ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

2016年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

宿泊帳簿43.神田 京王プレッソイン神田

神田須田町。

最寄り駅は小川町駅もしくは淡路町駅で、それぞれ徒歩2分ほど。神田駅北口からは歩いて5分ほど。秋葉原駅からも近く、電気街口から万世橋を渡ってしばらく歩いたところにある。

DSC07352.jpg

DSC07353.jpg

「京王プレッソイン」は今回が初めての利用。HPを見ると、「ビジネスホテルでも、シティホテルでもない、新しいコンセプトから生まれた宿泊に特化したホテル」とあるのだが、確かに宿泊に特化していて、それ故これといった特徴の見当たらないビジネスホテルらしいビジネスホテルと言いたいところだが、先述の通り"ビジネスホテルでもない"と当事者が謳っているので、何と形容して良いのやら迷ってしまう。

"特徴のないことが特徴"

とでも言えばよいか…。



DSC07381.jpg

DSC07383.jpg

客室はシンプルなシングルルーム。今回は飛行機とのパック料金を利用したので宿泊料は不明だが、地方であれば4,000~5,000円出せば泊まれるくらいのレベル。ただ都内なので少々割高か。

客室からの眺望は隣がビルのため論外。設備面ではTVはリモコンの反応が鈍くザッピングに時間がかかった。ベッドは硬めで合わない人には合わないかもしれない。

一応朝食付だったが、パン・サラダ・ゆでたまご・スープ・飲み物だけの軽食程度の内容で、朝からがっつり食べたい人には不向き。おかずらしいおかずは一切なかった。


どうにも特徴のないホテルで、積極的に選ぼうとは思えないホテルだった。







<2016.8.7宿泊>
(1泊素泊 楽天トラベルパック利用)


■ 京王プレッソイン神田
住所: 東京都千代田区神田多町2-8 (淡路町駅・小川町駅 徒歩2分 神田駅・秋葉原駅 徒歩5分)
電話:03-3252-0202
特記事項:特徴のないことが特徴

スポンサーサイト

| 日常の話題 | 08:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宿泊帳簿42.上野 THE NELL UENO OKACHIMACHI

東京に行く際は神田にあるカプセルホテルを定宿としているのだが、今回は趣向を変えて上野に宿をとった。

近年、訪日外国人観光客が爆発的に増加しているようだが、カプセルホテルは日本独自に進化を遂げた宿泊スタイルとのことで外国人にとっては注目の的らしい。そもそも外国人観光客は宿泊に金をかけることを好まず、ゲストハウスのようなドミトリー形式の宿に宿泊することが多いと聞く。大抵は相部屋となるためプライベートな空間が確保し辛く、それを苦痛に感じながら我慢して利用している外国人も当然いるはずで、日本のカプセルホテルは、プライベート空間の確保と低価格を両立させた絶妙な宿泊形式なのだろう。近未来的な"CELL"のような空間もかっこよく映るのかもしれない。

都区内では、5,000~6,000円台の比較的高価なカプセルホテルが増加傾向にあり、近い将来一般的なビジネスホテルが駆逐され、カプセルホテルか高級ホテルに二極化するかもしれない。



DSC07309.jpg

DSC07327.jpg

DSC07328.jpg

さて、今回利用したのは『THE NELL UENO OKACHIMACHI』。

アメ横のある上野ガード下から、日光街道を挟んだ反対側に立地していて、多くの人で賑わうアメ横の喧騒とは対照的に、上野駅前とは思えない位ほどの大変静かな場所である。ホテル周辺は規模こそ小さいものの韓国食材の卸問屋や焼肉店が密集するコリアンタウンのような雰囲気である。地下鉄日比谷線上野駅の3番出口が最寄りとなり、徒歩3分ほどである。上野の繁華街はすぐ近くなので飲みに出るにも大変便利。


1Fに受付とロッカー、2F~5Fがカプセルルーム、地下階に大浴場がある。カプセルルームは一般的な2段形式。


これまで数々のカプセルホテルを利用してきたが、評価を左右するポイントとしては、

①TVの有無、

②コンセントの有無、

③大浴場の有無、

④空調の効き具合、

⑤下段であること、

⑥客層

以上の6点だと思っている。




DSC07335.jpg

DSC07336.jpg

まず、ルーム内にはTV・ラジオ・目覚まし機能・コンセントが備わっているので問題なし。地下階の大浴場は広くて清潔で、アメニティ類も一通りそろっているので、旅の疲れを癒すには十分である。無料のドリンクバー付なのもありがたい。

夏場は冷房の効き具合が重要なのだが、ルーム内で空調をコントロールするのではなく、大抵は階層ごとに一括管理されている。私は出入りが楽な下段を選ぶことが多いが、冷気を入れるためにブラインドを開けると中が丸見えになり、かといって閉めれば暑い。そのジレンマに悩まされることが多かった。全開か全閉かの二者択一がほとんどなのだが、此処のブラインドは途中で止まる仕組みになっていて、これは大変に便利であると感じた。冷房の効き自体も抜群ですこぶる快適だった。

客層は外国人が多かったが皆さんとてもマナーが良く、隣室の住人のいびきやTV音に悩まされることもなかった。

以上のように大変快適なカプセルホテルで、これで1泊3,500円というのはありがたい。唯一問題点をあげるとすれば、1Fにあるロッカーがとても狭く、キャリーケースなどは出し入れできない。これとは別に各階層には大型ロッカーが備わっているが、数に限りがあるうえ先着順であり、しかも1泊200円の利用料をとられる。まぁそれは仕方ないとしても、私の場合は自分の部屋と荷物が別階になってしまい、これは少々不便であると感じた。バスタオル・着替え・ロッカーのカギなど荷物をもって階を移動することが多いため、健康ランドなどにはよくあるエナメル製の透明の手提げバッグがあるとより便利であると感じた。








<2016.8.4~8.6宿泊>
(1泊素泊¥2,700~2,800  楽天トラベル利用)


■ THE NELL UENO OKACHIMACHI
住所:東京都台東区東上野2-15-9(JR松江駅 徒歩3分)
電話:03-3833-1924
特記事項:上野駅・アメ横繁華街近し

| 日常の話題 | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |