ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

初秋の房総半島ツーリング(2010.9.19)

ずいぶんと報告が遅れてしまいましたが、9月の中旬に実行したツーリングのレポートです★★

仕事を始めてからはまとまった休みが取れなかったのでツーリングにも出かけていなかったのですが、この度2日連続の休みが取れることとなり、千葉・房総方面へのツーリングを計画しました。

房総半島は、これまで2度ほどツーリングをしたことがあります。1回目は2009年5月の『日本一周プレ旅行』、2回目は『日本一周東日本編』の締めくくりの地として訪れました。いずれも50ccスクーターで海沿いを走りました。なので、今回は内陸部を中心に巡ることとしました。せっかく2日連続で休みが取れたので、1泊2日の日程としました。



★初秋の房総半島ツーリング 1日目(2010.9.19)★

------------------------------------------------------

◆移動ルート:市川市⇒千葉市⇒市原市⇒木更津市
⇒君津市(久留里・亀山)⇒鋸南町・保田⇒南房総・富浦

◆宿泊地:道の駅『とみうら』

◆移動距離:176.7km

------------------------------------------------------


久しぶりの原付ツーリング★荷台にBOXを取り付け、テント類一式をロープで巻きつけます。旅立ちの準備をしているだけで、心がどんどんと高揚していきます。

コピー ~ pics201009190920 013
【千葉県市川市 久しぶりのツーリング積載(2010.9.19)】

出発はちょっと遅めの朝10:00。とりあえず、船橋⇒千葉⇒市原と東京湾岸を疾走して木更津市を目指します。国道14号・357号・16号と普段は大型車が頻繁に通る主要幹線道路を進むわけですが、この日は休日ということもあり一般の乗用車が中心。たくさんの荷物を積んだライダーも何度か私を抜いていきました。

昼過ぎに木更津市街地まで到達し、ここからは房総半島内陸部へと進んでいきます。この日のメインは、君津市の久留里(くるり)。私はもともと全国各地の名水めぐりをするのが好きなのですが、久留里も名水の地として知られる地域なので訪問することにしたのです。木更津から国道409号(房総横断道路)⇒国道410号(久留里街道)と進み、JR久留里線の久留里駅前に到着したのが15:30分頃でした。

久留里駅を出て少し歩くと久留里街道に突き当たり、久留里の町並みが広がります。あちこちで井戸水が湧き、酒造会社が多いのが特徴的です。私は駅からバイクで2分程のところにある久留里街道沿いの"高澤の水"で一服することにしました。

コピー ~ DSC03618
【君津市久留里 名水の里・久留里"高澤の水"(2010.9.19)】

コピー ~ DSC03620
【君津市久留里 豊かな水が人の暮らしを支える(2010.9.19)】



ペットボトルに水を汲むのですが、かなりの水量でひっきりなしに出てきます。サラサラしていて飲みやすい軟水といった感じでしょうか。私はどちらかといえば硬水が好きなのでちょっとイマイチでしたが、それでも満足のいく美味しさではありました。

久留里街道をさらに南下し、国道465号に入り上総亀山を目指します。国道沿いにはあちこちに水汲みポイントがあり、私もその都度立ち寄るようにしました。

コピー ~ DSC03622
【君津市久留里 銘水 (2010.9.19)】



こんなにも美味しい水があちこちで、しかも自由に無料で利用できる国なんてほとんどないのではないでしょうか。「水」は日本の豊かな自然を象徴する誇るべき財産であると思います。水源を守り、水質を維持されている方々には本当に敬服します。わざわざ外国から水を輸入し、お金を払ってPETボトルを購入することが当たり前となっていることに我々はもっと疑問を感じなければならず、その習慣から決別しなければならないと私は考えています。

木更津から伸びる久留里線の終着駅・上総亀山駅を訪問しました。周辺には亀山湖やキャンプ場などの施設があり、駅前からバスやタクシーも出ていますが、列車で訪れるレジャー客というのはごく僅かなものです。

コピー ~ pics201009190920 017
【君津市亀山 久留里線の終着地 (2010.9.19)】

コピー ~ DSC03625
【君津市亀山 久留里線終着・上総亀山駅 (2010.9.19)】


駅周辺はこじんまりとした集落になっており、のどかな景観が広がります。駅前で休憩をしていると埼玉方面から自動車で訪れたという方と出会い、日本一周の話や旅の話などをしました。

亀山湖周辺を爽快に走ります。湖では釣りやボートを楽しむレジャー客も目立ちました。私はここで内陸部から再び沿岸部へ抜けることにしました。国道410号&県道34号"長狭街道"を通って、内房の漁業の街、鋸南町・保田を目指します。

コピー ~ pics201009190920 021
【 君津市亀山 亀山湖 (2010.9.19) 】

町内にある道の駅『きょなん』を本日の野宿地と定めていました。ここは日本一周の時にいちばん最後の野宿地となった場所です。思い出の場所であり、近くに温泉もあるということで定めてのですが、思いもよらぬアクシデントが起こります。

保田の街中に入ると街中がやけに賑やかで、どうやら町内はお祭りのようなのです。車の出も人出もものすごく、とりあえず温泉には入ったのですが、道の駅『きょなん』にテントを張ることは断念せざるを得ませんでした。南総地域の主力スーパー『ODOYA』で食料調達し、海沿いを館山方面へ向けて走りながら野宿地を探すことにしました。

まずは一番近いところにある道の駅『ハイウェイオアシス富楽里』に行ってテントを張れそうな場所を探すのですが、どうも納得の行く場所が見つからずに断念。既にあたりは真っ暗になっていたので急いで南房総市・富浦の道の駅『とみうら』を目指します。ここは以前にも野宿をした場所であり、その時と同じ場所にテントを張りました。この時、時刻は19:30でした。
スポンサーサイト

| 10年9月/房総半島 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『龍馬伝』最終回 ~龍の魂~

最終回を迎えてしばらく経過してしまいましたが、最終話を見終わっての感想を書きたいと思います。


龍馬暗殺というシナリオが分かっていることもあってか、これまでの回とは異なる雰囲気を序盤から感じていました。龍馬を狙う不穏な空気が漂いまくっていて、龍馬の人生を振り返る回顧的なシーンも多かったように思います。特に岩崎弥太郎とのシーンには胸が熱くなりました。

近江屋に潜伏していた龍馬は、中岡慎太郎とともに京都見廻組の襲撃を受けて暗殺されます。龍馬は襲撃を受ける前に物音を聞き、近江屋の住人が騒いでいるのだと思い込み、「ほたえな!(騒ぐな!の意)」と言い、京都見廻組に自らの居場所を伝えてしまいます。そして龍馬は襲撃を受けて間もなく絶命します。

龍馬が暗殺されてから、ドラマがエンディングを迎える間がものすごく短くいのが印象的でした。龍馬の回顧的シーン、龍馬の死を受けての周囲の人々の反応、龍馬暗殺後の時代の動きなどの要素が入ってもいい場面ですが、『龍馬伝』というだけあってか、龍馬の死=ドラマの終わりということを強調する演出でもあったのではないかと思います。

悔やまれるのは、襲撃のその瞬間に知事選挙のテロップが流れてしまい、画面が非常に見にくかったことです。襲撃される龍馬と選挙の文字がかぶってしまったため、これには私もしらけました。私の記憶だと、ドラマの序盤にも別の選挙のテロップが流れることがあり、再度テロップが出るのではという嫌な予感を抱いていました。それが見事に的中した形です。

テロップ事件を除けば最終回も満足いく内容で、『龍馬伝』全体のしめくくりとなりました。結局最後まで一話も見逃すことはなかったです。私の中で、おそらく永遠に記憶に残るであろう、最高の大河ドラマとなりました★

| 日常の話題 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |