ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

富士食堂の大東そば

2015daitojima1000.jpg

2015daitojima0999.jpg

2015daitojima0997.jpg

2015daitojima0998.jpg

昼飯は、滞在先のホテルのすぐ目の前にある富士食堂の大東そばをいただきます。いろいろな方から情報を頂いていて来訪をかなり楽しみにしていたのでまさにお待ちかねといった感じです。店の外観は、"富士食堂"という看板が無ければ此処が食堂だとはまったく気づかないはずです。店に入るとかなりゆったりとした広めの店内。厨房には4~5人くらいの島のおばぁがいましたが、水もセルフサービスで注文を聞きに来るような様子もないので、自ら厨房を覗いて注文を伝えます。



大東そばのバイキングがあるというので迷わずそれを注文。

大東そばは沖縄そばよりも面が太くて縮れているのが特徴で、豚のバラ肉や蒲鉾がのせられ、コーレーグースや紅生姜をのっけて食べるあたりは変わりません。大東そばに各種総菜類が取り放題で800円という破格値です。肉じゃがや鯖の味噌煮、チキンナゲットにポーク&玉子に餃子にサラダや和え物や酢の物各種、さらに白飯までいくらでもお代わり自由です。因みにバイキング単品だと700円、大東そば単品だと600円ということで、なぜそれがセットになったら800円で良いのかがいささか疑問なのですが、とにかく安くて美味しいので大満足の昼飯でした。



私が食事をしているときに島民らしきおばぁが一人入ってきて、店のおばぁがまだ厨房内にいるのに



「そば食べたい、小さいの。」


と、まるで独り言のような小さな声で呟いたのですが、その数分後に普通にそばが出てきたのには本当にぶったまげました。

関連記事
スポンサーサイト

| 15年2月/沖縄・大東諸島  | 14:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1290-a20da9f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT