ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

絶海の孤島へ ~ 2015 冬

明日より、大規模活動を決行します。



向かう先は沖縄。




20150209.jpg

2015020922.jpg


その中でも、観光ガイド本などではほとんど取り上げられず、極めて到達難易度の高い場所として知られる南・北大東島を旅してきます。沖縄本島からもはるか遠く離れた位置にあるという地理的要因からも、そして島の成り立ち等の歴史的な観点からも、それらが背景となって独自の文化・風習が育まれてきたという意味でも、大東諸島はまさしく絶海の孤島。一体どんな場所で、どんな人たちが暮らしているのでしょうか。素敵な出会いや旅先での新たな発見があるかと思うと、今から非常にワクワクしています。


沖縄訪問は2013年2月の大規模活動以来で、通算では4回目になります。人生初の沖縄訪問は1995年2月。人生で最も楽しい時期と言われる中学2年の時の修学旅行で、それはそれは楽しい旅行でした。2回目は1998年正月。うちの家族はあまり家族旅行というものをしないのですが、何故かこの年は沖縄で年越し。まだ高校生だというのに贅沢にも慶良間諸島でダイビングなんかをしました。ここからかなり間が空きまして、2013年2月は人生初の沖縄一人旅。東京有明埠頭から那覇行きのフェリーに乗船し、沖縄に行くまでに3日かかりました。本島をレンタカーで巡ったり、久米島や渡名喜島といった離島を巡ったりしました。そして2015年2月。今回の目玉は何と言っても南・北大東島。華やかな印象がある石垣島や宮古島などと違い、大東島というと天気予報で聞くくらいで、その島が一体何処にあるのか分からないという日とも人も少なくないと思います。交通が不便かつ不安定であるので時間に余裕があり柔軟に動ける人でないと行くことが出来ないうえ、そもそも観光資源も少ないことから旅先としてはあまり脚光を浴びず、訪れるのはそれこそ離島巡りを好む一部のコアな旅人くらいでしょう。しかしそんな場所だからこそ住民のありのままの暮らしぶりが分かるというものです。こうして振り返ってみると、私にとっての沖縄は「冬」の印象しかなく、ギラギラとした太陽が照りつけ青く輝く海が広がる夏の沖縄というのを知りません。冬といっても20℃くらいありますから別に寒さは気にならないのですが、一方で2月の沖縄は天気があまりよろしくなく、曇っているイメージしかありません。今回は果たして天気に恵まれるのでしょうか。



明日の出発以降は、こまめに活動内容を更新していく予定ですので、暇つぶしがてらお楽しみ下さい。


関連記事
スポンサーサイト

| 15年2月/沖縄・大東諸島  | 18:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

大東島行きたああああああ
まるで自分のことのように興奮します!旅行記楽しみにしていますね。

| ビート★ | 2015/02/10 12:14 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1246-52240162

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT