ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

急行『はまなす』乗車を振り返る

最後の夜行急行。

そして、
 
最後のブルートレイン客車。


数多くのブルートレイン・寝台列車が淘汰される時代の流れの中で、最後の最後まで残った『はまなす』にはいろいろな意味での『最後』の肩書きが加えられ、『はまなす』が廃止されればブルートレイン客車を使用した夜行列車は完全消滅し、すべてが過去のものとなる。これからの鉄道は新幹線を利用して時間ををかけずに目的地まで移動し、全国各地のクルーズトレインに乗り換えて列車の旅を楽しむというスタイルが主流になる。その流れを否定し、古き良き時代の面影を嘆き悲しむ人も、結局は新幹線の時代を受け入れるしかない。数ある将来の選択肢の中で、私たちが未来の鉄道の姿として取捨選択した結果に他ならない。時代が移ろい私が年老いたた頃にはリニアが台頭し、今走っている全国各地の新幹線がもしかしたら懐かしい存在として私の目に映るかもしれない。時代の流れとはそんなもの。だからこそ、ブルートレインというひとつの時代が終わろうとしている今この時を、納得いくまで心に刻みたいと思っている。






2015lasthokuriku1373.jpg

2015lasthokuriku1375.jpg

2015lasthokuriku1378.jpg


そんな思いを抱えて乗車した急行『はまなす』。

青森駅の改札を抜け弧線橋を渡って発車番線に降り立つと、すでに急行『はまなす』が入線していた。ブルブルと轟音を立てて出発のときを待つ機関車に掲げられたヘッドマーク、そしてところどころ塗装のはがれた車体からは、長年に渡って北の鉄路を走り抜けてきた伝統と誇りが伝わってくるようだった。








tr015_h.gif


B寝台

自由席

指定席

ドリームカー

カーペットカー

『はまなす』には実に多彩な席種が用意されている。中でも人気なのはシートピッチが広くほぼフラットに近い角度までリクライニングが倒れ通常指定席よりも快適度が高いドリームカー、そして寝台料金不要の指定席でありながら、カーペット敷きのスペースで横になって寝ることが出来るカーペットカーだ。当然予約も取り辛いのだが、私は1ヶ月前の午前10時ぴったりに発券してもらう所謂『10時打ち』をお願いし、カーペットカーの中でも特に人気の高い「上段」を確保することが出来た。後で詳しく説明するが、ドリームカーにしてもカーペットカー下段にしても、隣に人が来るか来ないかで快適性は大きく変わる。そういう意味では「上段」は一区画のプライベート性が極めて高く、座席さえ確保してしまえば隣を気にする心配は最初からしなくて良い。しかし座席表からもお分かりの通り、カーペットカー「上段」というのは8席しかない。しかもそのうち2席は女性専用席だから男性が利用できる上段は6席だけで、繁忙期は非常に入手困難な席種である。







2015lasthokuriku1376.jpg

2015lasthokuriku1379.jpg

2015lasthokuriku1380.jpg

2015lasthokuriku1381.jpg

2015lasthokuriku1382.jpg

4号車からカーペットカーの車内に入る。画像を見ていただければ、下段と上段の違いは言うまでもないだろう。下段が隣の人との区切りがない雑魚寝形式なのに対し、上段は一区画ごとが隔離されプライベート空間が確保されている。床はカーペットが敷かれていて冬場は寒さに困ることもなく、ハンガーに枕に毛布のほかカーテンつきの小窓まで完備されている。さらに並びから見ても分かるとおり、座席が線路に平行になっているので、横になって眠るときの快適性が枕木に平行の下段やB寝台とは格段に違う。これだけのものが揃っていながらカーペット下段やドリームカー、さらに普通座席の指定席車と同様に指定券・急行券のみで利用できるというのだからたまらない。おそらく、別途寝台料金を払わなければならないB寝台よりも快適だと思う。

私にあてがわれたのは「27上」。26上とのちょうど間に階段があり、互いに足の裏を向けて寝るような格好になる。私の一つ横の「28上」だけは完全に個室化していて、上段の中でもさらに上をいく「神座席」である。今回は何故か隣の「26上」にも最後まで客が来ず、私もほぼ個室状態で利用できたのは幸いだった。






青森駅出発までの間はカーペット上段の快適性への興奮が収まらず、また車内探検をしたりして過ごしていたのだが、出発すると間もなく車内が減光され、あまりに快適なので青函トンネル突入を待たずに眠りについてしまった。





2015lasthokuriku1383.jpg

函館到着時に一度目が覚め、長時間停車を利用して機関車の付け替えの撮影のためにホームに降り、函館の冷たい空気で深呼吸した。ちなみにカーペットカーといえば車体に描かれたえらく胴体の長いダックスフンドのような犬の画と、まるで規則性のない窓配置である。知識のない人が外から見ると一体この車両はどんな内部構造なのだろうと不思議に思うはずである。青森では通路側の扉が開くために発車番線からその光景を眺めることは出来ないが、40分近く停車する函館では思う存分いびつな窓配置を眺めることが出来る。



翌朝目が覚めると既に札幌目前という段階で、とにかくぐっすり眠ることが出来て快適な目覚めだった。






2015lasthokuriku1384.jpg

2015lasthokuriku1385.jpg

『はまなす』の廃止はもはや時間の問題である。正式発表されて狂喜乱舞の大騒ぎが起きる前に、入手困難な座席を利用することが出来て大変満足している。



<2015.3.15利用>

■ 急行『はまなす』
青森(2218)⇒札幌(0607)
4号車カーペット 「27上」


関連記事
スポンサーサイト

| 15年3月/北陸・信越+北海道 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1540-ef15334a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT