ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

旅の終わりを噛みしめて

2015daitojima1093.jpg

いよいよ沖縄を離れる時がやってきました。まだ出発まで一時間以上ありますが、那覇空港に到着して搭乗手続きを済ませ、既に保安検査場に入って出発待合室で出発のときを待っているところです。


またひとつ、思い出に残る旅が記憶に刻まれました。計画段階から時間をかけて用意周到に準備を重ね、満を持して旅立った大東諸島。心配の種だった天候や船のダイヤにも恵まれまして、簡単には行くことのできない大東島だけに、その旅路は一生涯忘れることのない旅になりました。沖縄本島でも久しく訪れていなかった南部地域を再訪できたり、名護では大学時代の旧友に再会できました。


空港という場所は新幹線の車内と一緒で、広範囲で移動をする人が集まり散らばっていく場所であり、そういう意味では特定の文化に属さず、文化が混在する無機質な空間といえます。例えば出発時ならば、その無機質な空間から琉球文化の息づく地に移動できるという心の躍動感、帰着時ならば沖縄の旅を振り返り余韻に浸りながら、無機質な空間に吸い込まれ日常に戻されていく名残惜しさとでも言いましょうか。私が旅立ち前の時間が好きなのは、きっと空間が移りゆくひとときの心地良さに身を浸したいからなのだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

| 15年2月/沖縄・大東諸島  | 17:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1334-b8fe7318

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT