ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今頃になって 『あの花』 に夢中

anohana-1.png


anohana-2.jpg


『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』



2011年にフジテレビの深夜時間帯で初めて放映され、2013年には劇場版も公開されたかなり人気を博したアニメ作品です。世の中の流れからはだいぶ取り残されてしまいましたが、初放映から3年強も経過した今頃になって、私は今密かに『あの花』の世界にどっぷりと浸っています。



私はアニメやマンガというものにほとんど興味を示さない人間でして、見たことがあるのはせいぜいジブリ作品くらいです。この話をするとたいていの人に驚かれるのですが、おおかたの子どもがやるようなマンガの単行本集めやジャンプやらヤンマガやらサンデーなんかの読み漁りもまったく経験がありません。そんなアニメとは無縁の生活を送ってきた人間の心の中にさえ、『あの花』はいともたやすく入ってきて、今まさに私の心を惹きつけようとしてくれています。



きっかけはyoutubeでした。かつてのバンド、ZONEが歌う『secretbase ~君がくれたもの』の解散ライブを閲覧していたのですが、その歌詞に出てくる「10年後の8月」にあたる2011年にリメイクされた『secret base ~君がくれたもの 10years after ver.』の存在を知り、それがエンディング曲として使われたのが『あの花』だったのです。因みに歌っているのも『あの花』の声を担当している女性声優3人です。



あらすじを簡単に説明すると、小さい頃にいつも仲良く遊んでいた"超平和バスターズ"という男3・女3のグループがいて、そのうちの1人である本間芽衣子(めんま)の不慮の事故による死をきっかけとして、罪の意識や恋愛の傷を抱えた5人は次第に疎遠になっていきます。高校生になった頃、学校にも行かず自宅で引きこもり状態の生活を送っていたかつての仲間のリーダー格だった宿海仁太(じんたん)の元に幽霊となっためんまが現れ、「私のお願いを叶えて欲しい」と懇願してきます。めんまの姿や声はじんたんにしか分かりません。小さい頃、じんたんとめんまは互いを意識するような関係だったのですが気持ちを素直に伝えることが出来ず、ある日じんたんはめんまに対してひどく傷つく言葉を自分の気持ちに反して投げかけてしまい、その直後にめんまが亡くなってしまったのです。じんたんはその幻覚のような出来事をはじめは拒絶しつつも、次第にめんまと対話を重ねて、かつての自分の罪や今の自分と向き合うようになり、そのうち疎遠だった5人が集まり始めるようになります。そして、めんまの叶えたい願いとは一体何なのかというところに向かって話が進んでいきます。



それなら早くDVDでもレンタルして見れば良いじゃないかと言う話になるのですが、そう簡単にはいきません。まずDVDが搭載されたPCがいかれてしまっていて、DVD未搭載のUMPCが現在の主機であることに加え、未だに我が家の映像記録媒体の主流はVHSであるためにDVD再生機がないのです。さらに追い討ちをかけるように仕事の繁忙期に突入してしまったために帰りが遅くなり、DVDを見る時間はおろかネットで注文したDVDプレーヤーの宅配を受け取る時間すらないような状態でした。しかしこの"じらし"の時間が結構心地よいものでした。通勤途中は『secret base ~君がくれたもの』や劇場版主題歌の『サークルゲーム』をこれでもかと聞きまくって世界にのめり込み、ストーリー展開を空想したり過去の自分自身の思い出を蘇らせて懐かしさに浸ったりして、そこそこ良い時間を過ごさせてもらいました。


そして昨日の鎌倉初詣から帰った後、近くのツタヤでDVD6本(全11話)をまとめ借りし、とりあえず5話までを見ましたが、まさに「大人が泣けるアニメ」というか、まだ半分しか見ていないのに私の涙腺もかなりマズいことになっています。特に天真爛漫な性格でありながらも、泣かせるセリフや表情や仕草を乱発するめんまの存在がたまらなく切ない。


子どもの頃の淡く切ない思い出というのは、きっと誰にでもあると思うのです。恋愛や友人や自分の将来のこと。人を傷つけたり人から傷つけられたり、人を愛したり人から愛されたりして成長していくんです。大人になっても、子どもの頃の記憶というのは深く心の奥底に刻まれ記憶に残るものですから、多くの大人にとって共感と感情移入がしやすい点も魅力なのだと思います。私も自分自身の記憶を掘り起こし、作品で描かれている情景と重ね合わせながら作品を観ていますね。


この際残念なのは、もっと早くに『あの花』の存在を知っていれば良かったということです。もともとZONEが歌う『secret base ~君がくれたもの』は昔からよく聴いていた好きな曲だったし2011年に再結成されたというニュースも知っていました。さらに、『あの花』は私がツーリングなどで何度も訪れている秩父市が舞台になっています。確かに今思えば2011年や2012年に秩父を訪ねたとき、街中が何となくアニメの聖地だと騒がれていたような覚えがありますが、もともとアニメに興味がない人間ですからそれ以上深入りすることはありませんでした。『あの花』の存在をもっと早くに知る機会は多分にあったと思うのですが、本当に悔やまれますね。ただその一方で、世の中の熱狂が一段落したあとでこうして1人静かに『あの花』の世界に浸るのも悪くないなと思ったりしています。



関連記事
スポンサーサイト

| 『あの花』&『ここさけ』 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kazemeguri.blog.fc2.com/tb.php/1222-bf09bd5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT