ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

九州ツーリング2015GW(二日目①) ~やまなみハイウェイを往く

2015年5月3日~5月6日まで、4日間の行程で九州をツーリングしてきました。4月に故郷島根県での新しい生活と新しい仕事が始まり、まだまだ新生活に慣れない中の日常をこなし、いい加減疲れも溜まってきたところでの待ちに待ったGWの九州ツーリング!!うちの爺さんのまさかのクラッシュによりバイクが壊れ、修理のために出発が一日遅れるというハプニングもありましたが、どうにか出発まで漕ぎ着けました。






さて、別府で朝を迎えて竹瓦温泉で風呂に入り、気持ちも新たに二日目の活動に突入します。終わった今になって振り返ると、この『二日目』の充実度がツーリング全体の成否を大きく左右したものと思います。二日目に当たる5月4日は当初の週間予報では雨で、初日・二日目と雨になれば帰路に宛てる四日目を除けば実質的に活動に集中できるのは三日目のみとなります。しかし、初日の夕刻には既に雨はやんで別府入りする頃には青空も見え始めました。そして雨予報だった二日目も雨上がりの快晴の予報へと変わり、実に清清しい気候へと変わったのです。ツーリングの神様は旅人を見捨てなかったというところでしょうか。







2015GWkyuusyuu0745.jpg

2015GWkyuusyuu0746.jpg

2015GWkyuusyuu0748.jpg

2015GWkyuusyuu0747.jpg

別府の街に別れを告げ、国道500号線から県道11号線へと繋ぎ、湯布院方面へ向けて走ります。別府の中心部から緩やかな坂を登って山側へと進み、別府の街を左手に見下ろす形で走るわけですが、街のあちこちから湯煙が上がる様は別府の街の象徴する誠に見事な風景です。別府ICを過ぎると深緑が美しい山道へと変わり、やがて由布岳と湯布院の町が姿を現します。途中の狭霧台に立ち寄ってかすかに靄のかかった湯布院の町を眺めます。こういうところに来るとたいがいライダーの皆さんがいる訳ですが、私の荷物満載のカブを見て案の定ライダーの皆さんが話しかけてきてくれます。実は私は転居前のナンバーからまだ変更していなくて関東の市名のナンバーのままなのですが、当然「○○市から来たのかい!?」という問いかけから話が始まりますから、「いやいや、4月に引っ越して今は島根なんです」と話すと、「あ~なるほど」と何故かちょっとがっかりしたような感じになられます。同じような問答はこの先訪れる各地で繰り広げられることになります。


湯布院の町は特に用事はないので休憩がてら道の駅にだけ立ち寄って先へと進み、水分峠から再度県道11号線へと入りましてこの日の主題である『やまなみハイウェイ』の核心部へと差し掛かります。






2015GWkyuusyuu0750.jpg

2015GWkyuusyuu0749.jpg

バイクツーリングというと旅先で必ず食べたくなるのがソフトクリームなのですが、九重の朝日台展望台付近を走っていると牧場が直営している実に美味そうなアイスクリーム屋を見つけたので吸い寄せられるように店の前でバイクを停めます。牛舎や石煉瓦造りのサイロが立ち並ぶ牧場の一角がアイスクリームの売店になっています。ケースの中には10種類くらいの味が揃っていたように記憶していて、トマトやカボチャやラムレーズンといった変り種もありました。私はその中から「そのまんまミルク」と「抹茶」を選択して今話題の「ハーフ・ハーフ」で食します(一種類でも同料金¥300)。コーンの上にのっけてくれるのですが、ソフトクリームではなくジェラートで、さすが牧場の搾りたてミルクで作るアイスクリームとでも申しましょうか、甘すぎずあっさりしていて青空の下で食べるアイスは何てこんなに美味いのだろうかと驚嘆するほどでした。店先に座って食べられるベンチがあるのですが、牛舎もすぐ近くにある訳で若干の牛フン臭さがあるのはご愛嬌ということで・・・。






2015GWkyuusyuu0754.jpg

2015GWkyuusyuu0753.jpg

2015GWkyuusyuu0751.jpg

2015GWkyuusyuu0752.jpg

長者原に差し掛かってところで看板の前で写真を撮ろうと思っていたのですが、別のツーリング集団とかち合わせになったため、来た道を少し引き返して走っていると『トライアル温泉郷』という聞いたことのない温泉名を掲げる看板が出ていたのでそちらのほうに向かっていくと「こはく食堂」というお洒落な店の一角に足湯が設けられていたので遠慮なく足だけ浸からせてもらいます。手作り感満載の足湯ですが、腰掛ける場所が非常に低い位置にあるので足を浸けて湯が溢れてしまえば尻まで濡れてしまうという欠点を除けば、くじゅう連山を眺めながら浸かれる非常に気持ちの良い足湯です。後で調べてみると、トライアル温泉郷の「トライアル」とは、ディスカウントストアの「TRIAL」のことだそうで、会社がこのあたり一体を温泉リゾートとして開発しているのだそうです。











2015GWkyuusyuu0755.jpg

そうこうしているうちに、いよいよ熊本県に突入です。
関連記事
スポンサーサイト

| 15年GW/九州ツーリング | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1510-7065f876

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT