ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

宿泊帳簿44.築地 銀座キャピタルホテル

DSC07412.jpg

8月後半に突発の東京出張の案件があった。

出発前日の金曜日に出張が決まり、土曜日の昼便に搭乗。午後に用件を済ませ翌日の午前便で帰着という弾丸日程だった。



DSC07405.jpg

今回利用したのは銀座キャピタルホテル。(株)はとバスが運営しているホテルという物珍しさと、ある意味東京の地場ホテルのような存在にも思え、興味があって利用した。ホテル名には銀座という名がつくが、徒歩圏内とはいえ銀座の中心からはやや離れている。最寄り駅は築地駅・新富町駅。いずれも徒歩2分という好立地で、朝食は是非築地市場で食したいところだ。

銀座キャピタルホテルには新館と別館があり、今回利用したのは新館。目の前にははとバスの停留所があり、ツアーの発着地となっている。宿泊客向けに東京駅行き無料シャトルバスのサービスもある。



DSC07406.jpg

お世辞にも外観は新館とは思えない程の古さだが、内観はそこそこ新しい。最上階の11階の一室をあてがわれたが、まぁ可もなく不可もなくといった印象。隣がビルのため景色も堪能できず、TVとベッドの位置関係が悪く、寝転がってTVを見ることが出来ない点がマイナスか。



DSC_0031_20160919221704634.jpg

築地市場至近というのが最大の強みか。ただ、今回は土曜日の宿泊だったため、翌日曜の市場は休業、場外の店も空いている店は少なかった。同行者と場外市場をさまよってみたが目ぼしい店が見つからず、どういう訳か「すしざんまい」での朝食となった。







<2016.8.20宿泊>
(1泊素泊 ¥6,500 楽天トラベル利用)


■ 銀座キャピタルホテル(新館)
住所: 東京都中央区築地3-1-5 (新富町駅・築地駅 徒歩2分)
電話:03-3543-8211
特記事項:はとバス直営、築地市場至近
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年の北海道ツー断念…。

DSC03625.jpg
 
昨年はいわゆる「シルバーウィーク」の恩恵を受けて、およそ2週間にわたる北海道ツーリングを敢行したのですが、今年はどうやら断念することとなりそうです。昨年同様、9月4週目の祝日が2日つく週に夏季休暇や年休を入れて休みを繋げ、昨年までの長さとは言わないまでもおよそ9日間の活動を計画していたのですが、間にどうしても外せない仕事が入り、万事休しました。

 ただ正直なところ、その仕事がなかったとしても旅だったのかと聞かれると若干微妙なのです。9日間の行程だと、そのうち4日が移動で消え、道内での活動は実質5日間に限られます。益田から北海道行フェリーが出ている舞鶴までのおよそ450kmの行程は110ccの原付では相当に厳しく、その辛さを昨年経験した身としては、なかなか足が向かないというのが本音なのです。

 今年の北海道は度々大雨に見舞われ、国道274号の日勝峠やJR石北線や日高本線では道路が崩落し寸断されているという話を聞きます。旅する楽しさを感動を毎度与えてくれる北海道の風景が災害によって失われたと思うと心が痛みます。

 2016年のバイクでの北海道ツーは断念しますが、真冬の時期に飛行機で渡道できればと考えています。

| 日常の話題 | 21:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |