ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三隅の大平桜

島根県西部を代表する桜の名所のひとつに『三隅の大平桜』があります。


自宅のある益田市のお隣の浜田市三隅町にあって名前は以前から知っていたのですが、国道9号線からしばらく山の中に入っていかねばならないところで、私自身も初めて訪れました。




matsue20150712.jpg

三隅大平桜は、ヒガンザクラとヤマザクラを掛け合わせたような珍しい桜で、そのまま「ミスミオオビラザクラ」という品種名なのだそうです。国の天然記念物にも指定されている桜です。



『夜桜や 人静まれば 水の音』




matsue20150710.jpg

matsue20150711.jpg

山陰地方特有の赤茶色の石州瓦の民家の傍らに、ずっしりと根を張った大平桜の巨木は在ります。樹齢は660年にもなる老木です。ミスミオオビラザクラの花の色はほとんど白色に近く、満開にもなるとまるで雪山のような見事な花を咲かせるのだそうです。ボランティアガイドの人がいたので聞き耳をたてていたのですが、この桜の木もだいぶ歳をとってきて病気がちになり、本当に満開になるのは3年に一度あるかないかというくらいだと説明されていました。私は4月4日に現地を訪れて写真を撮ってきたのですが、今年はこの状態が満開なのだそうです。年によって花のつき具合がだいぶ違うようです。

この日周辺では「さくらまつり」が催されていたり、夜間はライトアップがされたりして、山陽や四国からも観光バスの団体が来るほどの有名どころなのですが、さすがにこの状態では少し残念だったのではないでしょうか。しかし里山全体が小雨で霞みがかり、しっとりとした風情の中で時折山の向こうから鶯の鳴く声が響く・・・という実に趣のある景観ではありました。

果たして、来年はどんな花を咲かせてくれるのでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1498-5fbee764

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT