ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米山俯瞰の風景に息を呑む

噂には聞いていましたが、米山俯瞰は美しすぎる・・・。



ネットで下調べしていたのと同じ風景が、目の前に広がっている。



とめどなく打ち寄せる波の音と、轟音を響かせながら寒風が吹きつける中で、長大編成の貨物列車や特急列車が警笛を響かせて駆け抜けていく。



北陸本線の象徴のような風景である。








2015lasthokuriku1214.jpg

2015lasthokuriku1215.jpg

2015lasthokuriku1216.jpg


こんな美しい風景ならいつまでも見ていたいし、頻繁に列車が通過する北陸本線なら丸一日ここで時間を費やしても飽きることはないでしょう。聖ヶ鼻という岬の突端へと続く道なので車通りも少なく、駐車スペースも十分にあって実に居心地が良い場所です。


海沿いを走る北陸本線と米山駅が中央に位置し、右手に日本海が広がり、左手には米山集落が広がるという構図です。此処でも雨は降っておらず日差しが出ていたのですが、とにかく風が強いので日本海には白波が立ち、荒々しい波が打ち付けています。これぞ冬の日本海という風景といったところでしょうか。このあたり特有の黒瓦の家屋が連なる集落の中を、真っ赤な郵便車が走り抜けていくという光景も実に美しいです。


短編成の普通列車に長大編成の貨物列車、そして普段はこの区間を通らない「はくたか」が米山を通過していきました。

関連記事
スポンサーサイト

| 15年3月/北信越+北海道 | 13:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1393-5fc3ceef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT