結果的には良かった。







e98b6c3eb420e0e9367062579bd5595dc.png

前回の記事で紹介した日程からは若干の修正があり、28日~30日の後ろ3日間を16日~18日に持ってきた。28日に研修があることをすっかり失念していて、しかも自ら自主的に申し込んだ研修なので断る訳にもいかないのだ。


行程は全12日間。往路復路の移動でそれぞれ2日かかるので、道内には8日間の滞在となる。最も懸念しているのは自宅から舞鶴までのおよそ450kmの自走道程だ。小樽行きのフェリーは17日の未明0:30に出航するのだが、16日の23:00までにチェックインせねばならないので、舞鶴港到着を22:00に設定している。仮に前々日の15日の22:00に自宅を出発して休みなしにひたすら走れば、450km÷24h=18.75km/hペースで進めば良いことになる。ほとんどが国道9号線の一本道なので沿道には大きな都市も少なく、信号も交通量も少ないので特に夜間などはスムーズに進むと思うのだが、それでもやはり仮眠なしの24時間走行は体力的に厳しい。出発時刻が早ければ早いほど時間的余裕が出来るので、当日までに出発準備を万全に整え、当日は仕事が終わればすぐにバイクに跨って旅立てるような状態にして、出来れば19時頃には出発したい。


道内での活動構想だが、①道北+道東、②道北+道央、③道東+道央の3パターンで考えている。2013年の北海道ツーでは稚内を目指す気まんまんで苫小牧港に降り立ったが、一晩考えた挙句、結局当日になって当初予定を覆して③道東+道央のルートになった。その時も決断を左右したのは天気だった。今回も幾つかのルートを考えておき、天気予報を見ながら雨の降っていないところを選びながら活動することになりそうだ。
関連記事
スポンサーサイト

| 15年SW/北海道ツーリング | 21:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1558-44a1508d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT