ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宿泊帳簿28.宮崎 ビジネスホテル林荘

2015miyazakikagosima1461.jpg

「林荘」という名前だけ聞くと、小さな家族経営の旅館か民宿を想像しそうだが、やはり「ビジネスホテル林荘」というだけあって、れっきとしたビジネスホテルである。





2015miyazakikagosima1458.jpg

場所は宮崎の中心地。県庁や市役所にも程近い、いわゆる「ニシタチ」と呼ばれる宮崎の歓楽街の一角にある。宮崎市街地のホテル相場は非常に安価で、安く泊ろうとすれば3500円位の物件がけっこうある。林荘も楽天で予約した素泊まりで3400円だった。宮崎というところは本州の者からしてみれば九州内でも特に距離を感じる「遠い県」で、私も今回東九州道を延々と南下して宮崎入りしたのだが、特に大分市から先の宮崎まで至る区間はとにかく長かった。それだけ遠い県だけに、宮崎市内には宿泊施設が多数あるのだが、高速道路を始めとして交通環境が改善され、例えば福岡から宮崎に出張するにしてもこれまでは1泊しなければならなかったのが日帰り出張が可能になる。そうなるとホテル客室は供給過剰になり価格破壊が起こる。宮崎はおそらくその典型なのだと思う。






そうなると、各ホテルはただ安いだけでは駄目で、いかに付加価値をつけてお客に選んでもらうかを模索するわけだが、林荘の場合はあらゆるサービスを詰め込む「コミコミ価格」であることに尽きる。





2015miyazakikagosima1459.jpg

2015miyazakikagosima1460.jpg

先述の通り、「ニシタチ」と呼ばれる宮崎随一の歓楽街にあって周囲は有料駐車場が犇めき合っているような場所なのだが、ホテルの駐車場はなんと無料!そしてそれだけに留まらず、マッサージチェア無料、マンガ800冊読み放題、ドリンクバー無料、氷無料、共有のネットPC利用無料、ドラム式洗濯機無料(洗剤は有料)、さらには有料チャンネルまで無料で見放題というとんでもない大盤振る舞いなのだ。おそらくここまでしなければお客が集まらないのだろう。




2015miyazakikagosima1457.jpg

今回利用したのはより安価な和室だったが、洋室も当然用意されている。冷蔵庫や各種アメニティ類は完備されているので、一晩寝るというだけならまったく困らない。そして何よりも宮崎の歓楽街「ニシタチ」の中心部にあるので飲みに行くにはこれ以上ない絶好の立地である。




<2015.7.31 宿泊>
※楽天トラベル 1泊素泊¥3,400-





ビジネスホテル林荘

住所:宮崎県宮崎市高松町5-10(宮崎駅から徒歩10分)
電話:0985-27-2188
特記事項:格安ホテル、繁華街すぐ、無料サービス豊富




関連記事
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1550-52c6905e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT