ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

2017年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

激しい上下運動

松本や諏訪などの市街地の方を低地、山の方を高地と表現するならば、本日の旅程は高低差の激しい活動になりました。気圧と気温の変化が激しく、体調もいまいち優れません。


まず、高地の平湯からスタート。低地の松本ICから諏訪ICまで移動して高地の御謝鹿池と白樺高原・白樺湖。そこから再び低地に下り松本でカリー。次に高地の高ボッチ高原、低地の牛伏川フランス式階段工、最後にもう一度高地の美ヶ原へかけ上がって本日は終了しました。

美ヶ原は2℃まで気温が下がりかなり冷えます。明日に備えて、早めに就寝したいと思います。
スポンサーサイト

| 17年GW/信州・北陸 | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

扉温泉 檜の湯

DSC08655.jpg

DSC08661.jpg


南松本の街から再び高度を上げ、扉温泉 檜の湯にて風呂に入ります。

道中は一部悪路なのですが、それでも次から次へと地元民が入浴してきます。

300円という利用料も大変助かります。

| 17年GW/信州・北陸 | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラ・ムーが神

DSC08663.jpg


今晩と明日の朝の食料調達のために立ち寄ったラ・ムーというスーパーが神でした。

惣菜の弁当は200円以下、2リットルの烏龍茶は128円でした。

どれもこれもが毎日安いという売り方で、OKストアみたいなイメージでしょうか。長野県内に広く店を出していれば、今後も利用する可能性大です。

| 17年GW/信州・北陸 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牛伏川フランス式階段工

DSC08648.jpg


砂防施設である、牛伏川フランス式階段工を訪ねます。

だいぶ前ですが、報道ステーションのお天気中継のロケ地として使われたことがあって、ずっと訪ねたいと思っていたので漸く念願叶いました。

建設は大正時代で、フランスから知識と技術を学んだのだそうです。山々からの急激な水の流れをいかに和らげるかと課題に対して、フランスから知識と技術を学んで取り入れたのだそうです。長さは19段におよび、その段差も上流側は急に、下流側は緩やかになっていて、さらに直線ではなく曲線状に作られるなどの工夫が見られます。また、空石積というコンクリートを使わずに積み上げる工法だそうで、当時はかなりの大工事だったはずです。

建設から100年の時を経ても、当時の姿のままで松本を災害から守り続け、さらに周囲は散策路が整備され、松本市民にとっての安らぎと憩いの場になっています。

しばし清らかな水の流れに耳を傾けながら、先人の知恵と労力に思いを馳せます。

| 17年GW/信州・北陸 | 16:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高ボッチ高原競馬場

DSC08633.jpg


高ボッチ高原には、何故か競馬場があります。

日本一標高の高い競馬場だそうで、8月の最初の日曜日に開催されるそうです。

| 17年GW/信州・北陸 | 15:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高ボッチ高原展望台

DSC08623.jpg


胃の中のカリーがかき乱されて気持ち悪くなるくらいの悪路を進み、1900m級の鉢伏山山頂付近にある高ボッチ高原展望台を訪ねます。

昼間に強めの昼前から強めの雨が降り始め、カリーを食べている最中も降り続いていたのですが意外に早くやみました。すっきりとはいきませんが、松本盆地の絶景を眼科に眺めることができます。

| 17年GW/信州・北陸 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メーヤウのカリーバイキング

DSC08612.jpg


松本を訪ねたなら一度食べてみたいと常々思っていたのがメーヤウのカリーです。

11:30開店と同時の入店を目指して白樺高原から移動してきましたが、茅野や松本の町中通過に思いの外時間がかかり、余裕をもって出たはずが11:30を少しすぎた頃の到着となりました。先客は6名ほどいましたが、余裕で着席できました。



DSC08608.jpg

DSC08609.jpg

DSC08610.jpg

マッサン、レッド、グリーン、ビーフ、骨付きチキンなど10種類ほどのカリーがバイキング形式で提供されます。

タイ、インド、スリランカなどのスパイスの効いた本格的なカレーが豊富で、どれも旨かったですが、激辛のグリーンカリーと牛肉ゴロゴロのビーフカリーが特に気に入り、死ぬほどおかわりしてしまいました。

私は通常カレーをよそうように盛りましたが、皆さん中央にご飯の山を作って縁にカリーをかけたり、一種類ずつ順番に盛って、食べ終わったら次の種類というように盛っては食べを繰り返す人など、色々工夫されて食べておられました。基本的に辛いカリーが多かったですが、皆さん黙々と食べておられる姿が印象的でした。

| 17年GW/信州・北陸 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨の日は郵便局へ

DSC08607.jpg


GW合間の平日は今日と明日しかなく、さらに雨模様とあらば郵便局での記念貯金がお楽しみとなります。

白樺高原簡易局、白樺湖簡易局の2局をおさえました。特に前者は白樺高原観光案内所兼ゴンドラ乗り場に入居していて、目の前なスキー場という不思議な郵便局でした。

| 17年GW/信州・北陸 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10,000km達成!

DSC08547.jpg

DSC08548.jpg


愛車を購入して半年ほどが経ちましたが、通算走行距離が10,000kmを突破しました。

今年度からは職場が遠くなり、毎日通勤で80kmほど走るので、これからも順調に距離が延びそうです。

そのような中で、旅の途中で10,000kmを突破できたのは幸運でした。記念すべき到達地は、国道158号線 松本電鉄上高地線の終点新島々駅のすぐ目の前でした。まるで計ったようなメーターの変わり方だったのが笑えました。

| 17年GW/信州・北陸 | 07:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白樺高原

DSC08586.jpg

DSC08595.jpg


蓼科の別荘地帯を抜け、白樺高原までやってきました。

道中は、女の神展望台、夕日の丘、夢の平展望園地と信州の山並みを眺望できる展望台が多く、その都度立ち寄っては写真を撮るを繰り返しています。今日は天気が心配なのですが、ややガスがかかっているものの今のところ晴れています。

| 17年GW/信州・北陸 | 07:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT