ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

≫ EDIT

呑処巡礼 十番 ~高松 鳥源

場所は高松築港。高松の繁華街 瓦町からフェリー通りを一直線に高松港方面に向けて歩き、琴電の踏切を渡って暫くすると現れる。玉藻公園の裏手の静かな住宅地の一角にあるため、何も知らずに飲みに出て偶然見つけるのはかなり難しい。ただ、今回私は高松での居酒屋巡りを諦めようとした矢先に偶然見つけ、味も雰囲気も良い当たり店だっただけに非常に思い出深い店になった。
その詳細はコチラ



DSC09450.jpg

鳥源は日曜日も営業しているが隔週営業。一週ずれていたらこの店との出会いはなかった。店名が表すように、高松の郷土料理のひとつである骨付鳥を出す店だ。

遅い時間の入店ということもあって店内は空いていた。奥の座敷からはグループ客らしき声が聞こえるが、カウンターはがら空きでその一角に陣取った。女将さんとその息子が厨房を仕切り、バイトの女の子二人が注文取り&運び担当のようだ。この人たちはまるで家族のように仲が良く、お客が少なくて退屈なのか私がいても構わずおしゃべりをしていた。私も初めのうちはあまり良い印象を持たなかったのだが、最後らへんはその話の輪に入れてもらい、楽しい時間を過ごせた。もし一人静かに飲みたくて入った店なら、印象も変わっていたかもしれない。


DSC09451.jpg

取り敢えず麦の水割りを頼むと、お通しのおでんが出てきた。カウンターの上部には木札の品書きが掛けられており、その先頭に掲げられた「若」「親」が骨付鳥の品書きだとすぐに分かった。焼き鳥や初夏が旬のよこわの刺身にもかなり惹かれたが、「若」と「大タコぶつ」を発注。

はっきりとした物言いの大阪のおばちゃんのような女将さんは初めは話しかけにくかったのだが、打ち解けると色々教えてくださった。鳥源は創業35年で、日曜隔週営業なのは今は亡きご主人が創業時に決めた形態のようで、お得意様がいるなかで今更変えられないから続けているそうだ。厨房には骨付鳥を焼く黒光りした重厚感のあるガスオーブンが鎮座しており、創業以来、故障することなく動いているらしい。タイマーなどはなく、時々中を見ながら感覚で焼いているそうだ。かなりの存在感を放っており、一見の価値ありである。


DSC09452.jpg

麦の水割りを追加発注し、おでんと蛸をつまみながら鳥のおでましを今か今かと待ち構えていると、30分くらいして銀の皿に盛られて目の前に供された。骨付鳥ではあるが、食べやすいように大抵の身は骨から外されさらに程よいサイズに切って出されるのがありがたい。生のキャベツはサービスでついてくる。

「若」らしく柔らかい肉で食べやすい。表面の鶏皮もパリパリで香ばしく、黒胡椒のきいたスパイシーな味付けなので、ビールとの相性は抜群だろう。白御飯を頼んでも合いそうだ。肉が骨から完全に切り離されている訳ではないので、骨についた肉をしゃぶるのも結構たまらない。

骨付鳥がメインの店ではあるが、お通しのおでんも蛸のぶつ切りも大変に美味しかった。鶏料理だけでなく海鮮も充実しているのが嬉しい。また、高松の繁華街から離れた住宅地の一角、さらに高松港周辺とはいえ、高松築港という人通りの少ない静かな場所という立地も素晴らしい。

此処は再訪の価値あり。いつまでも残ってほしい店である。






<2017.6.25訪問>

・焼酎(麦)
・お通し(おでん)
・蛸ぶつ
・骨付鳥(若)


鳥源
香川県高松市北浜町11-25
[月~土]
16:00~22:00
[第2・4日]
16:00~22:00
琴電高松築港駅・JR高松駅 徒歩10分
第1・3日曜日定休
スポンサーサイト

| 四国スタンプラリー | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

活動の総括

6/24~6/26にかけて、道の駅「四国スタンプラリー」を中心とした活動のため四国を巡りました。道の駅訪問それ自体も10を数え、徳島県内の物件は完訪、香川県内の物件も効率的に回ることが出来ました。

また、讃岐うどんの名店を巡れたこと、高松の居酒屋「鳥源」との出会い、すだちの産地である神山町・佐那河内村を訪ねたことなど、非常に密度の濃い活動内容となり、全く息つく暇がありませんでした。

中でも印象的だったのは高松の居酒屋「鳥源」です。厳密に表現するならば、「鳥源」に出会うまでの過程が非常に重要なものとなりました。

この日瓦町に宿をとった私は、古馬場町や片原町を中心に良さげな物件を探索していたのですが、この日は日曜日ということもあってこれという店がなく、巡り合わせが悪かったということで入店をあきらめ、ホテルとは反対側の高松港まで散歩し、帰りは琴電で瓦町へ帰ろうと思っていました。瓦町駅から高松港方面へまっすぐ伸びる「フェリー通り」をひたすら歩いていたのですが、その道すがら、高松築港の玉藻公園の裏手の住宅街の一角に、居酒屋「鳥源」を発見したのです。しかも、この店は日曜は隔週営業。

妥協して近場の店に入っていたら、高松港まで散歩しようと思わなかったら、フェリー通りを歩かなかったら、この日が定休日だったら…。そう考えると、「鳥源」との出会いはまさに奇跡のようなものです。

通常旅先で居酒屋を探す場合、ネットで下調べをすることがほとんどなのですが、今回の「鳥源」に関しては全くの未調査、まさに自分の足と嗅覚だけで開拓した店です。事前の知識を仕入れない中で開拓した店が、素晴らしい雰囲気と美味しい料理を供する居酒屋だった訳ですから、これぞまさに旅冥利に尽きるというものでしょう。自分の感覚を駆使して、その土地の風土を掘り起こすことの面白さというか、旅の原点にも通じるものを再認識したような気がします。



※道の駅スタンプラリー途中経過 (39/83)

6/24
21.たからだの里さいた(三豊市財田町)  
22.にしいや(三好市)              ちょっと寂しい、規模小さい
23.大歩危(三好市)               大歩危峡沿い、対岸の線路              
24.霧の森(四国中央市)            温泉施設
25.三野(三好市)
26.貞光ゆうゆう館(つるぎ町)         吉野川沿い
27.藍ランドうだつ(美馬市)           すだちアイス



6/25
28.温泉の里神山(神山町)           車中泊、すだち販売
29.第九の里(鳴門市)              よく分からない
30.どなり(阿波市)                たらいうどん、徳島完結
31.ながお(さぬき市)               遍路色強い             
32.みろく(さぬき市)                大山牧場(牛乳、カレーパン、ソフト)
33.津田の松原(さぬき市)            宝塚記念                
34.源平の里むれ(高松市)           はまち漬け丼
        

6/26
35.香南楽湯(高松市)              温泉施設
36.しおのえ(高松市塩江町)          雰囲気良い、山間部
37.ことなみ(まんのう町)             温泉あり、山間の静かな道の駅
38.空の夢もみの木パーク(まんのう町)
39.滝宮(綾川町)                  うどん店閉店

| 四国スタンプラリー | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

全行程終了

日付変更線直前の23時半に帰宅しました。

広島東IC~広島IC間では工事渋滞に見舞われ、しかも21時以降は同区間が通行止めになるらしく、ちょうどその時間帯に通過したのですが、間一髪のところで強制流出を免れました。あと5分でも通過が遅ければ広島東で流出する羽目になり、到着がさらに遅れていたことでしょう。

これにて全行程終了です。

お疲れさまでした。

| 四国スタンプラリー | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

帰路へ

DSC_0001.jpg

坂出北インターから入線し、帰路につきました。現在地は三原市の八幡PAです。

今回の活動では讃岐うどんや徳島ラーメンなどとにかく麺が多かったので、晩飯はアジフライ定食です。

| 四国スタンプラリー | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宇多津

DSC09520.jpg

宇多津町の道の駅「恋人の聖地 うたづ臨海公園」までやってきました。本活動最後の訪問地でしたが、よりによって定休日でスタンプが押せないという悲劇に見舞われました…。しかし、瀬戸内臨海に建つ道の駅からは瀬戸大橋と瀬戸内のしまなみが望めます。

内陸を走る国道11号線から一山越えると一直線に道の駅まで到達できるのですが、山を越えて宇多津の町へと下る時の風景はなかなかのものでした。視界が一気に開け、宇多津の町と瀬戸内海が姿を表します。

| 四国スタンプラリー | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT