ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

2014年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高速バスで帰路へ

shinsyuu20140519.jpg

長野駅前から高速バスに乗車し帰路につきます。


最後の最後で長野駅前は弱雨となりましたが、一・二日目は文句なしの快晴、三日目はやや曇りましたがどうにか天気は持ちこたえてくれました。感謝感謝です。


これより往路と同様、成田空港交通担当便の成田空港-長野線に乗車。三連休前の金曜日の東京行きの夜行便ということで満席とのことです。高速バス利用頻度の高い私からしてみれば本当に信じられないのですが、予約も何もせずにバス停に来て「乗れますか?」と聞く女性がちらほら。


長野駅前(2220)⇒京成上野(0503)

スポンサーサイト

| 14年10月/信州 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レンタカー返却

長野市街地まで戻り、三日間世話になったマーチを返却します。


shinsyuu20140518.jpg

これより路線バスで長野駅に戻ります。

| 14年10月/信州 | 20:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

湯処巡礼 ~戸倉上山田温泉 万葉超音波温泉

信州新町から千曲市へと向かう車の中で、これから訪問する温泉物件に思いをめぐらせていた。”超音波”と名の付く温泉なんてあまり聞かないが、よっぽど身体に効く温泉なのだろうか。それとも温泉とは名ばかりの、嘘で固められたインチキ風呂なのだろうか。一応、雑誌『まっとうな温泉』に掲載されている物件だし、戸倉上山田温泉の一角にある風呂だから、インチキなことはないだろうとは思いつつも、不思議と警戒してしまう名称である。




shinsyuu20140536.jpg

ここでは雑誌『まっとうな温泉』の無料入浴温泉手形を発動した。戸倉上山田温泉自体が歓楽色の強い温泉街で、万葉超音波温泉も外観は賑やかなのだが、れっきとした共同浴場である。一般的な銭湯よりもやや規模が大きく、温泉施設の周囲を駐車場が取り囲む。ちょうど風呂どきの18時頃に訪問したのだが、お風呂セットを抱えた地元客が次々と中へ吸い込まれていく。

番台形式の受付で温泉手形に押印してもらっていざ浴室へ。扉を開けると浴室内全体に湯気が充満していてかなり熱がこもっている。浴槽は3種類あり、泉温で区別されている。私は熱くて入ることができなかったが、一番奥の浴槽はおよそ47℃の源泉がそのまま注がれている熱湯風呂、中央のジャグジー付の浴槽が適温で、一番手前の風呂がぬるめの浴槽となっている。中央のジャグジー風呂は10人くらいが一度に浸かれ、おそらくこのジャグジーから超音波が出ているものと思われる。湯に浸かるとほんのりとタマゴの匂いに包まれ、身体に良さそうなブクブクが旅の疲れを癒してくれる。


ところで、万葉超音波温泉の番台形式の受付は男性脱衣所内を一望できる向きに設けられていて、若めのお姉さんが何の抵抗もなく取り仕切っている。かと思えば、脱衣所内の整理や清掃のために結構な頻度でおばちゃんたちが出入りし、まだ裸の常連さんを見つけては来月は臨時休業があるという案内をされていた。皆さんほぼ毎日のようにここを利用されていて、ほとんど顔見知りなのだろう。

昨日訪れた妙高温泉でもそうだったが、地元の人に愛される共同浴場というのは、お互いが気持ちよく風呂に入れるような秩序が保たれている。例えば自分が使う座椅子や桶は入り口付近の置き場から持って行き使い終わったら元の位置に戻す、洗い場周辺の泡をきちんと洗い流す、お風呂セットで場所取りしないなど、当たり前のことだが浸透している。共同浴場は地元の子どもが社会のルールを学ぶ場としても機能している。朝の4時から営業がはじまり23時までやっているというのも特筆すべき点だ。




<2014.10.31 入湯>

戸倉上山田温泉 万葉超音波温泉
住所:長野県千曲市磯部1125
時間・料金:04:00~23:00
連絡先:026-275-2228
定休日:第4月曜

| 14年10月/信州 | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

無料入浴温泉手形の出番

千曲市までやってきました。いよいよ今回の旅も終わりを迎えようとしています。


shinsyuu20140521.jpg

締め括りに雑誌「まっとうな温泉」の無料入浴温泉手形を発動します。


万葉超音波温泉という如何にも身体に効きそうな凄い名前の風呂に入浴します。

| 14年10月/信州 | 17:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

信州新町独自の文化

長野市の旧信州新町沿いの国道19号線は、"ジンギスカン街道"。昭和初期にジンギスカン料理がこの地に伝わり、現在でもご当地料理として定着しているようです。


shinsyuu20140516.jpg

shinsyuu20140517.jpg

shinsyuu20140514.jpg


「フレッシュトップ田中屋」「Aコープしんまち店」というスーパー二軒を覗いてみましたが、精肉部門にはジンギスカンコーナーが充実していました。かつては町内で牧羊も行われていたようですが今は専ら輸入マトン。しかしいずれの店でも自家製のタレで漬け込んだジンギスカンを販売しているという力の入れよう。




shinsyuu20140515.jpg

また内陸県は意外と海鮮が充実しているという定説がこの地にもあてはまり、干しイカの唐揚げや"大根の友"という商品名のメカジキのぶつ切りなど、興味深い食材多数。鰤大根の鰤の代わりにメカジキを利用しているのでしょうか。

職場に信州新町出身の人がいるので、いろいろ聞いてみようと思います。

| 14年10月/信州 | 16:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝!300局

shinsyuu20140522.jpg


2012年に始めた記念貯金。漸く300局に到達しました。

しかし、100・200と節目の局は出金していたのですが、300局目に気づかずに入金にしてしまうという凡ミス…。



長野県小川村 「おやきの里 高府郵便局」にて。

| 14年10月/信州 | 15:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

長野吉田高等学校戸隠分校そば部

学校の部活で"そば部"なんて聞いたことがありません。


shinsyuu20140513.jpg

shinsyuu20140512.jpg


長野吉田高等学校戸隠分校では、昨年新しくそば部が創設され、全国蕎麦打ち甲子園(←そんなんまであるのか!)でも活躍されているそうです。さすが戸隠っ子は蕎麦への力の入れようが違います。


残念ながら私は戸隠を後にしますが、午後からはそば部の生徒によって手打ちされた蕎麦の振る舞いがあるそうです。

| 14年10月/信州 | 11:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

戸隠蕎麦 うずら家

shinsyuu20140511.jpg

中社目の前の「うずら家」にてざる蕎麦をいただきます。開店前の早い時間に客待ち名簿に名前を書いていたので、開店と同時にすんなりと入店することができました。



shinsyuu20140510.jpg

戸隠独特の"ぼっち盛り"という盛りつけに、辛み大根や山葵や葱や八幡屋磯五郎の七味唐辛子といった信州ならではの薬味の数々。

蕎麦ももちろんおいしかったですが、一緒にたのんだ車海老の天麩羅が抜群に美味しかったです。天つゆではなく塩をつけて食べたのですが、塩の味が妙に印象に残っております。

| 14年10月/信州 | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

召立行列

shinsyuu20140507.jpg

shinsyuu20140508.jpg

shinsyuu20140509.jpg


仕上がった蕎麦を、召立行列にて戸隠神社中社へ献納します。


戸隠の里に、新蕎麦の季節到来です。

| 14年10月/信州 | 10:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手打蕎麦 謹製

戸隠神社の神主によって祝詞がよまれたあと、手打蕎麦 謹製 が執り行われます。



shinsyuu20140503.jpg

shinsyuu20140504.jpg

shinsyuu20140505.jpg

こね手、伸ばし手、切り手の三人衆が、種蒔きから収穫・脱穀まで白装束で育ててきたという奉納用の蕎麦を仕立てていきます。

こね手が一番時間がかかって大変そうでした。





shinsyuu20140506.jpg

いや、それ以上に大変そうだったのがこのお二人。仕立て上げられるまでおよそ30分を要したのですが、そのあいだ雅楽を演奏し続けたのがこのお二人なのです。笛のような楽器をひたすら吹いていましたから、もうクタクタでしょう。

| 14年10月/信州 | 09:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT