FC2ブログ

ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

2019年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

呑処巡礼 五十五番 ~高知 食事処 あおき

DSC07876_20190816163100902.jpg

鮮度落ちになりますが、毎年恒例の秋の高知訪問の際に訪ねた居酒屋の紹介です。全四日間の行程のなか、二晩目の夜の部は店探しに難儀しました。三連休の二日目の土曜という予約必至な状況の中、目当てにしていた「座くろ」と「どんこ」に連絡を入れるも何れも満席で振られました。途方に暮れていたところで立ち寄った本屋に高知市内の居酒屋を紹介する本があり、この中から「地元常連に愛される老舗居酒屋」として紹介されていたのが表題の店です。16頃時に連絡を入れると17時半からなら案内できるとの回答があり、一度ホテルに戻って身支度を整え、満を持して暖簾をくぐりました。場所ははりまや橋の飲み屋街からやや離れた高知駅近くの一角にあります。



DSC07877_2019081616310296d.jpg

DSC07878.jpg

入店すると先客の男性独酌客が小上がりで飲んでいました。他にも空席はありましたが予約が入っているようで店主からは「相席でもよいか」と頼まれ、歳が近そうだったこともあり快く応じました。遙々長野県から自走で来たという私よりも一回り年下のガッツ溢れる若者で、しまなみ海道から四国入りして四国カルストや土佐清水や四万十市を訪ねて高知に入り、明日は讃岐うどんを食べて明石海峡大橋経由で伊那地方の自宅まで帰るのだそうです。今晩は高知市内に滞在するそうですがホテルには泊まらず、有料駐車場に停めた車の中で一晩明かすとのこと。さらに話を進めていくとで就いている仕事が私と似通っていて、仕事や休暇の話で意気投合しました。さらに信州大学出身ということでカレーの名店「メーヤウ」の話などでも盛り上がり、時間がたつのも忘れてしまうくらいでした。

やや話に没頭しすぎてしまった感があり、店の雰囲気や酒肴を楽しむことに注力する時間が少なくなってしまったのが悔やまれます。店内はやや雑多で整然としていない印象ですが名前入りのキープボトルが多数置かれており、地元民が足繁く通い溜り集う店であることは明白でした。品書の中心はやはり鮮魚で、中でも刺身の盛合せには鰹の刺身とタタキや土佐清水の鯖、仁淀川の水で育った鰻を使った「うな丸タタキ」は絶品でした。夫婦で営まれていることもあって温かい雰囲気に包まれており、我々のような一人客も気持ちよく迎えて下さり、程よい距離感で接客して下さるのが好印象でした。再訪必至の名店といえます。


<2018.11.24>

・ダバダ火振
・馬路ゆずサワー
・お通し三品(みつば胡麻和え、りゅうきゅう、田舎こんにゃくと鳥肝の煮物)
・刺身盛り合わせ(鰹刺身、鰹タタキ、清水鯖、シマアジ、鯛)
・うな丸タタキ

食事処 あおき
高知県高知市北本町1-1-1 山崎ビル 1F
17:00~23:00
日曜不定休
スポンサーサイト



| 四国スタンプラリー | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |