ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日本一の居酒屋 田吾作 ~島根・益田 (酒肴編)

2015tagosaku1425.jpg

4番の個室に入ると、既につきだしの数々が並べられていた(※部屋の画像は退店時に撮影)。最初はとりあえず周りに合わせて生ビールを注文したが、つきだしが完全に日本酒に合いそうな料理だったので、最初の2~3口だけ飲んで他の人に譲り、私は早速日本酒へとシフトした。






2015tagosaku1407.jpg

つきだしは、烏賊の和え物・煮しめ・おからの3品。これだけで腹一杯になりそうな豪華なつきだしである。益田の名産の一つである鴨島はまぐりの巨大な貝殻を使った箸置きも秀逸。牛蒡・人参・さやえんどうなど煮物定番の野菜の数々にならび、一番手前の黄色いのは金糸瓜で、箸を入れると錦糸卵のように縦に長くホロホロと崩れるのだが、実際のそれは錦糸卵よりもさらに細く、その見た目から素麺瓜という別の名もあるそうだ。甘辛くじっかりと味の"しゅんだ"厚揚げも誠に絶品で、初っ端から田吾作ワールドに引きこまれている自分がいた。





2015tagosaku1410.jpg

ちなみに最初に頼んだ日本酒は地元益田市の定番地酒、右田本店の『宗味(そうみ)』。大吟醸の生酒を冷酒でいただいた。現在どの代が酒造りをしているのかはよく分からないが、私はこの蔵元の息子と高校のとき同級生だった。益田の地酒といえばだいたい右田本店の「宗味」か桑原酒場の「扶桑鶴」といったところだ。田吾作では石見地方の地酒を中心に、隠岐の島・隠岐酒造の「高正宗」や岩国・旭酒造の「獺祭」など周辺各地の地酒も揃っている。ただ「獺祭」各種は人気高騰でまったく入荷が出来ないそうで、この日も飲むことは出来なかった。





2015tagosaku1424.jpg

2015tagosaku1418.jpg

2015tagosaku1419.jpg

さて、田吾作のメニュー構成であるが、ランチでも使われている定食・丼系のメニューもあるにはあるが、夜は大抵が品書きから単品で注文するかコースを頼む人が多いようだ。コース料金は4,000円~と結構な高価格で、しかも飲みものの代金は含まれていない。単品の品書きも今にも涎が出そうな代物がいくつもあるのだが、ほとんどが時価なので不安な方はいちいち値段を確認することが賢明だと思われる。



2015tagosaku1408.jpg

2015tagosaku1409.jpg

まずは田吾作名物の活イカ刺身。さっきまで生簀で泳いでいたやつを捌いてもらうのだが1杯で¥2100-する。「今日は海況が悪くて数が少ないんよ」と仰っていたが、漁獲した烏賊を活魚輸送したり、店の生簀で生かしておく手間を考えればそれくらいの値段はするのだろう。大量の角氷の上に盛られた烏賊はピクピク動いていて、美しいほどに透き通っている。身がピンとたっていて歯切れがよくみずみずしい。付け合せの大根のつまや名水の地・益田市匹見のおろしたて生山葵も誠に秀逸だった。

その隣はイサキの刺身。もちろん身も美味いのだが、身と皮の間の皮下部に脂ののった美味い部分があって、皮(中央にある黒いもの)が実に美味い(余談だが、これを少し炙って食すと気絶しそうなくらい美味い)。煮付けも美味いのだが、このイサキという魚はとにかく硬く細い骨が多く、煮付けた一匹を丸々食うのには結構な技術を要する。煮付けも美味いが、やはりイサキは刺身が美味い。





2015tagosaku1413.jpg

2015tagosaku1414.jpg

2015tagosaku1420.jpg

続いて鮎の背ごし。もちろん益田の清流・高津川の天然鮎である。背ごしとは、内臓だけを取り除いて中骨ごと輪切りにして供される鮎の刺身。背ごしには比較的骨の柔らかい若鮎が使われ、そして当然鮮度がよくなければ川魚の刺身供することはできない訳で、そういう意味では清流高津川が流れる益田に店を構える居酒屋を象徴する料理とも言える。この日は鮎の入荷が少なく、早く注文されたほうが良いとのことで頼んだ。まったく臭みがない訳ではないが、それでも特段気になるようなものではなく味は噛めば噛むほど旨みが出てきてみずみずしい。因みに小皿にのっているものは「うるか」という鮎の内臓部分の塩辛。鮎を生食できる土地ならではの珍味だが、個人的にはあまり得意ではない。背ごしは1尾¥1,400-。





2015tagosaku1411.jpg

2015tagosaku1412.jpg

こちらは鯵のたたき。鯵は山陰を代表する魚の一つで、お隣り浜田では大型のものはブランド化して売られている。尾頭付きで出てきた鯵のたたきは中型くらいの良いサイズ。刻み葱と絡められた鯵は脂が乗っていて生姜おろしを少しのせて食べると抜群に美味い。今回田吾作でいただいた料理の中で、私は鯵のたたきの美味さが最も印象に残っている。やはり青魚は美味い。




関連記事
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 19:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

素晴らしいです。一方で残念ながら独酌には不向きな店であるとも思いました。
この鰺のなめろうが実に気になります(笑)

| ビート★ | 2015/07/12 20:55 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2015/07/14 12:55 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1543-16e18353

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT