FC2ブログ

ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

≫ EDIT

宿泊帳簿80.戸畑 いくよ旅館

小倉競馬開催時の定宿としていた大成旅館が残念ながら廃業となりました。小倉周辺のビジネスホテルは料金がやや高めで、カプセルホテルやゲストハウスもあるにはあるのですが今いち気乗りしません。大成旅館のような昔ながらの駅前旅館はないものかと範囲を広げて探していたところ、小倉から鹿児島本線で3駅の戸畑駅前に「いくよ旅館」があることを知り、早速電話を入れて予約を取っての宿泊となりました。


DSC05627_2018081622333915b.jpg

立地は戸畑駅の北口からすぐの場所。ただし北口には改札がないため南口から地下道を通らなければならず、徒歩3分といったところでしょうか。駅から若戸渡船へと伸びる目抜き通りの一本裏手の住宅地。ちょうど十字路の交差点の一角に交差点の中心に向かって玄関を構えた堂々たる佇まいのいくよ旅館が姿を現します。玄関上には「国鉄推薦旅館・日本観光旅館連盟 いくよ旅館」という木製看板が掲げられ、圧倒的な存在感を放っています。





DSC05575.jpg

DSC05576.jpg

DSC05579.jpg

玄関を開けて挨拶をすると60代後半くらいのご主人が暖かく迎えて下さり、二階の一番手前の「松の間」へと通されました。既に冷房が入っていて客室はひんやり涼しく、さらには冷水をいただいたりと細やかな配慮が助かります。客間は日本人形の置かれた床の間に床脇に窓際の広縁という八畳ほどの和室。テレビやコンセントや自己制御可能なエアコンといった必要最低限の設備は整っていて何ら不自由しません。目を引くのは客室内の欄間や硝子引き戸、さらに客室入口部分の庇屋根に丸くくり抜いた砂壁など造作部分が細部にまで凝られており、これはおそらく客をもてなす思いから設計された初代宿主と当時の職人の心が深く反映されているものと推察します。旅館全体のつくりは主に一階部分が宿主の居住区域と風呂、二階に客室と便所と洗面所と洗濯物干場。外観からは想像がつきませんが奥行きがかなり広く、内部構造は迷路のようで複雑奇異な造りになっています。




DSC05598.jpg

DSC05606.jpg

DSC05610.jpg

DSC05608.jpg

DSC05604_20180816223359dc2.jpg

DSC05611_20180816223434170.jpg

DSC05616.jpg

DSC05618_20180816223419b3f.jpg

DSC05626.jpg


ご主人の話によれば、いくよ旅館は築100年近い建物だそうです。北九州工業地帯が繁栄を極めていた頃には戸畑にも多くの労働者が集まって毎晩のように宴会で賑わい、数多くの著名人もこの宿に宿泊したそうです。戸畑駅南口から洞海湾に向かってまっすぐ伸びる目抜通りには「銀座」という地名が残っており、その一角には小料理屋が集まるバラック状の店舗が今なお残されています。その先には若戸渡場があり、対岸の若松とを結ぶ若戸渡船が発着しているのですが、海を渡ってきた労働者が戸畑駅まで歩くこの目抜き通りは北九州工業地帯全盛期はたいそうな賑わいだったのでしょう。今ではその賑わいはすっかり失われていますが、若戸渡船は未だ現役で100円の乗船料で片道3分の船旅を楽しむことができ、私も特に用事はありませんでしたが往復乗船しました。対岸の若松渡場には上野海運や鶴丸海運といった海運会社の事務所が残り、渡場周辺の古めかしい風情は秀逸。一方の戸畑側も斜陽化したとはいえ新日鉄住金や日本水産をはじめとした工場群は健在です。駅の北側の中本町にはあやめ通りという飲食店や食料品を扱う市場が密集するアーケード商店街が残り、薄暗くて澱んだ雰囲気と生臭く人間味のある雰囲気が共存しており、生活感漂う独特の風情がたまりません。一方で戸畑駅前のかつての工場跡地にはイオンが進出しており、あやめ通りとは対照的な圧倒的な集客力が印象的でした。戸畑駅周辺を歩くだけで日本の産業の発展と衰退が手に取るような気がして、その中で北九州の栄枯盛衰を100年にわたり見守ってきたいくよ旅館に一晩世話になることの意義を感じました。



DSC05630.jpg

この日は土曜日でありながら宿泊客は私だけで夜はひっそりと静まり返っていました。築100年の建物も老朽化が進んでおり、複雑で繊細な造りの旅館は維持管理や修復修繕にも大きな負担がかかります。消防やバリアフリーの観点から現代の基準をクリアできない部分もかなりあると思われます。宿主もこの先いつまで続けられるか私にも分からないと仰っていました。一泊素泊りで4,500円というのは良心的な値段で、小倉周辺のビジネスホテルと比べると安価です。ただそれ以上にこれほどまでの歴史ある駅前旅館は全国探してもそう多くはなく、いくよ旅館に宿泊すること自体に価値があるともいえます。小倉の大成旅館が廃業となった今、次なる定宿はこの「いくよ旅館」になるかもしれません。


<2018.8.4> 一泊素泊4,500円(電話予約)

■いくよ旅館
福岡県北九州市戸畑区南鳥旗町7-3(戸畑駅北口徒歩2分)
093-871-2194
特記事項:築100年の駅前旅館、若戸渡船、アーケード街、駅前にイオン
スポンサーサイト

| 日常の話題 | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宿泊帳簿79.島原 島原ステーションホテル

DSC05293.jpg

確かに島原駅徒歩圏内ではあるのですが、かといって「ステーションホテル」を名乗るには違和感がある微妙な距離にあるのが島原ステーションホテルです。万町商店街入口に程近く、飲食店や水汲み場や公衆浴場の島原温泉は徒歩圏内で、アーケード商店街なので雨に濡れる心配もありません。すぐ隣にはファミリーマートがあるのでちょっとした買い出しにも困りません。



DSC05294.jpg

DSC05226.jpg

DSC05295_20180810202439965.jpg

建物自体は年季が入っていますが、フロント前には大きな革張ソファーやテーブルが鎮座する重厚感のある広々としたロビーがあり、老舗の地場ホテルとしての貫禄を感じます。客室は自己制御可能なエアコンと冷蔵庫付。島原城天守を正面に眺める客室を充当されたのも幸運でした。チェックイン時のペットボトル飲料の無料サービスに同じく無料で利用可能な貸自転車といった嬉しいサービスだけでなく、当ホテルは別記事にて紹介している居酒屋「まどか」とも提携しており、突き出しが無料になるサービス券を貰えるのも利点です。

「まどか」を辞去してホテルに戻る際、駐車場の一角に屋台が出ているのを発見しました。おでんだがラーメンだかを出している様子で席は客でほぼ埋まっていたのですが、既にまどかでの飲み食いで腹一杯であり、後ろ髪を引かれながらホテルへ戻ったのです。これについては次回に向けた宿題としておきます。


<2018.7.15> 一泊素泊4,300円(楽天トラベル利用)

島原ステーションホテル
長崎県島原市今川町930
0957-65-0666
特記事項:飲み屋街至近



| 18年7月/長崎 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呑処巡礼 三十三番 ~島原 まどか

DSC05250.jpg

島原の居酒屋を訪ねるにあたり事前にネットで下調べをしたのですが、「まどか」も候補の一つでした。ところが日曜日のこの日はまどかは定休なのです。ホテルのフロントでお勧めの店を尋ねるとまどかの名が挙がりましたが、やはり日曜日は休みだと言われたのです。そんな訳で別の店を目指してホテルを出たのですが、すぐ近くの万町商店街アーケードの一角にあるまどかの店先を通ると店周りには明かりがついており、どうにも営業している雰囲気なのです。そして店先に今日の日付に入った「本日のおすすめ」が掲げられていたことから確信に変わり、これはもうこの店に決めろという神様のお告げだと悟り、反射的に店の扉を開けていました。まだ早い時間だったので、一時間半後に再来店すると告げてカウンターの一席に予約を入れました。その後、夕涼みと空腹感の醸成を兼ねて島原の街をゆっくり散策し、満を持してまどか入店と相成りました。

どうやら普段の日曜日は休みで翌日が祝日の場合に限り営業しているのだそうです。閑散として暗い雰囲気の万町商店街にあって、「まどか」の外観は明るく店内も多くの客で賑わっていました。カウンターもほぼ満席の状態で空いている一席に案内されましたが、隣席との間隔が広く体の大きい私には大助かりです。




DSC05251.jpg

突き出しは小鰯と赤山海老の煮物。南島原の麦焼酎「青一髪」でちびちび始めながら発注の構想を組み立てます。目の前の冷蔵ケースには新鮮な長崎の魚介、右手には大皿料理が4~5種類、左手にはじゃがいもやアスパラガスといった雲仙の夏の野菜が並びます。昨日の「案楽子」で鯨の美味しさを思い知らされてからというもの鯨肉への欲が治まらず、幸いにも「本日のおすすめ」の中にさらし鯨があったため、雲仙ハムの燻製サラダと合わせて迷わず発注しました。さすがに前日食した生鯨には劣りますが、適度に塩分と脂分が落とされたさらし鯨はポン酢で食すとあっさりしていて美味。みじん切りにされた長崎定番の雲仙ハムがたっぷり入ったポテトサラダも濃厚な味わいで美味しく、長崎の海と大地の食の象徴の競演で絶好の滑り出しとなりました。



DSC05252.jpg

二巡目は天婦羅と決めていたのですが素材選びでかなり迷いました。選んだのは夏の食材でもある烏賊ゲソととうもろこし。酒は日本酒に切り替え会津若松の寫樂を発注しました。以前に青森の居酒屋で岩木山麓で栽培された「嶽きみ」というとうもろこしの品種の天婦羅を食したことがあり、香ばしさと甘さに心底感動したことがあります。とうもろこしは甘味が強く烏賊ゲソはコリコリした食感がたまらず、岩塩とカレー風味の塩との相性も抜群。





DSC05253.jpg

まだ腹に余裕があったので三巡目に突入。品書を眺めているとだし巻き玉子と自家製明太子に目が留まり、それならばと追加で白御飯まで発注しました。だし巻き玉子は最近の居酒屋巡りではほぼ必須で頼むのですが、明太子は隣の客が食しているのを見て気になっていたのです。発注の際に板前さんが「少し炙ってお出ししましょうか?」と聞いてきたためお願いしたのですが、自家製明太子と炙りという食し方にかなり自信があるのでしょう。表面の香ばしさと魚卵の詰まった内面とのバランスが絶妙で美味しく、今回頼んだ品の中では一番のお気に入りになりました。

外観だけ見ると少々敷居が高そうな雰囲気もあるのですが、まだ創業8年という若い店は従業員の方の接客も明るく親切なだけでなく距離感が絶妙で非常に居心地が良いのです。一人客には量を少なめにしてくれるなど細やかな配慮もあるほか、料理が盛られる食器類にもセンスが感じられたりとさりげない心配りや飾り気がたまらないのです。次に島原を訪ねた時にも是非利用したい名店です。


・青一髪(麦・南島原)
・寫樂(会津若松)
・ライムサワー
・巨峰サワー
・小鰯と赤山海老の煮物(突き出し)
・さらし鯨
・雲仙ハムの燻製ポテトサラダ
・とうもろこし天
・烏賊げそ天
・だし巻き玉子
・白御飯
・自家製明太子炙り


<2018.7.15>


まどか
長崎県島原市万町516
0957-64-8677
17:30-24:00(L.O.23:30)
定休:日曜日

| 18年7月/長崎 | 20:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

小倉競馬 第2回(8/4~8/5)

夏の小倉競馬が始まって二度目の週末を迎えました。先週は地元の友人と帯同して小倉に向かう予定だったのですが運悪く台風接近により出発を見合わせたため、今週末が初めての小倉となります。これから約1か月にわたり毎週末は小倉へ通い競馬三昧という日々が続きます。

小倉へ通う際は往路は山口経由の一般道で、復路は萩経由の高速利用でというのがほぼ固定化されています。往路は車通りの少ない時間帯を狙って前日の夜に出発して途中で仮眠をとるか当日の早朝に出発するのですが、今回は当日の早朝4時に出発しました。自宅から山口市宮野まで70分、宮野から関門トンネルまで70分、関門トンネルから競馬場まで30分というのがこれまでの経験則ですが、概ねその時間どおりに運行して朝7時には競馬場周辺に到着しました。少し時間があったので守恒の「コメダ珈琲店」に入店して朝飯兼競馬予想の時間としました。



DSC05574.jpg

土日にわたり灼熱の小倉に滞在しました。特に日曜日は重賞GⅢの小倉記念が行われ、さらに女性に人気の俳優が競馬場に来場するとあって小倉競馬場は4万人を超える過去最高の入場者数を記録したそうです。若い人や女性を取り込み競馬人口を拡大する狙いがあるのでしょうが、純粋に競馬を楽しみたい当方としてはいい迷惑です。

競馬場の室内は冷房が効いており、また屋外であっても屋根下の日陰であれば涼しいのですが、競馬は昼休憩以外はほとんど休む暇なく次から次へと12レースが行われるので、涼しい場所で一息つく暇はほとんどありません。基本的には馬を見るパドックとレースを観戦するスタンドを往復する過ごし方になるのですが、パドックで間近に馬を観察しようと思ったりレースを近くで見ようと思うとどうしても日向に出ざるを得ず、しかも直射日光の下大抵の場合は立ちっぱなしになるので予想以上に体力を消耗します。もちろん予想で頭も使いますから最終レースが終わった頃には心身ともにクタクタになるのです。その努力が報われれば疲れも吹っ飛ぶのですが、残念ながら今回は惨敗の結果となりました。私は1位と2位を順不同で当てる「馬連」という買い方がほとんどで1レースにつき千円程使います。土日の全24レース中5レースを当てたのですが、いずれも人気馬の組み合わせで配当が低く、配当金は合計で3千円という寂しいもので合計収支は大赤字という結果でした。全くの外れなら踏ん切りもつくのですが、片方が1、2着でもう片方が3着とか4着とかという惜しい結果が続くものだからたまりません。そしてこの悔しさ晴らしは次回の週末開催へと持ち越されることになります。

| 日常の話題 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宿泊帳簿78.野田村 苫屋

今回の活動の舞台を東北としたのは、「苫屋」へ宿泊したいという思いがきっかけでした。宿はテレビもなく通信会社によっては携帯も通じない。さらにHPも電話もないので予約は手紙のやりとりでのみ行うという今の時代では異色の宿です。かつて郵便の仕事に携わった者として、日々手紙を通じて人との交流を重ねている宿に一度宿泊してみたいという思いが湧き、連休明けに手紙を差し出したところ、宿主の奥様の丁寧な字で返信があり、本日の宿泊と相成りました。




DSC04861.jpg

野田村の山間部にある苫屋。「南部曲がり屋茅葺き民家」の宿です。岩手県の伝統的家屋に宿泊できるのは貴重な経験です。当初電話もなく携帯の電波も入らない場所と聞いていてそれ故に郵便という手段を利用しているのだと解釈し、さぞかし人里離れた山奥だろうと推察していたのですが、実際には何処の地域にもある山間集落の一角にあり決して生活に不便な辺鄙な場所ではありません。人里離れた辺鄙さを期待して向かうと少々がっかりするかもしれません。






DSC04865.jpg

夕方に到着して早速部屋に通され荷物を降ろし、囲炉裏端でお茶をいただきながら暫しの間歓談しました。苫屋を営むS夫妻はかつては世界を旅してきた旅人だそうで、出身は大阪ですが縁あって野田村の地に暮らし始めたそうです。髭面で穏やかな語り口調のご主人と晩の料理の準備をしながら時折手を停めて会話に混ざってくる活発で器用な奥様で外見もどことなく旅人的な風貌を感じます。テレビもなく電話もないのは常に人と繋がっていることの息苦しさと氾濫する情報から距離を置きたいという宿主夫妻の生活信条によるところが大きく、設置しようと思えば設置可能でドコモに関してはスマホの電波も普通に入りました。煙で燻されて黒くなった柱や天井の梁や床板が独特の空間を作り出す囲炉裏端、その隣には昼間営業のカフェにも使われている畳の間。この2箇所が店主や旅人との交流を楽しむ交流空間です。囲炉裏の炭火の音と宿主の嗜好なのか外国音楽やヒーリング音楽が流れるなかで柱時計が時を刻みます。





DSC04868.jpg

夕食の準備の間に先に風呂に入らせてもらったのですが、その間にもう一組の宿泊客が到着していました。青森の新郷村にキリストの墓を訪ねてきたという東京からの一人旅の男性で、私よりもやや年上のように感じました。入れ替わりで彼が風呂に入っている間に宿の周辺を散歩しに出かけましたが、宿のすぐそばを小さな川が流れていて、道路際から川辺に降りられるようになっているのです。そして川べりには鍋や笊やブラシといった生活用具が常備してあり、おそらくここで日常的に食器や野菜を洗ったりされているのかもしれません。





DSC04870.jpg

夕飯の献立は小松菜のお浸し・アスパラガスとたらこの和え物・煮物・冷奴・きんぴらごぼう。別料金ですが二階堂の水割りをお願いして4人で囲炉裏を囲んでいただきます。野菜や根菜はご夫婦が畑で作ったものを中心に揃え、これに加えて囲炉裏の薪炭で焼いたじゃがいもとまるごと一匹のおおぶり鰈がつきます。豊かな山海の幸を味わいながら酒を酌み交わし、囲炉裏の炎を見つめながら旅や人生など深い話もさせていただきました。

苫屋が手紙によるやりとりのみに拘るのは宿主夫妻の考えに因るところが大きいのですが、実際には毎日のように届く多くの手紙への返信に時間をとられ、時にそれは負担に感じることもあるそうです。宿泊後に感謝や御礼の手紙等で継続的な交流を続けている客はごく僅かで、予約のやり取りで終わる場合がほとんどだそうです。宿主夫妻の話を聞く限りでは、手紙への愛着とか拘りはあまりないように思われ、これは私の推察ですが「手紙でしか予約が取れない宿」として有名になったことでそのイメージを守ることに労力が費やされ、筆跡から相手の人柄を想像するとか相手に伝わる文面を考えるとかそういった余裕が失われているように感じました。もちろんそれは宿主夫妻の本望ではなく、理想とは異なる現実に疲弊されているのかもしれません。それでも折角訪ねてきた客をもてなそうとする姿勢は料理をはじめとしたもてなしで十分に伝わってきました。





DSC04863.jpg

宿泊料金は決して安いわけではなく、一泊二食付+酒代で7,000円ほど支払ったと記憶しています。広い和室の個室は与えてもらえますがテレビはついておらず、周辺には飲食店や遊べる場所もありません。宿主夫妻との会話や伝統的民家の雰囲気を楽しめる人には良いと思いますが、そうでなければおそらく退屈してしまうでしょう。そもそもが手紙のやり取りで始まる宿ですから何も知らずに泊まる飛び込み客というのは少ないと思いますが、客側は宿の存在を知り手紙を出すまでにネットで色々と下調べをするはずです。その過程での客側のイメージや期待に対して実際がどうかという点で評価が分かれると思います。


<2018.6.30宿泊> 一泊二食付6,000円

苫屋
岩手県九戸郡野田村大字野田5-22
電話:なし
冬期休業(12月28日〜2月末日)


| 18年6月/東北 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT