ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(一日目) 上越新幹線

2015shinetu1095.jpg

2015shinetu1096.jpg

おはようございます。


朝早くに自宅を出発しまして、現在地は東京駅の新幹線ホームです。


これより上越新幹線で新潟へ向かいます。上越新幹線を新潟まで乗り通すというのは本当に久しぶりです。いつ以来なのかと調べてみたのですが、2008年1月に「正月パス」を利用して旅したときでした。しかしその時は逆方向の新潟⇒東京で、秋田新幹線で北上して秋田内陸縦貫線に乗り、秋田から新潟までは「いなほ」に乗り、東京へと帰る最終ランナーが上越新幹線でしたから、夜遅い時間帯だったため車窓はまったく楽しめず私自身も疲れ果てていましたからほとんど寝ていました。それ以前というと、記憶が確かならば2003年まで遡ります。このとき私は大学生で、夏のゼミ合宿で佐渡に行くというときに「MAXとき」に乗車した記憶があります。ただこの時は一階席だったので車窓はほとんど楽しめず、車内ではゼミ仲間としゃべっているうちにあっという間に新潟に着いていました。そういう意味では、東京⇒新潟を乗りとおすというのはほとんど初めてかもしれません。


今回は平屋の「とき」ではなく、二階建「MAXとき」E4系を選びました。この車両ももうじき全廃される運命にあるということでせっかくだから乗っておこうと思いついた次第です。リクライニングしない車両や2階建て故の車内移動のしにくさなど不評な面もある当該車ですが、西日本の新幹線空白地域で生まれ育ち東海道・山陽新幹線しか乗ったことのなかった私の目には、E4系の2階建て新幹線の登場はそれはそれは新鮮に映りました。こんな巨大な新幹線が東京のほうでは走っているのかと羨望の眼差しで見つめていたような気がします。そういう意味で私にとっては東日本を象徴する新幹線のひとつという位置づけなのです。

早い時間に乗車口に並びましたので、余裕で2階の自由席を確保できました。それまでの風景が一変し、一気に雪深い風景に変わる上越国境の風情、広大な越後平野の中を往く風情など、長いこと味わうことの出来なかった新幹線からの風景を堪能したいと思います。

■MAXとき 303号
東京(0700) ⇒ 新潟(0858)


関連記事
スポンサーサイト

| 15年2月/信越 | 06:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1339-2bdc1b87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT