ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

米沢・裏磐梯が呼んでいる

毎度毎度の話になるが、仕事を終え、さあこれから旅立つのだという旅立ち前のひとときがたまらない。



業務に多忙を極める日々の生活から解き放たれ、無心に旅のことだけに向かい合える自由を手に入れたのだ。気持ちの高鳴りを抑えつつ、これから向かう旅の道に一人静かに思いを馳せる。


今回も、旅先からは『速報版』的な感じで活動内容を適宜記事にして更新していく。旅終了後に画像や後日談を加えながら『完成版』をこしらえていく予定だ。紅葉真っ盛りのこの時期のしかも土日に裏磐梯に行くなんて、どう考えたって激混みだろ。まったく気が狂ってんじゃねえかとお思いの皆様も、その奇異な眼差しを向けていただきながら旅の行く末をお楽しみ下さい。
スポンサーサイト

| 12年10月/米沢・裏磐梯・喜多方 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京駅 八重洲南口

fukushima20120407.jpg



最近何かと話題の東京駅に到着。


八重洲南口まで移動し、福島行きのバスを待つ。


fukushima20120408.jpg


この八重洲南口のバスターミナルがたまらない!金曜日の夜ということで、どこの路線もかなり賑わっている。


八重洲南口は非常に手狭なBTなのだが、そのごちゃごちゃした感じがたまらない。八重洲のオフィス街で働くサラリーマンが仕事を終え、改札へと急ぐその経路にBTが横たわっているために、日常と非日常が激しく混合している空間なのである。大半が家路を急ぐサラリーマンの中にあって、大きな荷物を抱えて今旅立とうとしている人たち。いろいろな目的で全国各地へと向かう人々の人生が交差する。バスの行き先表示を見て、ふるさとを思うサラリーマンも多いのではないだろうか。






| 12年10月/米沢・裏磐梯・喜多方 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドリーム ふくしま・横浜号

fukushima20120409.jpg


fukushima20120410.jpg



今回利用する高速バスの紹介。



JRバス東北の『ドリーム ふくしま・横浜号』である。



その名の通り横浜駅が始発で、東京駅を経由して郡山・福島へと向かう夜行バスだ。



もともと福島へと向かう高速バスというのは便数はそう多くなく、ツアーバスや昼行の『あぶくま号』、さらに福島を経由して仙台まで行ってしまう『スイート号』を除けば、福島行の唯一の夜行高速バスということになる。仙台行きの夜行バスは非常に多いのだが、福島が終点となるバスは非常に少ない。やはり仙台ほどの大きな需要がなく、夜行バスの距離としては若干短いというのも要因か。

座席は残念ながら中央の4B。

暗闇を切り裂いて、東北道を北上する。



-------------------------------------
JRバス東北『ドリーム ふくしま・横浜号』

東京駅八重洲口(23:59) →福島駅東口(6:10) 4B

| 12年10月/米沢・裏磐梯・喜多方 | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島事件

それは真夜中の出来事だった。

皆が眠りについているなか、けたたましい警告音と室内灯の点灯で強制的に目が覚めた。非常の際に鳴る警告音が止まらなくなるという原因不明のハプニング。非常ドアやトイレを検索するがいっこうに鳴り止む気配がない。電話で支店とやりとりしながらおおよそ30分近くを費やしてなんとか復旧した。

これが後の歴史に刻まれる『福島事件』である。


賞賛すべき点は、非常事態にも関わらず運転手氏のお客に対する気遣いが丁寧で、食ってかかるお客もおらず皆が辛抱強く待っていたことだ。

そしてこれだけのトラブルにみまわれたにも関わらず、なんと福島駅には定刻より10分早着というのはまさに伝説だ。


| 12年10月/米沢・裏磐梯・喜多方 | 06:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島交通 飯坂線

fukushima20120411.jpg


fukushima20120412.jpg


fukushima20120413.jpg


レンタカー受け取りの九時まで時間があるので、福島と飯坂温泉を結ぶ飯坂線の電車に無駄に乗車。

fukushima20120414.jpg



温泉に入るという手もあるのだがここでは我慢。一通り温泉街を散策し、再び福島駅へ戻ることにした。

| 12年10月/米沢・裏磐梯・喜多方 | 06:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT