ニッポン風めぐり紀行

各種旅行記、バイクツーリング、乗りものレポ、老舗旅館や街道探訪など、『旅に生きる日々』を綴るブログです。

≫ EDIT

300円で新幹線乗車

新幹線といえば、高速で都市間移動できる交通手段として御馴染であり、それだけに費用も高額である。

そんな高嶺の花ともいえる新幹線に、わずか300円で乗車できる区間がある。

博多~博多南間の博多南線である。


博多駅で営業運転を終えた新幹線が車両基地へ回送される際に使用される回送線であった博多南線だが、車両基地周辺の住民から、「回送ついでに乗せてくれ」という要望があがったことから車両基地構内に博多南駅が設置されたという経緯がある。因みに、営業運転開始は1990年4月1日。


DSC07729.jpg

DSC07731.jpg

スタートは博多南駅から。もともと駅周辺はのどかな住宅街だったようなのだが、高層マンションやショッピングセンターに飲食店などが立ち並び、福岡の一大ベッドタウンの様相を呈している。

博多南駅の正面入り口。後述するが、本数自体はそれほど多くないため、発着時間帯以外の駅前は思いのほか静かで閑散としていた。



DSC07735.jpg

きっぷ売り場と改札口。JR西社員による直営駅である。



DSC07737.jpg

DSC07736.jpg

当然だが、運賃表や券売機の画面は九州域内の利用を想定した案内となっている。



DSC07748.jpg

時刻表を見ると、日中は1時間に1本程度だが、ラッシュ時間帯はそこそこの本数が走っている。博多南駅のホームは最高で8両編成までしか停車できないため、すべての列車が「こだま号」で、行先は博多~新大阪までいろいろ。



DSC07744.jpg

DSC07747.jpg

改札をくぐると目の前には新幹線の車両基地!鉄道ファンや地元の子どもたちにはたまらない光景だろう。




DSC07739.jpg

博多~博多南間の運賃は乗車券が200円+特急券100円=300円

わずか9分程度の乗車時間ではあるうえ、最高時速が120km/hに抑えられているため新幹線の爆走威力発揮とまではいかなかったが、それでもスピード感と快適性は十分に味わうことができた。

本来であれば大量の乗客を積んだすし詰め状態の列車で通勤せねばならないところ、座席も確保できわずかな所要時間で博多に着くのだから、地元住民にとってはありがたい存在なのだろう。



DSC07751.jpg

往路は新大阪行の700系レールスター。


DSC07758.jpg

DSC07769.jpg

復路は500系のTYPE EVAだった。私は全くエヴァンゲリオン通ではないので何が魅力なのかはよく分からないのだが、希少な500系に乗車できたのは幸運だった。
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呑処巡礼 九番 ~松江 庄助

DSC_0014.jpg

松江はおでんを取り扱う店が非常に多く、その中でも予てより訪ねてみたいと思っていたのが「庄助」である。

松江駅からは徒歩10分程度。宍道湖と中海を繋ぐ大橋川の畔、松江大橋の南詰に、大きな赤提灯を吊るした雰囲気の良い店が庄助だ。柳の枝垂れる大橋川沿いの立地というのが、いかにも水の都 松江を象徴していて良い。




DSC_0016.jpg

暖簾をくぐると目の前にはコの字型のカウンター。大橋川沿いには小上がり。二階にも部屋があるようだ。カウンターの内側のおでん鍋では様々な具材が煮込まれ、割烹着姿の女将さんが忙しなく注文をさばいている。せっかくなので、ちょうどそのおでん鍋の目の前の席に座った。暫く観察していると、店の奥にある厨房やホールでの注文取りは学生アルバイトが担当しているが、おでん鍋は女将さんが一人で取り仕切っていて、他の従業員を寄せ付けない聖域であることが分かった。次にどの具材を投入するか、煮込む時間はどのくらいか…。お客からの注文順を考慮しながら、それをすべて頭に入れたうえでおでん鍋をコントロールしている。



DSC_0017_201701292252097b1.jpg

DSC_0015.jpg

100円から150円程度の手頃な値段のおでん種が多く、どれを選んでよいか迷ってしまうが、とりあえず自分の好みに任せて卵・じゃがいも・春菊・牛スジを発注。中でも春菊は最も好きな具材の一つで、二度も発注してしまった。

一方で、私はおでんの大根が非常に苦手である。全く食べられないという訳でもないのだが、口に含むと何となく嗚咽感がして嫌なのだ。刺身のつまやおろしなどの生の大根は大好きなのだが、煮込まれるとどうも好かない。そんな訳で今回も頼むことはなかった。

この時間、カウンター席には私ともう一人の客のみ。おでんが温まるのを待つ間の空気感、注文通りに取り裁く迅速さ、そして時折お客に話しかけてくれる気配り。女将さんとの絶妙な距離感の中に、おでんの香りが広がり、居心地の良い雰囲気が広がる。

帰り際、店の主人らしき人が「だんだん」という言葉と共に入り口の扉を開けて店先まで見送ってくれた。

身も心も温めてくれる庄助は、間違いなく松江の良店である。





<2016.11.8訪問>


えのき
春菊×2
すじ
とり団子
厚揚げ
じゃがいも
たこから揚げ
自家製コロッケ
焼酎(麦)×2


庄助
島根県松江市八軒屋町16
0852-21-4238
17:00~22:30
定休日:日曜・月曜祝日

| 未分類 | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相手を信じない運転

通勤や休日の活動等で日々自動車に乗ることが多いが、事故に巻き込まれないための防衛運転として、「相手を信じない運転」を日々実践している。最近の高齢者による事故や、ながら運転・ながら歩きの問題が表面化するずっと前からそれを実践してきた。

以前、東京で郵便配達の仕事をしていた時、止まるべき所で止まらず急に飛び出してくる人や自転車や車に何度も危険な目にあわされてきた。自分の命と仕事を守るための最も有効な策は、起こりうるすべての危険を予測して慎重すぎるくらい慎重に運転し、人間は自己中心的で予測不能な動きをする生き物であると割り切り、そんな相手を信じない運転に撤することだという考えに至った。

そしてそれは故郷に戻った今も変わらない。交通量が多く車がひしめく都会が運転マナーが悪くて、みんなのんびりしている田舎は親切で運転マナーが良いなどという比較が大嫌いで、都会であろうが田舎であろうが運転マナーの悪い人は悪い。細道から大きい道に出る際に一旦停止しない、交差点の信号の変わり目や間隔が短い中での無理な右折、コンビニ駐車場をショートカット、夜間の無灯火車、執拗に車間を詰める後続車…。それらは稀な光景ではなく、日常的に誰しもが出くわす光景だろう。このような事故につながる運転をする人だらけの道路社会を私は絶対に信じないし、反面教師にしている。

昨日、私の地元で痛ましい事故が起きた。児童の登校の列に飲酒運転の車が突っ込み、見守り活動ボランティアをしていた男性が亡くなった。男性自身も過去に交通事故で娘さんを亡くしており、さぞかし無念な気持ちだっただろうと思いを馳せる。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170131/k10010858901000.html

| 日常の話題 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

呑処巡礼 八番 ~上野 えんぱち

DSC07328_20170115115930371.jpg

DSC07330.jpg

場所は、アメ横センタービルからJRの高架を挟んだ反対側。

焼鳥をメインにした居酒屋のようだ。やや派手めな外観だが、店頭看板に書かれたメニューの価格の手頃さと、店内が比較的空いているようだったので入店した。

通されたカウンター席の目の前に並ぶ焼鳥の具材にも惹かれたのだが、入店前にすでに目をつけていたメニューがあってそれらを注文した。


DSC07329.jpg

麦焼酎と肴三品を発注。

ゆで玉子のしょうゆ漬けは、白身にもしっかりと染み込んだ醤油だれが濃厚な味で癖になる。

牛タンの塩蒸しも絶品。分厚いタンは噛みごたえがあり、塩加減もちょうどよい。

焼鳥を頼んでも良かったのだが、これだけで十分満足してしまったのでいい気分で30分強の滞在で退店。




DSC07333.jpg

そしてその足で向かいにある味噌ラーメン専門店『麺処 花田』へ。

「東京髄一濃厚味噌スープ」を謳う当店の味噌ラーメン。味噌ラーメン好きの私としては看過できなく、吸い込まれるように入店したのだが、まず入り口の券売機で食券を購入。味噌・辛味噌・味噌つけめん・辛味噌つけめんの4種類のみのメニュー構成で、お初なのでノーマルな味噌ラーメンを発注して食券を渡すと「野菜増し・ニンニク増しできますけどどうしますか」と尋ねられる。その増しっぷり加減がよく分からなかったので野菜増しは避けたのだが、ニンニクは大好物なので増しを頼んだ。



DSC073320.jpg

野菜増しを注文すると、タワーのように野菜が盛られるらしい。もやしを中心に玉葱・人参・ニラが入るが、増しにしないとやや物足りない。他にはチャーシュー1枚にメンマがのる。刻みニンニクは別皿に盛られて供される。太麺に濃厚スープが絡んで美味い。特にスープは泡だったポタージュのようにドロドロで、ご飯と一緒に食べると間違いなく美味いはず(因みに平日昼間は半ライス無料‼)。

自分好みの味で、また利用してみたいと思える店だった。


<2016.8.5訪問>


・焼酎(麦)
・まぐろぶつ
・ゆで玉子のしょうゆ漬け
・牛タン塩蒸し


■えんぱち
東京都台東区上野6-9-22
03-3836-4804
14:00~23:00
無休

■麺処 花田 上野店
東京都台東区上野6-8-6 上野メガネセンタービル 1F
03-3836-0440
11:00~23:00
無休

| 日常の話題 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宿泊帳簿56.鳥栖 サンホテル鳥栖

鳥栖という街に以前から興味を持っていた。

鳥栖は九州域内の陸上交通における東西南北の結節点である。隣の基山町と並んで交通の要衝地として機能しており、独特の風情がある。特に鳥栖ジャンクションと複数の国道が立体的かつ複雑に絡み合う姿は垂涎ものである。鳥栖郵郵便局の風景印にも、鳥栖ジャンクションの上空写真が描かれている。

鳥栖の人口規模は73,000人程と決して大都市という訳ではないのだが、地の利を生かして多くの企業の物流拠点になっているし、大規模アウトレットやJリーグ・Vプレミアリーグのクラブチームがあったりして、軒並み大都市レベルの様相である。




DSC07837.jpg

今回利用したのは鳥栖駅前の「サンホテル鳥栖」。

年末年始にかけて7泊ほど世話になった。




DSC07838.jpg

DSC07908.jpg

場所は鳥栖駅目の前の好立地。鉄道網においても鳥栖は要衝地となっていて、長崎本線と鹿児島本線に分岐する。多数の引き込み線と長大なホームを要する鳥栖駅だが、築110年の鳥栖駅舎が未だ現役で使用され続けている点は特筆すべきことである。駅東側にはベストアメニティスタジアム、西側は駅前再開発による新しい建物と従前の建物が混在していて、どこの駅周辺とも似つかない独特の雰囲気がある。駅と共に歩んできた駅周辺が、再開発の波を何とか食い止めているような抵抗の痕が見て取れる。

肝心のホテルだが、まず福岡の中心部からわずか30分という鳥栖駅の目の前という立地でありながら、駐車場が無料というのは素晴らしい。宿泊料金も朝食付きで1泊5,000円程度と手頃なので、福岡周辺でホテルが見つからないときの格好の穴場である。



DSC07835.jpg

DSC07876.jpg

客室はエアウィーヴのベッドが完備されていて、肌触りのいいふかふかベッドでの快眠が可能。利用した客室からは鳥栖駅を眼下に眺めることができ、眺望の観点からも高評価。




DSC07877.jpg

バイキング形式の朝食は、ほぼ毎日同じメニューだったが、パートのおばちゃんたちが毎日温かく迎えてくれるのが有り難かった。サラダや焼魚の種類は日によって違い、正月にはおせち料理も供された。一度だけカレーが供されたことがあって非常に美味だったのだが、結局この一度しか味わうことができなかったのが残念。






<2016.12.27~2017.1.3宿泊>
(1泊朝食付 楽天トラベル利用)


■ サンホテル鳥栖
住所:佐賀県鳥栖市京町781-1(JR鳥栖駅より1分)
電話:0942-87-3939
特記事項:交通至便

| 未分類 | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT