ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

魚のいない水族館

 どうもです。証明写真を撮りに行ったら、運悪く定休日でした今日この頃です。





 今年度もうちの学校では選択科目の授業(講座)が開講され、今日第一回の授業がありました。昨年度は沖縄県の文化についての授業を外部講師を招いてやってもらったのですが、今年度は沖縄に限らず日本全国に幅を広げて『日本再発見』という形で講座を開講しました。



 第一回目の今日は石川県を取り上げました。こないだ起こった地震についての話をしてもらったり、石川県にまつわるクイズを出してもらいました。



 この講座は3年生が対象なのですが、昨年度まで私が社会科を受け持っていた学年で、今年度から1学年に移ったので、久々に3年生の前で授業をするということでかなり懐かしく、また嬉しくもありました。

スポンサーサイト

| 教師生活 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワーキング・プア

 どうもです。最近首筋にあせもができてしまい、かゆくてかゆくて困ってます今日この頃です。



 今テレビを見ていると、日本テレビの「NEWS zero」の中で、我が故郷、島根県・益田市のことが紹介されていました。http://www.ntv.co.jp/zero/



 内容は「最低賃金で暮らす家庭」というタイトルで、私と同世代のシングルマザーの人が、厳しい経済状況の中で子どもを育てているという現状が紹介されていました。



 島根県の最低賃金は614円。この600円台という数値は、先進各国の中では極めて低いそうです。フランスでは1300円台という最低賃金が保証されているとか・・・。ちなみにテレビで紹介されていた人は、私の知っている人でして、その人が「最低賃金で暮らすシングルマザー」という内容でテレビに出ていることが私にとっては衝撃でした。



 働いても働いても改善されない暮らし。彼女の年収は140万円だそうです。この収入で家賃や光熱費や食費は勿論、子育ての一切を賄わなければならない現実。彼女の冷蔵庫は空っぽで、化粧品は100円ショップでした。



 自分の故郷で、同世代の人間が、このような厳しい生活をしていることに私はすごくショックを受けました。自分とは関係のないところの問題だと認識していた「ワーキング・プア」が、決して人事ではないことに気づきました。



 働いても働いても暮らしが改善されないのなら、何の希望を抱いて人生を歩めばよいのかわからなくなります。一旦貧困に陥ると、そこから抜け出すのは困難が伴います。さらに貧困が親から子に伝わり、十分な愛情とまともな教育を受けられないまま子どもが育って社会に出てしまう。



 貧富の差が存在すること自体は、私は悪いこととは思いませんが、最低限の生活さえ保障されないような極端な格差の存在はいかがなものかと思います。格差に苦しむ人々、財政状況が悪化の一途をたどる地方の自治体。格差によって生まれた弱者が見捨てられるのではなくて、夢と希望を持って救われる社会にしていきたいものです。

| 主張・意見 | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バナナはおやつに入るのですか?

 どうもです。一週間ぶりの更新でどうもすいませんです今日この頃です。



 今週の日曜のことなんですが、島根から母親が尋ねてきました。母親は看護師なのですが、慶応大学への出張があったらしく、そのついでに家にやってきたのです。



 家にいても退屈なので、とりあえず私の職場に連れて行きました。といっても、日曜なので学校は開いてませんが・・・。ただ子どもと会ってしまう可能性があり、母親と一緒にいる場面は見られたくないので、一定の距離感を保って校舎外から周囲を見学しました。



 その後、学校のすぐ近くにある舞浜駅に行って、イクスピアリで一通り買い物をして、晩御飯を食べて帰りました。あっという間の滞在時間でしたが、仕事の関係でなかなか実家に戻ることが出来ないので、有意義な時間になりました。

| 日常の話題 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

そうだ、京都行こう

 どうもです。クレアラシルは医薬品です今日この頃です。ニキビは青春の象徴です。





 さて、我が校の3年生は今日から京都・奈良方面へ修学旅行に出かけました。本当はとってもついて行きたかったのですが、学年が違うのでこればかりは仕方がないです。3日間無事に行程をこなしてくれればよいのですが、そう思っていた矢先、早速トラブルがあったとの電話が・・・。どうやら他校の修学旅行生とトラブルになって相手を殴ったのどうだのという情報がきました。何かトラブルを起こすと、当然ながら強制送還も考えられます。やっぱりクラスのみんなで校外に出るとどうしても気持ちが高ぶるというか、もう抑えが利かなくなるんだと思います。



 そしてもうひとつ残念なことが・・・。最近ニュースにもなっている麻疹(はしか)が我が校でも若干流行ってまして、感染力の強い病気ということで、生徒は感染すると出校停止になります。気の毒なことに、普段部活や勉強をとても一生懸命頑張っている子がこういうタイミングで麻疹や水疱瘡にかかってしまい、4名が欠席になりました・・・。これは本当に可愛そうです。普段の努力がこういうところで報われないなんて、どうかしてますよね。

| 教師生活 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スリジャヤワルダナプラコッテ

 どうもです。コンビニで買った赤いきつね風おにぎりと、緑のたぬき風邪おにぎりを食べたら、緑のたぬき風おにぎりのほうが美味しかったです今日この頃です。



 今日のニュースの中に、世界遺産登録目前とされていた島根県の「石見銀山遺跡」が登録延期になったというニュースがありました。私の故郷島根県から世界遺産物件が出るということで、過疎化や産業の空洞化に悩む同県は、世界遺産登録にかなりの労力を注いでいました。ここ最近世界遺産登録件数が増加傾向にあって、UNESCOは登録抑制傾向にあるとの事ですが、石見銀山もその対象とされたのでしょうか。



 ただ、自分は今回の登録延期についてはありがたい結果だと考えています。それは石見銀山の価値うんぬんの話ではなくて、世界遺産登録によって、観光客が増加して、地域が潤うという理想を持っているのなら、そんな幻想は持つべきではないということを言いたいのです。



 確かに我が島根県は、過疎化の進んでいる地域が多く、世界遺産登録をして観光客を増加させて地域を活性化しようという考えが出るのは当然のことです。しかし日本国内の事例を見ても、世界遺産登録によってそれまでの生活ががらりと変化した地域がたくさんあります。白川郷では多くの観光客が街を練り歩くことで住民の生活やプライバシーがないがしろにされ、観光によって増収した家庭とまったく何の変化もない家庭との軋轢が生じたとも言います。知床では、自然環境の保護のために、それまでそこで漁をしてきた漁師の生活が脅かされているとも言います。



 石見銀山はその二の舞になって欲しくないわけです。世界遺産は必然的に観光と結びつきます。てことは、観光客を受け入れるための道路や駐車場やホテルが必要です。でもGW、夏休み、年末年始など特定の時期にしかまとまった観光客が見込めない日本の余暇事情の中で、その数日間のニーズにたる容量を整備するのは、あまりにも不効率です。そんな不安定な観光事業を生業にしても決して生活は安定しないし、地域が活性化するといってもそれは一過性のものに過ぎないと思うのです。



 世界遺産登録に力を注ぐ以前に、日本の余暇事情を充実させることに力を注いだほうが実用的だと思います。

| 主張・意見 | 00:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛のしるし

 どうもです。GW最終日の今日、雨なので自宅でまったり過ごしている今日この頃です。明日から学校だと思うと憂鬱です。始まってしまえば問題ないのですが、始まるまでのこのどんよりとした気持ちが嫌です。いわゆる「サザエさん症候群」ですかね・・・。





 さて、ついに我が家にも待ちに待った地上デジタル放送がやってきました!Let’s地デジです☆



 私の住んでいる地域にはケーブルテレビの会社がありまして、申し込みをすると、地上デジタル・BSデジタル・CS放送などを見ることが出来ます。おまけにインターネットサービスもやっていて、ネット接続+テレビ視聴で月々6000円ちょっとという格安の値段で、いつかここに切り換えたいと思っていて、ようやく切り換えました。



 自分は結構テレビっ子でして、特に野球やサッカーなどのスポーツ番組は、国内外を問わずなんでも見ます。実はスポーツ観戦大好きです☆☆CS放送は、スポーツ専門チャンネルだけでも6チャンネルあって、音楽やニュースや映画などの各専門チャンネルを合計すると40チャンネル近くあります。それに加えて民放の地デジチャンネルや衛星放送もあるわけで、私にとって夢のようなテレビライフが到来したわけです。



 とりあえず、リモコンの使い方がさっぱり分からないので早く覚えるのと、テレビ周辺のケーブル関係の整理が至上命題です。

| 日常の話題 | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紅しょうがと七味唐辛子はおつけしますか?

 どうもです。くだらないことはさておき、仲良く餃子を食べましょう今日この頃です。



 



 最近めっきり自炊をする機会が減り、外食に頼りきりの私のグルメライフなのですが、今晩のメニューは吉野家の牛丼にしました。やっぱ辞めて豚丼にしました。



 私はよくこの店のテイクアウトを利用するのですが、今日店に行ってみると、いかにも新人さんらしきスタッフが、先輩スタッフにあーだこーだ言われながら仕事をしていました。見るからに高校生くらいの女の子で、きっと高校に入学して初めてバイトしてるんだろうなーという感じのたどたどしさがありました。注文を聞く声とか、レジ打ったりおつりを渡す手が震えていて、思わずコチラから「頑張ってくださいね」と言ってあげたくなりました。なので、本当に言いました。なんか教えている先輩スタッフがちょっと言い方きつめだったので、余計に言ってあげたくなりました。



 新人教育というのも上司に求められるスキルのひとつだと思います。私は今年で2年目になるわけですが、私が副担任をしているクラスの担任は、4月にこの学校に赴任してきた新採教員なのです。だからこの学校のことやクラス経営や校務分掌などいろいろと教える機会が多いです。当然日常生活の中では、クラスのサポートをしたりします。



 なので、いろいろと教えたりアドバイスすることが多いのですが、教える側としてどうすれば相手にわかりやすく伝わるのかやどのような教え方であれば相手の気持ちを傷つけたり、モチベーションを下げずにすむのかをよく考えます。先輩後輩はあってもお互い人間ですから、教え方ひとつで誤解が生じたり相手の気持ちが切れてしまったりということもありえます。



 後輩をその気にさせるというかやる気にさせる育て方について、私自身も日頃勉強させてもらってます。

| 教師生活 | 23:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |