ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

宿泊帳簿15①.長野・信濃町 黒姫駅前 藤野屋旅館 (その1)

2015shinetu1106.jpg

現在地は信州信濃町の黒姫駅前。

黒姫駅は過去に何度も訪れたことがあるのですが、駅前の通りに歴史を感じさせる佇まいの旅館があって、長いこと宿泊してみたいと思っていたのです。






2015shinetu1105.jpg

その旅館の名は藤野屋旅館。明治43年に創業した当時のままの建物が今もなお残されていて、国の登録有形文化財にも指定されています。

明治21年の信越本線柏原駅(現在の黒姫駅)開業とともに歴史を積み重ねてきた藤野屋旅館。信越本線黒姫駅が終焉を迎えようとしているこの時期に宿泊し、その風情を感じてみたかったのです。


2015shinetu1107.jpg

2015shinetu1108.jpg

2015shinetu1111.jpg

2015shinetu1112.jpg

温かそうな雰囲気のご夫婦に迎えていただき、風呂に入ってからかなり豪勢な食事をいただき、ご主人から旅館の話を聞いたり昔の写真を見せていただいたりしました。現在は部屋に戻り、信濃町の地酒「松尾」で一杯やっている最中です。藤野屋旅館はかなり奥行きがあり、文化財の登録されている建物とは別棟でもう一棟が建っていて廊下で繋がっている格好になっています。現在の客室はすべてこの別棟にあるため"文化財指定の建物で宿泊する"ことは叶いませんが、夕食は本棟の広間でいただくことができます。




2015shinetu1109.jpg

2015shinetu1110.jpg

長大な発着場を有し、広大な駅前広場を擁する黒姫駅ですが、かつての繁栄を物語るかのような駅全体の佇まいが、皮肉にも間もなく終焉を迎える信越本線黒姫駅のもの悲しさが伝わってきます。この藤野屋旅館にしても然り。かなり大きな旅館ですが、お客はほとんど来ないようで部屋を持て余していて、今晩の宿泊者も私一人だけです。聞こえるのは、雪解けの雨水がぽつぽつと屋根から滴り落ちる音、そして時折聞こえてくる列車の警笛と発車ベルの音くらいです。

関連記事
スポンサーサイト

| 15年2月/信越 | 20:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1348-fb574c3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT