ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

2013年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トワイライトEXPやカシオペアまで・・・

前回の記事の続き。


ブルトレが完全消滅する見通しが発表され『あけぼの』や『北斗星』が廃止される方針が出された一方、『トワイライトエクスプレス』や『カシオペア』は残るとのことだったので私もその認識でいたのだが、改めて関連記事をネット検索してたところ、どうやら『トワイライトEXP』や『カシオペア』まで廃止される方針であることが判明した。
関連記事はコチラ


最近巷をにぎわせている食品表示の問題ではないが、新幹線開通の流れにあわせる形で採算性が取れずにお荷物路線となっている列車をまとめて廃止してしまおうというシナリオであるに違いない。ブルトレはともかく、豪華寝台列車であれば富裕層を取り込む形で残すことができそうな気もするが、新たに新幹線が開通すれば現在両列車が走行している線路の一部区間がJRから経営分離されるという事情もあるから、運行を継続することは困難なのだろう。もし私がJRの経営側の立場なら、古き良き夜行列車の面影を残す列車をいつまでも走らせてほしいという世間からの声があったとしても、明らかに時代の流れにそぐわない列車の存続は困難であり、利用者数の減少と車両の老朽化を根拠として廃止を決断すると思う。JR九州の『ななつ星』のように、特定の区間を定めずに管内の線路をゆったりと自由に旅できる列車やツアーの設定に尽力することが、今の時代に即した列車の在り方のようにも思う。



となれば、廃止目前になって世間が狂喜乱舞の大騒ぎになる前に、静かにゆったりとかつての夜行列車繁栄の頃の記憶に思いを馳せながら旅をするのは今しかない。記事では目にしなかったが急行『はまなす』も間違いなく廃止されるだろうし、サンライズEXPに関しても「しばらくは運行を続ける」という表現だったから、乗れるときに乗っておかなければという思いに駆られること必至である。


日本の鉄道は、ひとつの時代の転換期を迎えているのかもしれない。
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 15:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルートレイン全廃か??

仕事で車を運転中のラジオから、衝撃的なニュースが耳に入ってきた。


それはJRが近いうちにブルートレインの全廃を検討しているとの内容だった。来春のダイヤ改正で『あけぼの』が、再来春のダイヤ改正で北海道新幹線の開業に合わせて『北斗星』が廃止されるとの方向で話が進んでいるらしい。トワイライトEXPやカシオペアといった豪華寝台列車やサンライズEXPは今後も運行される予定であることなど、ニュースコーナーの中で伝えられたそこそこ詳しい内容だったので信憑性はあるものと思われる。


ブルトレ自体が風前の灯である今、全廃といってもその対象は『あけぼの』と『北斗星』の2種だけであるのだが、それでも「ブルトレ全廃」という言葉を改めて聞くと、いよいよ来るべきときが来たかという印象である。30年以上の歴史を重ねてきたブルートレインであるが、車両自体の老朽化に加えて航空機や新幹線や高速道路といった高速交通網が全国規模で整備されている今にあっては明らかに時代にそぐわない乗り物である。東京から青森まで新幹線で3時間、東京から札幌まで飛行機で1.5時間で到着できる中で、それよりも遥かに長い時間と割高な運賃を払ってまでブルトレを利用することは無いに等しいもので、ブルトレ全廃は宿命なのかもしれない。


私にとってブルトレの思い出というのはそう多いものではない。全国各地にブルトレが走っていた華やかな全盛期の記憶はいっさいなく、ここ数年立て続けに廃止が発表されてきた衰退期の中で興味を持ち始めた。だから私が乗車したことがあるのは『日本海』『あけぼの』『北斗星』のみであり、私にとって寝台列車というと帰省時によく利用させてもらっている『サンライズ出雲』の印象の方が強い。今になって思えば、寝台特急『出雲』や九州行きの寝台列車に乗って広島や山口で下車するなど帰省時にブルトレを利用する機会というのは幾らでもあったはずなのだが、一切利用してこなかったというのが今更ながら残念で仕方がない。いずれにしても廃止が発表されて世間が大騒ぎになる前に『あけぼの』『北斗星』にはもう一度乗ってみたいものである。




| 日常の話題 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |