ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

2017年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

紅の旅空

札弦から中標津へ抜けました。

現在地は中標津町養老牛。

小高い山に「牛」の文字が書かれている場所は広大な牧草地が広がりとても景色の良いところで、前回の北海道ツーリング時は澄みきった青空の下で牛が草を啄むという道東らしい風景に出会いました。


DSC00866.jpg

DSC00870.jpg

DSC00868.jpg

今回はちょうど日暮れの時間と重なり、空一面が赤く染まるという幻想的な場面に遭遇しました。どこからか聞こえる鴉の鳴き声とともに、小高い山から牛が降りてきて、牛舎に帰っていく様子が分かります。実に長閑で美しい光景です。
スポンサーサイト

| 17年夏/北海道 | 18:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

濤沸湖、前から見るか、横から見るか。

DSC00846.jpg

DSC00853.jpg

釧網広域農道から国道244号に戻る途中の道道467号。

濤沸湖を渡る地点で尚且つ浦士別川が濤沸湖に流れ込むところに平和橋が架かっているのですが、此処からの濤沸湖の眺めがなかなか良いです。人も車もおらず、水鳥の鳴き声だけが響きます。

| 17年夏/北海道 | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

斜網広域農道

濤沸湖のオホーツク海側の国道を素直に走らず、敢えて裏側の斜網広域農道を走ります。

濤沸湖は見えませんが、ジェットコースターのような起伏を繰り返しながらの直線路と、広大な農業風景が広がります。

DSC00840.jpg

ちょうど今は玉葱の収穫時期。畑に掘り上げられた玉葱を大型機械で収穫していく、この時期の北海道らしい風景が広がります。そして、独特の玉葱臭が漂います。

| 17年夏/北海道 | 16:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初ソフトクリーム

旅中のおやつといえばソフトクリームですが、どういう訳か、これまで一度も口にしませんでした(セコマのソフトクリーム一回を除く)。


DSC00835.jpg

現在地は網走ですが、道の駅にて地元「リスの森」のソフトクリームをいただきます。まるで湖のように静かなオホーツク海を見ながら、テラス席でいただくソフトクリームは格別。

| 17年夏/北海道 | 15:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女満別 丘の風景

DSC00830.jpg


佐呂間から女満別へと向かう道すがら、名も無き丘の風景の美しさにふと足が止まりました。

行政区画上は網走市ですが、大空町との境に位置する喜多山という地区です。耕作によりはっきりと色分けされた丘陵地に縫うように細道がくねり、白樺の防風林に囲われた赤色屋根の家屋が建っています。

| 17年夏/北海道 | 14:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨上がりの青空

DSC00764.jpg

DSC00768.jpg

DSC00783.jpg

DSC00786.jpg

昨晩降った雨が朝方にはあがり、活動時間になるとすっかり晴れました。昨日は計画どおり順調に道の駅物件を消化し、雨上がりの清々しい空気の中で活動を展開でき、実に良い流れです。


美深を発ってからオホーツク海側に抜け、雄武、興部、紋別ときて現在地は湧別です。

| 17年夏/北海道 | 11:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(六日目)スマホが故障しました

おはようございます。

いつもより遅めの朝投稿です。


DSC00757.jpg

昨晩は道の駅「びふか」で車中泊としました。町中からはやや離れていますが、びふか温泉が隣接していて便利です。昨夜から雨が降りだしましたが、朝にはやんでいました。

ところで、今朝起きたらスマホの画面が表示されず、電源を入切してもまったく反応しなくなってしまいました。昨晩まではちゃんと動いていて、高い位置に置いていたので寝ている間に押し潰したりした形跡もないのでどうしたものかと悩んでいました。

DSC00785.jpg

取り敢えず今日の行程上でドコモショップがありそうな紋別まで移動。開店と同時に駆け込んで症状をみてもらうと、どうやらPCでいうフリーズの状態だったようで、強制終了➡再起動したらすんなり復旧しました。これで一安心です。

| 17年夏/北海道 | 11:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道の駅の神 三体降臨

DSC00740.jpg

道の駅のスタンプ押印可能時間は、売店等の開館時間中が基本なのですが、道北には店が閉まっている間も24時間常時押印可能という大変ありがたい物件が存在します。

DSC00749.jpg

お陰さまで岡島、音威子府、美深とスムーズに進めました。開館時間中に絞った方が来客と売上の観点からは好都合だと思うのですが、この神対応は大変ありがたいです。

という訳で、羽幌とほぼ同緯度の美深まで南下してきました。日帰りで稚内まで行って駆け足で帰ってきたみたいな感じでしょうか。

| 17年夏/北海道 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エサヌカ線と猿払村

DSC00718.jpg

DSC00725.jpg

DSC00733.jpg

こちらも恒例のエサヌカ線を走ります。相変わらずのいい天気。

西の横綱がオロロンラインなら、東の横綱はエサヌカ線です。

エサヌカ線のある猿払村は、以前からゆっくり訪ねてみたいと思っている場所です。特に道の駅「さるふつ公園」の雰囲気が好きで、隣接しているキャンプ場で一度宿泊してみたいと思うのですが、今後のスケジュールの都合上、今回も念願叶いませんでした。

| 17年夏/北海道 | 15:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宗谷岬到達

DSC00701.jpg

DSC00702.jpg

DSC00706.jpg

稚内の市街地での活動は道の駅だけに留め、宗谷岬に到達です。宗谷海峡の先に、樺太がはっきりと見えます。特別な感情はありませんが、やはり定点観測は必要で…。

日中に訪れたのは久しぶりですが、碑の前で写真を撮るのも行列ができるくらい賑やかで、なんか裸になって海に浸かっている人までいます。取り敢えず碑の前と土産物屋の柏屋の建物前で写真を撮り、さっさと退散します。

| 17年夏/北海道 | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT