FC2ブログ

ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

≫ EDIT

呑処巡礼 五十五番 ~高知 食事処 あおき

DSC07876_20190816163100902.jpg

鮮度落ちになりますが、毎年恒例の秋の高知訪問の際に訪ねた居酒屋の紹介です。全四日間の行程のなか、二晩目の夜の部は店探しに難儀しました。三連休の二日目の土曜という予約必至な状況の中、目当てにしていた「座くろ」と「どんこ」に連絡を入れるも何れも満席で振られました。途方に暮れていたところで立ち寄った本屋に高知市内の居酒屋を紹介する本があり、この中から「地元常連に愛される老舗居酒屋」として紹介されていたのが表題の店です。16頃時に連絡を入れると17時半からなら案内できるとの回答があり、一度ホテルに戻って身支度を整え、満を持して暖簾をくぐりました。場所ははりまや橋の飲み屋街からやや離れた高知駅近くの一角にあります。



DSC07877_2019081616310296d.jpg

DSC07878.jpg

入店すると先客の男性独酌客が小上がりで飲んでいました。他にも空席はありましたが予約が入っているようで店主からは「相席でもよいか」と頼まれ、歳が近そうだったこともあり快く応じました。遙々長野県から自走で来たという私よりも一回り年下のガッツ溢れる若者で、しまなみ海道から四国入りして四国カルストや土佐清水や四万十市を訪ねて高知に入り、明日は讃岐うどんを食べて明石海峡大橋経由で伊那地方の自宅まで帰るのだそうです。今晩は高知市内に滞在するそうですがホテルには泊まらず、有料駐車場に停めた車の中で一晩明かすとのこと。さらに話を進めていくとで就いている仕事が私と似通っていて、仕事や休暇の話で意気投合しました。さらに信州大学出身ということでカレーの名店「メーヤウ」の話などでも盛り上がり、時間がたつのも忘れてしまうくらいでした。

やや話に没頭しすぎてしまった感があり、店の雰囲気や酒肴を楽しむことに注力する時間が少なくなってしまったのが悔やまれます。店内はやや雑多で整然としていない印象ですが名前入りのキープボトルが多数置かれており、地元民が足繁く通い溜り集う店であることは明白でした。品書の中心はやはり鮮魚で、中でも刺身の盛合せには鰹の刺身とタタキや土佐清水の鯖、仁淀川の水で育った鰻を使った「うな丸タタキ」は絶品でした。夫婦で営まれていることもあって温かい雰囲気に包まれており、我々のような一人客も気持ちよく迎えて下さり、程よい距離感で接客して下さるのが好印象でした。再訪必至の名店といえます。


<2018.11.24>

・ダバダ火振
・馬路ゆずサワー
・お通し三品(みつば胡麻和え、りゅうきゅう、田舎こんにゃくと鳥肝の煮物)
・刺身盛り合わせ(鰹刺身、鰹タタキ、清水鯖、シマアジ、鯛)
・うな丸タタキ

食事処 あおき
高知県高知市北本町1-1-1 山崎ビル 1F
17:00~23:00
日曜不定休
スポンサーサイト



| 四国スタンプラリー | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宿泊帳簿117.高岡 マンテンホテル高岡駅前

DSC01336.jpg

DSC01337.jpg

DSC01370.jpg

DSC01372_20190725150720add.jpg


マンテンホテルグループといえば富山市に本社を置く北陸地方の地場ホテルの代表格です。北陸全体でのホテル数は然程多くはないものの一軒あたりの客室数が多いうえに北陸三県県都には進出しており、わりと名の知れたホテルであるように思います。普段使いの手頃なビジネスホテルというよりかはやや敷居の高いシティホテルというのが私のマンテンホテルに対する印象なのですが、実際に私が宿泊した時も素泊りにしてはやや割高な価格設定でした。

高岡駅からペデストリアンデッキで直結する「ウイング・ウイング高岡」という商業ビルの中核をなすホテルで、珍しいところではビル内には通信制の富山県立貴志野高等学校も入居しています。鉄道利用者には便利なホテルですが、自動車のある客は駅の市営駐車場に停める仕組みのようで先述のぺデストリアンデッキを通ってホテルにチェックインするようになっています。客室は高岡駅を見下ろすことのできる好眺望の部屋にあたりました。高い位置から駅周辺を見下ろすと大規模な再開発が行われて駅舎や駅周辺の街並みが刷新された一方で、駅の構内は優等列車の往来華やかりし頃の面影が残り、そこに短編成の普通列車が発着する様を見ると高岡駅の衰退ぶりをまざまざと見せつけられます。このマンテンホテルを含めた駅周辺の近未来的な姿と人の往来を支える肝心の公共交通の斜陽的な姿はあまりにも対照的です。この先、高岡駅はどのような時代を刻んでいくのでしょうか。


<2019.5.4>
一泊素泊7,600円 ※ヤフートラベル利用

高岡マンテンホテル駅前
富山県高岡市末広町1-8
特記事項:高岡駅直結、ランドマーク的シティホテル

| 19年GW/改元の旅 | 20:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宿泊帳簿116.富山 ホテルリラックスイン富山

DSC01200_2019072513440548e.jpg

DSC01198.jpg

富山駅から徒歩3分の桜町の繁華街に位置するホテルで、夜の街に繰り出すには便利な立地です。となれば地の利を生かして富山の居酒屋を訪ねたいところですが、昼間の活動で鮮魚販売で評判高い「黒崎屋」という地元販売店と巡り合えたことによりそこで刺身と白エビの唐揚げを仕入れ、急遽の部屋飲みに切り替えた次第です。

大型連休中で富山の宿も空きが少なく、このホテルを確保したのも直前キャンセルによる空室発生に滑り込んだという経緯からでした。駐輪場に収まりきらないツーリングのバイクが多数駐車しており、ホテルは活況を呈していました。名前は全く異なりますがアルファーワンのグループホテルのようで、近隣の富山駅前・富山荒町の二軒のアルファーワンとは姉妹店のようです。言われてみればホテルの外観や客室の感じやHPのつくりなんかはどことなく似かよっている印象があり、年季の入り具合というか古めかしさというか全体としての雰囲気は悪くありません。

唯一の心残りは朝食付プランでありながら朝食をいただけなかったことでしょうか。これは次回への宿題です。


<2019.5.3>
一泊朝食付6,000円 ※楽天トラベル利用

ホテルリラックスイン富山
富山県富山市桜町1-7-22
特記事項:桜町繁華街至近、アルファーワン系列

| 19年GW/改元の旅 | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宿泊帳簿115.京都 R&Bホテル四条河原町

DSC00804.jpg

DSC00805.jpg

DSC00806_20190725130149e85.jpg

R&Bホテルの利用は博多と新横浜に続いて三軒目。鴨川に程近い四条河原町に建つ表題の宿は今年の三月に開業したばかりのホテルで施設は非常に新しく綺麗で、開業記念の特別料金で利用することができ、平成から令和への時代跨ぎもこのホテルで迎えました。

効率化を追求する営業理念は相変わらずで、簡易過ぎるほどのフロント、カードキーの発行や清算の機械化、アメニティや部屋着は客室に常備されずフロント手渡し、BS放送なし、客室テーブルの小ささや備品の少なさ、朝食で出される味のついたゆで卵など、効率化を象徴するサービスは他の系列ホテルと変わりありません。これらのサービスに特に不満はないのですが、最大の欠点は冷蔵庫です。客室には冷蔵庫がついてはいるものの、これも効率化の一環なのかとにかく庫内の冷えが悪く、温度調整機能もないので全く使い物にならないのです。ほんのり冷えているという程度で常温といってもおかしくないほどです。もちろんホテル内には氷のサービスもありません。私は飲み物等はキンキンに冷えた方が好きなので、仕方なくコンビニで氷を買ったりするのですが、致命的な欠点にも思えてきました。

| 19年GW/改元の旅 | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呑処巡礼 五十四番 ~京都・先斗町 ここら屋はなれ

DSC00677_20190723180030817.jpg

DSC00715.jpg

京都鴨川畔の先斗町といえば細路地が織り成す風情ある歓楽街であると同時にかつての花街です。京都の各花街には独自の紋章があり、立ち並ぶ店の軒先には先斗町の紋章である「鴨川ちどり」をあしらった赤提灯が連なっています。そして先斗町の北の端には先斗町歌舞練場があり、ここで暫く観察をしていると歌舞の練習を終えた舞妓さんが練習場を後にして置屋に帰るという光景が見られました。京都らしさを感じる印象的な場面の一つですが、一方で先斗町に軒を連ねる飲食店は和食や料亭ばかりではありません。最近では欧米からの観光客を狙った肉料理の店も増えてきているようで風情ある先斗町の街並みの様相も昔とは変わってきているそうです。そんな先斗町で、平成最後の夜を締めくくる居酒屋として選んだのが表題の店です。前日の晩にも此処を訪ねたのですが混み合う店内の様子を見て入店を躊躇し、少し離れた場所から電話をかけて明日の予約をお願いしたうえで改めて出直してきたという経緯があったのです。軒先の青紅葉や清潔感のある白い暖簾や竹細工の中の橙色の灯りが彩る美しい外観、そして木組みの格子窓からは店内の暖かみのある明かりが外に漏れ、若くて切れのよさそうな料理人と割烹着姿の女将がてきぱきと動いている様子が分かり、中に入らずとも雰囲気のよさそうな居酒屋であることは明白であり、それがこの店に入店する決め手にもなりました。ギラついた安っぽい居酒屋や肉料理屋が幅を利かすようになった先斗町界隈にあって、このような純和風の料理屋は案外新鮮に映るのが不思議です。



DSC00719.jpg

DSC00794.jpg

口開け早々の早い時間帯に予約して一番客として入店しました。品書はおばんざい・京風味・肴・揚げ物・甘味に分類され和食中心に三十種ほど。店を切り盛りするのは私と同い年くらいの若い夫婦。しばらくの間彼らの働きぶりを観察していましたが、おそらく長いこと飲食業界で経験と修練を積まれてきたのでしょうか、何とも言えない信頼度と安心感が店内に漂っているのです。まずは女将のお勧めに従い、伏見の特別純米酒「花洛」とともにおばんざいを発注。京茄子・万願寺唐辛子・九条葱といった京野菜を用いたおばんざいが五種並びます。京都の味覚を味わうにはおばんざいは御誂え向きですが、一方であっさりしすぎる料理の連続は私にはもの足らず、後半は揚げ穴子の九条葱あんかけや桜海老のかきあげといった油系の料理に切り替えました。その中でも桜海老のかきあげついては品書では新玉葱とのかきあげだったのですが、玉葱の甘さが苦手なことを伝えると筍や水菜といった別の野菜に変えてもらえるなど融通の利く一面も垣間見えました。

今回の滞在で最も印象的だったのが私の後に入ってきた50代後半くらいの男性一人客です。同じカウンター席でしたが私とは端と端という位置関係だったので直接お話はできませんでしたが、話の内容から地元京都の方で常連とはいかないまでも何度かこの店に来たことがあるという感じの客でした。その客は六千円の「おまかせコース」を申し出たのですが、女将から料理の希望を聞かれた際に、女将から提案されたおばんざいにはまったく興味を持たず対照的な「こってり料理」を希望していたのです。このあたりは流石こってり好きな京都人の素性の表れでしょうか。自由気ままな男の一人酒かと見ていたのですが、暫く時間が経過した時にその客が意外な話を切り出し始めました。内容を要約すると、「数日後に〇〇という名前で予約が入っているはずだが、実は私の息子なんです。初めてできた彼女を初めて夕食に誘ったみたいで、そこで選んだのがこの店なんです。店の雰囲気や彼女連れで絶対に緊張しているはずだが、どうか息子を宜しく頼みます。」ということでした。さらにそれだけでは終わらず、当日まで二人には内緒でと前置きして二人の食事代を店に手渡したのです。陰で息子を見守る父親なりのサプライズといったところでしょうか。美味しい料理に心温まる挿話が温かみをを添えてくれ、ひときわ印象深いひとときとなりました。

品書きの単価はやや高い印象を受けますが、それでも京都という土地柄を考慮すると比較的入りやすい和食居酒屋といったところでしょうか。気軽に利用できる店ではありませんが、独酌向きの店ではあります。


<2019.4.30>

・花洛 特別純米
・柚子酒
・すだち酎ハイ
・南瓜の炊いたん
・おばんざい(茄子の炊いたん・南蛮漬・九条葱ぬた・万願寺唐辛子じゃこ炒め・卯の花)
・揚穴子九条葱あんかけ
・鴨わさ
・だし巻き
・桜海老かきあげ

ここら屋はなれ
京都府京都市中京区先斗町通材木町184
18:00~23:30
不定休


| 19年GW/改元の旅 | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT