FC2ブログ

ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

(一日目) 3年ぶりに東北の地へ

蒸し暑い日が続いた6月も月末を迎え、多忙な毎日が続いた今週もどうにか乗り切りました。ちょうどこの日は夏の賞与の支給日でもあり、日々の激務が報われる瞬間でもあります。基本的に今の仕事にやりがいや楽しさは全くありません。ただ金のために割りきって感情を押し殺して働いているだけです。きっと年間四か月分にも及ぶ賞与と休暇制度をはじめとした充実した福利厚生がなければこんな職場早々に辞めていることでしょう。そしてこれからはじまる大規模活動こそが本来の自分と日常では眠らせている自分の感情を覚醒させる時です。

今回は土日休みに加えて月曜を有休で休みとし、3日間の予定で東北地方を巡ります。東北地方と言ってもわずか3日間で巡れる地域は限られている訳で具体的な活動地域はここでは伏せますが、随時更新予定の活動報告をご覧いただきながらお楽しみください。
スポンサーサイト



| 18年6月/東北 | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

難しい選択

活動の序盤から難しい選択を迫られています。

本活動では今晩の高速バスで大阪へ向かい空路で東北入りする予定でした。復路も同経路で月曜晩に高速バスに乗り翌朝帰着するつもりでいました。

しかしここにきて大きな悩みが噴出しました。帰路の高速バス乗車時間とサッカーW杯の日本対ベルギー戦の試合時間が重なりテレビ観戦ができないのです。これを解決するためには大阪までの往来を自走に切り替え、車内ナビで観戦する以外に方法はありません。しかしながら本活動では目的地での移動手段はレンタカーを考えており、大阪までの往復までもを自走にしてしまえば運転づくめになってしまい、疲れが蓄積されて活動全体が破綻することを危惧しています。

サッカー観戦を諦めるか、それとも疲労の蓄積を承知で自走するか、悩みどころです。

| 18年6月/東北 | 17:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

芸北オークガーデン

DSC04807.jpg

北広島町の芸北オークガーデンにて風呂に入ります。冷涼な気候の中国山地の山中にあり、湿気こそあるものの浜田よりも随分と涼しく感じます。

何の特徴もない循環湯ですが、いつ訪れても空いていて開放的な風呂場は一日の汗を流し疲れを癒すには十分で、特に涼しい風に吹かれながらの露天風呂は爽快です。仕事着から楽なTシャツとハーパンに着替えこれで旅の準備は万端です。

| 18年6月/東北 | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自走を決意

DSC04808.jpg

前の記事で北広島町の地名が登場したことで私の決断を読み取った方もいるかもしれません。熟考の末、自走で大阪に向かうことにしました。中国道までは下道を走り、千代田インターから中国道に入りました。現在は三次の先の七塚原SAにて晩飯をかねて休憩中です。

決断の決め手はやはりサッカー見たさが勝ったからに他なりませんが、千代田から大阪までの距離は約300kmで時間にして約三時間半かかります。適度にカーブのある中国道は以外にも睡魔に襲われないことは過去の経験から分かっており、さらに交通量の少ない夜間に移動すれば疲労も最小限に抑えられると判断しました。これに加え、大半が高速道路となればクルーズコントロールがその威力を発揮してくれます。アクセルを踏む必要がなく、加速減速が手元のボタンひとつで操作できるクルーズコントロールの存在感は抜群で、これまでの活動でも疲労軽減に大きく貢献してくれています。往路については時間的余裕も十分にあり、仮眠をとりながら進むつもりです。

| 18年6月/東北 | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大阪国際空港到着

DSC04812.jpg

早朝五時前に大阪国際空港に到着しました。

やはり中国道は走りやすく、交通量の少ない夜間であること、雨が降らなかったこと、そしてクルーズコントロールをフル活用したことにより疲労は最小限に抑えられました。途中の楢原と西宮名塩で十分な仮眠時間を確保できたため眠気もほとんどなく目的地での活動に支障はなさそうです。

早朝五時。既に周囲は明るく、何処か懐かしく古めかしい雰囲気の残る大阪国際空港は早朝から人の動きが活発です。続々と到着する搭乗客もさることながら、制服を身にまといばっちり化粧をした空港関係女性職員が続々と出勤してくる光景は朝の空港の象徴的な光景です。印キャビンアテンダントか地上職員かはたまた飲食店の店員か…。そんなことを想像しながら六時の登場手続開始を待っているところです。

| 18年6月/東北 | 05:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT