ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平湯温泉

DSC08532.jpg


心配された渋滞もなく、高山市街は完全にパスして、平湯温泉まで走ってきました。

活動の主戦場を信州にしておきながら、亀の歩みで進み、2日がかりで信州の手前まで来た格好です。

平湯バスターミナルの温泉に立ち寄るはずでしたが、最終受付に30分間に合わず閉店。仕方がないのでターミナルにほぼ隣接する「ひらゆの森」という温泉施設を利用します。大衆向け温泉施設とはいえ温泉は確かなものを使っておられ、乳白色の湯は硫黄の香りと湯の華が凄まじいです。内湯も良いですが露天風呂がかなり広く、今日みたいに利用者の多い日でもゆったりできます。

ついでに、晩飯はバスターミナル至近の食事処「よし本」にてカツ丼をいただきます。お冷の水の旨さが印象的でした。

スポンサーサイト

| 17年GW/信州・北陸 | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飛騨牛

現在地は高山市清見。


DSC08528.jpg

道の駅「ななもり清見」にて飛騨牛の串焼を食します。

清見は飛騨牛発祥の地らしいです。

| 17年GW/信州・北陸 | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道の駅スタンプラリー中部

DSC08520.jpg


九頭竜ダムを過ぎ、岐阜県に入りました。現在地は郡上市大和町の道の駅「古今伝授の里やまと」です。

昨年のGWは東濃や南信地方を訪ねたのですが、その時から始めた道の駅スタンプラリーの中部編を再開し、3駅ほど巡りました。

あと数駅はめぐる予定ですが、今回の主戦場は中部の範囲外がほとんどなので、この先はあまり出番がなさそうです。

道の駅の食堂で豆乳郡上味噌うどんなるものをいただきます。

| 17年GW/信州・北陸 | 14:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

九頭竜湖に桜が舞う

現在地は、国道158号線の九頭竜湖付近です。



DSC08500.jpg

周辺は桜が今まさに満開の時期で、何処か良い場所はないかと探していたところ、発見しました。

道の駅「九頭竜湖」を通過して間もなくの鷲ダムの周辺に桜が咲いていて、ダム放水と桜の共演を満喫しております。どうもダムというのは、桜の名所が多いですね。

| 17年GW/信州・北陸 | 12:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

御清水

DSC08471.jpg

DSC08473.jpg


越前大野は水の豊かな土地です。

その代表格ともいえる「御清水」にて喉を潤します。市内な25℃まで気温が上がっており、冷えた水が身体に染みます。

| 17年GW/信州・北陸 | 11:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

芝桜咲き乱れ

DSC08452.jpg


福井ICで流出し、現在地は越前大野です。

街中の沿道は至るところで芝桜が咲き乱れており、実に美しい風景です。地元の人が手間をかけて整備されたのでしょうか。

| 17年GW/信州・北陸 | 11:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

余呉と今庄

琵琶湖の最北部の縁を走り、木之本から国道365号線、北國街道 椿坂峠を越えて再び福井に入りました。今庄ICから北陸道に入線し、現在地は南条SAです。


DSC08430.jpg

近江側の余呉は広大な田園地帯とその中を伸びる北陸本線、そして余呉湖の美しさが秀逸。緩やかに峠を越える快走路も素晴らしいです。




DSC08447.jpg

DSC08446.jpg

一方、福井側の今庄は宿場町の風情を色濃く残します。旅籠や造り酒屋の建物が保存されていて、かつての繁栄を今に伝えています。

| 17年GW/信州・北陸 | 10:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マキノのメタセコイア並木

昨日は、元々の考えとして日本海側を東進し、マキノを目指すという目標がありました。そしてほぼ予定どおりに行程が進みマキノに到達できたわけですが、それはマキノのメタセコイア並木を訪ねるという必達目標達成のためでした。




DSC08387.jpg

DSC08410.jpg

2009年の日本一周時にも一度訪れているのですが、その時の印象が強く、再訪したいと考えていました。もちろん観客の少ない早朝が狙い目ですから、最寄りの道の駅を車中泊の地とした訳です。

およそ1kmほど続く朝のメタセコイア並木は鳥の鳴き声と朝霧に包まれ、穏やかな朝の表情を見せてくれました。人もほとんどおらず、静かなひとときを過ごすことができ、大変満足しています。

これで肩の荷がひとつ下りました。しかし、この先はまだ長いです。今日も移動中心の一日になりますが、目的地まで安全運転でいきたいと思います。

| 17年GW/信州・北陸 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

(二日目)追坂峠で車中泊

DSC08381 - コピー


おはようございます。

昨晩は高島市マキノの道の駅「マキノ追坂峠」で車中泊しました。一日中走り続けた昨日は流石にくたびれ、すぐに眠りについてしまいました。

湖西経由で近畿と北陸を繋ぐ西近江路の中途にあるマキノは交通の要衝地でもあり独特の風情があります。




DSC08382 - コピー

夜遅くまで大型トラックが頻繁に行き交う街道とは対照的に、朝方に周囲を走ってみると朝霧に包まれた静かな田園地帯が広がります。一方で北陸に接する雪国の国境の町らしく、マキノ高原周辺ではスキー場と民宿や貸しスキーの店が広がります。


| 17年GW/信州・北陸 | 06:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

激走の果て

若狭國は一瞬で抜けてしまい、現在地は滋賀県高島市です。

今日1日の走行距離は実に527kmにもおよびました。我ながらよく走りました。

まだまだ先は長いので、今晩はこのへんで就寝します…。

| 17年GW/信州・北陸 | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT