ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

2016年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

相手を信じない運転

通勤や休日の活動等で日々自動車に乗ることが多いが、事故に巻き込まれないための防衛運転として、「相手を信じない運転」を日々実践している。最近の高齢者による事故や、ながら運転・ながら歩きの問題が表面化するずっと前からそれを実践してきた。

以前、東京で郵便配達の仕事をしていた時、止まるべき所で止まらず急に飛び出してくる人や自転車や車に何度も危険な目にあわされてきた。自分の命と仕事を守るための最も有効な策は、起こりうるすべての危険を予測して慎重すぎるくらい慎重に運転し、人間は自己中心的で予測不能な動きをする生き物であると割り切り、そんな相手を信じない運転に撤することだという考えに至った。

そしてそれは故郷に戻った今も変わらない。交通量が多く車がひしめく都会が運転マナーが悪くて、みんなのんびりしている田舎は親切で運転マナーが良いなどという比較が大嫌いで、都会であろうが田舎であろうが運転マナーの悪い人は悪い。細道から大きい道に出る際に一旦停止しない、交差点の信号の変わり目や間隔が短い中での無理な右折、コンビニ駐車場をショートカット、夜間の無灯火車、執拗に車間を詰める後続車…。それらは稀な光景ではなく、日常的に誰しもが出くわす光景だろう。このような事故につながる運転をする人だらけの道路社会を私は絶対に信じないし、反面教師にしている。

昨日、私の地元で痛ましい事故が起きた。児童の登校の列に飲酒運転の車が突っ込み、見守り活動ボランティアをしていた男性が亡くなった。男性自身も過去に交通事故で娘さんを亡くしており、さぞかし無念な気持ちだっただろうと思いを馳せる。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170131/k10010858901000.html
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呑処巡礼 八番 ~上野 えんぱち

DSC07328_20170115115930371.jpg

DSC07330.jpg

場所は、アメ横センタービルからJRの高架を挟んだ反対側。

焼鳥をメインにした居酒屋のようだ。やや派手めな外観だが、店頭看板に書かれたメニューの価格の手頃さと、店内が比較的空いているようだったので入店した。

通されたカウンター席の目の前に並ぶ焼鳥の具材にも惹かれたのだが、入店前にすでに目をつけていたメニューがあってそれらを注文した。


DSC07329.jpg

麦焼酎と肴三品を発注。

ゆで玉子のしょうゆ漬けは、白身にもしっかりと染み込んだ醤油だれが濃厚な味で癖になる。

牛タンの塩蒸しも絶品。分厚いタンは噛みごたえがあり、塩加減もちょうどよい。

焼鳥を頼んでも良かったのだが、これだけで十分満足してしまったのでいい気分で30分強の滞在で退店。




DSC07333.jpg

そしてその足で向かいにある味噌ラーメン専門店『麺処 花田』へ。

「東京髄一濃厚味噌スープ」を謳う当店の味噌ラーメン。味噌ラーメン好きの私としては看過できなく、吸い込まれるように入店したのだが、まず入り口の券売機で食券を購入。味噌・辛味噌・味噌つけめん・辛味噌つけめんの4種類のみのメニュー構成で、お初なのでノーマルな味噌ラーメンを発注して食券を渡すと「野菜増し・ニンニク増しできますけどどうしますか」と尋ねられる。その増しっぷり加減がよく分からなかったので野菜増しは避けたのだが、ニンニクは大好物なので増しを頼んだ。



DSC073320.jpg

野菜増しを注文すると、タワーのように野菜が盛られるらしい。もやしを中心に玉葱・人参・ニラが入るが、増しにしないとやや物足りない。他にはチャーシュー1枚にメンマがのる。刻みニンニクは別皿に盛られて供される。太麺に濃厚スープが絡んで美味い。特にスープは泡だったポタージュのようにドロドロで、ご飯と一緒に食べると間違いなく美味いはず(因みに平日昼間は半ライス無料‼)。

自分好みの味で、また利用してみたいと思える店だった。


<2016.8.5訪問>


・焼酎(麦)
・まぐろぶつ
・ゆで玉子のしょうゆ漬け
・牛タン塩蒸し


■えんぱち
東京都台東区上野6-9-22
03-3836-4804
14:00~23:00
無休

■麺処 花田 上野店
東京都台東区上野6-8-6 上野メガネセンタービル 1F
03-3836-0440
11:00~23:00
無休

| 日常の話題 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宿泊帳簿56.鳥栖 サンホテル鳥栖

鳥栖という街に以前から興味を持っていた。

鳥栖は九州域内の陸上交通における東西南北の結節点である。隣の基山町と並んで交通の要衝地として機能しており、独特の風情がある。特に鳥栖ジャンクションと複数の国道が立体的かつ複雑に絡み合う姿は垂涎ものである。鳥栖郵郵便局の風景印にも、鳥栖ジャンクションの上空写真が描かれている。

鳥栖の人口規模は73,000人程と決して大都市という訳ではないのだが、地の利を生かして多くの企業の物流拠点になっているし、大規模アウトレットやJリーグ・Vプレミアリーグのクラブチームがあったりして、軒並み大都市レベルの様相である。




DSC07837.jpg

今回利用したのは鳥栖駅前の「サンホテル鳥栖」。

年末年始にかけて7泊ほど世話になった。




DSC07838.jpg

DSC07908.jpg

場所は鳥栖駅目の前の好立地。鉄道網においても鳥栖は要衝地となっていて、長崎本線と鹿児島本線に分岐する。多数の引き込み線と長大なホームを要する鳥栖駅だが、築110年の鳥栖駅舎が未だ現役で使用され続けている点は特筆すべきことである。駅東側にはベストアメニティスタジアム、西側は駅前再開発による新しい建物と従前の建物が混在していて、どこの駅周辺とも似つかない独特の雰囲気がある。駅と共に歩んできた駅周辺が、再開発の波を何とか食い止めているような抵抗の痕が見て取れる。

肝心のホテルだが、まず福岡の中心部からわずか30分という鳥栖駅の目の前という立地でありながら、駐車場が無料というのは素晴らしい。宿泊料金も朝食付きで1泊5,000円程度と手頃なので、福岡周辺でホテルが見つからないときの格好の穴場である。



DSC07835.jpg

DSC07876.jpg

客室はエアウィーヴのベッドが完備されていて、肌触りのいいふかふかベッドでの快眠が可能。利用した客室からは鳥栖駅を眼下に眺めることができ、眺望の観点からも高評価。




DSC07877.jpg

バイキング形式の朝食は、ほぼ毎日同じメニューだったが、パートのおばちゃんたちが毎日温かく迎えてくれるのが有り難かった。サラダや焼魚の種類は日によって違い、正月にはおせち料理も供された。一度だけカレーが供されたことがあって非常に美味だったのだが、結局この一度しか味わうことができなかったのが残念。






<2016.12.27~2017.1.3宿泊>
(1泊朝食付 楽天トラベル利用)


■ サンホテル鳥栖
住所:佐賀県鳥栖市京町781-1(JR鳥栖駅より1分)
電話:0942-87-3939
特記事項:交通至便

| 未分類 | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

湯処巡礼 四十七番 ~ 福岡・遠賀 遠賀川温泉

温泉雑誌『まっとうな温泉』に掲載されている物件で、以前から気になっていたのだが、今回漸く利用する機会を得た。

九州での活動からの帰り道。高速を使わずひたすら下道を通って帰るという道中で立ち寄った。結局、夜遅くなってしまい自宅にはたどり着けず、山口の道の駅「仁保の郷」にて車中泊した翌日の帰宅となった。



DSC07773.jpg

DSC07775.jpg

国道3号線を折れて、遠賀川の堤防道路をしばらく走ったところに遠賀川温泉はある。周囲は田園地帯で、突如として温泉が現れる。

建物や周辺看板、入り口の暖簾等を見ると、遠賀川温泉の療養効果をかなりプッシュされていて、よほど効能が期待できるらしい。

券売機で入浴券を買って番台のおばちゃんに手渡すと「兄ちゃんはどこから来たん?」と尋ねられた。おそらく遠方からはるばるやって来る客も多いのだろう。そしてそのたびに同じ質問をしているに違いない。九州で遊んだ帰りで、これから島根まで帰る話をすると、それはよくおいでになったと歓迎された。そして番台にも『まっとうな温泉』の雑誌が置いてあって、それを見て来たのだと話すとたいそう喜ばれた。

源泉は無色透明らしいが、空気に触れて赤褐色の温泉となっている。浸かると鉄分臭がプンプンと漂い、身体に良さげな温泉成分が豊富に含まれているのだと実感させられる。浴槽の片隅に設置されている装置から定期的に温泉が注がれる仕組みになっている。ボコボコと音を立てて急に作動し、新鮮な温泉を注いでくれるのだが、かなり大きな音がするのと、周辺はかなり高温になるので注意が必要だ。

内湯と露天風呂があり、外の涼しい風に吹かれて浸かる温泉は格別。温熱・保温効果もあってか、入浴後は身体の芯からポカポカ担になった。入浴料は700円と少々高めだが、泉質の良さは間違いない。遠賀川沿いの田園地帯が広がる平野に突如として出現する立地も素晴らしい。

良い温泉をありがとう。






<2016.12.17入湯>


■ 遠賀川温泉
所在地:福岡県遠賀郡遠賀町浅木61-1
連絡先:093-293-6869
入浴料:大人・・700円
営業時間:不明(毎週火曜・第4月曜定休)


| 未分類 | 18:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

湯処巡礼 四十六番 ~ 大分・由布院温泉 名苑と名水の宿 梅園(温泉編)

湯布院?由布院?ゆふいん?…。

どの表記が正しいのかといつも迷ってしまうが、「由布院温泉」が正しいようである。

私も少し調べてみたのだが、近隣温泉地を含めるかどうかに加えて、市町村合併が複雑に絡み合い、表記の問題をややこしくしているようなのだ。全国的な知名度や定着感という意味では「湯布院」だが、正しいのは「由布院」。ならばどちらでも良いようにと安易に「ゆふいん」や「yufuin」という表記を用いるところもあるが、混乱を助長する結果となり混乱が生じているようだ。

全国的に有名な由布院温泉だが、温泉に浸かった記憶は過去に一度あったかどうかというくらいで、ほとんど初めてのようなものだった。




DSC07799.jpg

由布市の田園地帯にある「名苑と名水の宿 梅園」を宿泊利用することとなり、その中の「天心の大湯」という大浴場を利用させていただいた。



DSC07810.jpg

DSC07803.jpg

DSC07807.jpg

さすが湯処・由布院温泉だけあって、湯量豊富な温泉の恩恵を受けた広々とした大浴場。

内湯・露天風呂・ガラス格子窓に囲まれた半露天風呂があり、正面には由布岳を仰ぎ見ることができる絶景温泉だ。源泉60℃の温泉は約45℃で浴場に注がれ、季節によっては加温・加水をするようだが、もちろん源泉かけ流しの温泉である。無色透明の単純温泉はとろみとスベスベ感のある優しいお湯で、肌がツルツルになる美肌の湯ということで女性からの支持される所以だろう。

由布岳の絶景もさることながら、露天風呂や内湯の底に敷き詰められている岩石も、故郷の魅力を近くで味わって欲しいとの思いから、由布岳から採取してきたものらしい。大浴場はとても広々としていて居心地がよく、泊まった晩と翌朝の2度入浴したのだが、いずれもほとんど貸切状態だったので1時間近くゆっくりとすることができた。独立した洗い場や脱衣所内にある名水サーバーなど、ちょっとした工夫や心遣いも嬉しい。



<2016.12.22~23入湯>


■ 名苑と名水の宿 梅園
所在地:大分県由布市湯布院町川上2106-2
連絡先:0977-28-8288
入浴料:大人・・600円、小人(3~12歳)‥300円、2歳以下・・無料
営業時間:11:00~15:00

| 日常の話題 | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宿泊帳簿55.由布院 名苑と名水の宿 梅園(宿泊編)

DSC07817.jpg

温泉地として全国的な知名度を誇る由布院温泉。

これまで立ち寄り入浴や通過したことはあっても、宿に泊まりじっくり街を歩くという経験はなかったのだが、今回由布院温泉に宿泊する機会を得ることができた。

由布院温泉は、由布岳を仰ぐ盆地のなかに宿が点在していて、大規模なホテルや旅館はほとんどなく、歓楽的要素の強い温泉街も存在しない。長閑な田園風景とお洒落で現代的な宿が特に女性に人気らしい。温泉街は存在しないが、湯布院駅と金鱗湖を繋ぐルートには「湯の坪街道」があり、土産・甘味・カフェ等が軒を連ねている。



DSC07822.jpg

DSC07821.jpg

由布院駅から金鱗湖へと伸びる駅前通りや湯の坪街道にはお洒落な店が軒を連ねるが、その中には県外の資本が入っている店が多数ある。由布院に来たのに東京や京都で製造されたものを喜んで買っていく。とある店に行ったとき、一体何のために此処にきているのかと残念な気持ちになると店主が話していた。

その店主が絶賛していたのが「kotokotoya」のジャム。地元や周辺地域で栽培・収穫された野菜・果物を使い、じっくりコトコトと手間暇かけて作られた商品だそうだ。店内で試食をしたら美味しかったので購入したのだが、前述の店主からは、「良い買い物をされましたね」と褒めていただいた。




DSC07812.jpg

DSC07814.jpg

さて、今回お世話になったのは「名苑と名水の宿 梅園」。

本ブログではあまり登場しない豪華温泉旅館である。私もこれまで様々な宿に宿泊してきたが、宿の格式・宿泊料金・豪華さの観点からすれば、自分史上利用してきた中ではトップクラスの旅館の一つだ。12月下旬のクリスマス3連休直前の平日の宿泊だったことと、「九州ふっこう割」の宿泊補助も受けることができたので、比較的手頃な価格(とはいってもかなり高価)で利用できたのは助かった。

宿に到着した頃にはすでに日が落ちていた。由布院の中心部から田園地帯を抜けたところに梅園はある。広大な敷地を持つ宿であることを下調べで把握していたのだが、駐車場に着いても周囲が暗いのでその全貌がよく分からない。すると宿の方が車で迎えにきてくれて車内の荷物を持ち出してくれた。どうも駐車場からフロントまで少々距離があるようで私も一緒に送迎車に乗って運んでもらった。



DSC07798.jpg

梅園には宿泊棟もあるのだが、今回利用したのは離れの部屋。広大な敷地の中に広がる庭園の中には離れが点在していて、豊かな自然に囲まれて周囲を気にせずゆったりとした時間を過ごすことができる。


DSC07796.jpg

DSC07797.jpg

客室は和洋室で、10畳の和室にベッドルームに広縁が備わっている。このような高級旅館に泊まるのはほとんど初めてなので比較対象がなく評価のしようもないが、贅沢の極みというか至れり尽くせりの空間で快適そのものだった。




DSC_0004.jpg

宿に到着して急いで風呂に入り、お楽しみの夕食へ。

食前酒 梅園特製梅酒

先付け 南瓜豆乳豆腐南瓜クリームソース

前菜  牡蠣葱味噌焼き 薩摩芋密煮 琥珀玉子 鮭の豆腐テリーヌ
     海老 銀杏 零余子松葉串 ミニトーストのカナッペ風

御造り 旬魚三種盛り

蒸し物 茶碗蒸し

鍋物  鱧と牛コラーゲン鍋

強肴  陶板焼き 豊後牛 冠地どり つけ添え野菜 自家製たれ 岩塩

煮物  錦雲豚やわらか煮 馬鈴薯ソース

食事  十二穀米

留椀  つみれ汁

香の物 季節の漬物二種盛り

水菓子 洋梨ゼリープリン


旅館の夕食は総じて量が多いのでそれを見越して昼食は軽くしておいたのだが、それでも全部食べるのには苦労した。どれもこれも美味しかったが、特に印象的だったのは食前酒の梅酒、御造りの勘八、鱧と牛コラーゲン鍋だろうか。



DSC_0008_2017011121401982e.jpg

翌朝の朝食は和・洋が選択でき、和食を注文したのだがこちらもかなりのボリューム。夕食も朝食もどれもこれも美味しくて大満足内容だった。

旅館に一泊してみて印象的だったのは外国人の多さで、その大半は中国・韓国からの旅行客だった。そして従業員の側にも同国出身の人間が多数いたのには驚いた。研修生として働いているらしく、外国人客の言語対応の意味で雇っているのだろう。片言の日本語で接客している姿には大変好感が持てるのだが、こうも外国人が多いと日本人の側としては少し戸惑ってしまう。B&Bが主流の外国ホテルに対し、一泊二食付きの旅館は日本的な贅沢の極みともいえるものだが、日本人が気づかないうちにすべて外国人富裕層に乗っ取られ、そのうち日本人の手の届かない存在になってしまうのだろうか…。








<2016.12.22宿泊>
(1泊2食付 楽天トラベル利用)


■ 名苑と名水の宿 梅園
住所: 大分県由布市湯布院町川上2106-2(大分道 湯布院ICより10分)
電話:0977-28-8288
特記事項:絶景温泉、離れのある豪華日本旅館

| 未分類 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

我が愛しのコッペリア

DSC07903.jpg


以前の記事で紹介した、九州では御馴染のリョーユーパンのマンハッタン。

年末年始に九州に行くことがあり、早速マンハッタンを購入してみた。その時にパンの売り場に「コッペリア」というメーカーの今まで聞いたことがないようなパンがあって、少し気になって試しに買ってみたのだが、これが思いのほか美味かった。

2種類買ってみたのだが、特に左側の「玉子ピザ」という商品は美味だった。

HPを見てみると、コッペリアの看板商品の一つのようである。コッペリアの本社は福岡の筑紫野にあり、福岡市内の高校売店でのパン販売が発祥のようだ。それだけに安くてボリュームのある商品が多く、前述の「玉子ピザ」の玉子の量も半端なく多かった。食パンに玉子のペーストを塗りたくり、マヨネーズやベーコンをトッピングしたシンプルなパンで、ピザといっても焼いてはいない。おそらく買ったものを各々で焼くのだろう。高校なんかだときっと備付けのオーブンがあって、自由に焼くことができたに違いない。やがてそれらは思い出の味として脳内に記憶されることになり、大人になっても食べたいという要望が出てこうしてスーパーなどでも売られているのだろう。

| 未分類 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の活動の展望

明けましておめでとうございます。

本年も当ブログをよろしくお願いいたします。


昨年を振り返ってみると、リアルタイムで報告しながらの大規模活動はGWの信州のみでした。しかしそれ以外にも四国に行ったり九州に行ったりと小規模な活動は行っていたほか、特に夏~秋にかけては仕事や私用で東京に出かけることが多くありました。

また、新たにホンダのシャトルを迎えるという大きな出来事がありました。

競合他社と比較しながら、とにかく悩みに悩んで選んだ車ですが、今ではこの車で本当に良かったと心の底から思えています。さすがハイブリッド車だけあって、これまで乗っていた車とは桁違いに燃費が良くなりました。11月下旬の購入からまだ1月半ほどしかたっていませんが、すでに走行キロは4000kmを超えまして、実燃費は24.2km/lというスコアです。私の場合、街乗りよりも長距離運転の方が多いということもありますが、それだけでなく急発進急加速を避けるなど燃費向上を意識した運転を心がけてきたので、大変満足できるスコアです。後部座席を倒せば余裕で車中泊できるため、今後は旅先で大活躍してくれることでしょう。

その反面、スーパーカブの出番は全くなくなりました。一昨年は決行した北海道ツーリングも昨年は断念せざるを得なかったのですが、それ以外でも週末に近場でキャンプとかそういうのもなく、実質半年以上倉庫の中で眠ったままにしています。正直なところ110ccのカブでは土日で行ける範囲が限られており、またその範囲の中でバイクで旅したいと思える場所がなかなか見当たらないというのが現状です。完全にバイク旅から車旅へとシフトしており、その傾向は今後も変わらないと思います。もう少し排気量のあるバイクで走りたいという気はありますが…。

さて、2017年の活動の展望ですが、引き続き四国を重点地域に据えたいと思います。昨年は重点地域に指定しておきながら1度しか行くことができませんでした。継続中の道の駅スタンプラリーをこなしながら各地を巡りたいと思います。2017年は祝日と土曜が重なることが多く休日を存することが多くなりそうですが、5月のGWや9月のSWには平日を休暇に充てることで長期休暇の取得が比較的容易にできそうです。北陸や東北など、長いことご無沙汰している地域への再訪も視野に入れています。

| 未分類 | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |